サッカーダイジェスト 広島戦寸評

【J1採点&寸評】広島×鹿島|大岩監督初陣を勝利に導いた中村&レアンドロ。広島は柏が孤軍奮闘も深刻な状況に
サッカーダイジェストWeb編集部
2017年06月05日


広島――サイドアタックで奮闘した柏がただひとりの「6.5」。


【警告】広島=なし 鹿島=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】中村充孝(鹿島)


[J1リーグ14節]広島 1-3 鹿島/6月4日/Eスタ

【チーム採点・寸評】
広島 4.5
ミスが多く、球際も甘く、失点を重ねた前半のデキが酷すぎた。後半に気迫を見せて盛り返したところはポジティブに捉えられるが、チーム状況は深刻。

【広島|採点・寸評】
GK
1 林 卓人 4.5
失点してしまった後が問題。チームを奮い立たせられず、ショックを引きずってしまった。

DF
33 塩谷 司 4.5(HT OUT)
攻撃参加も相手のカウンターのキッカケに。ひとりだけ悪かったわけではないが、前半での交代も致し方なし。

5 千葉和彦 4.5(80分OUT)
厳しく寄せることができず簡単に相手に前を向かれてしまう。ポゼッション時のパス回しにも迷いが見られた。

4 水本裕貴 4.5
向かってくる相手に下がって対応することしかできず。フィジカルコンタクトの強さという長所を失っている。

MF
14 ミキッチ 5.5(80分OUT)
なんとか活路を見出そうと躍起だった。後半はボールをゴール前に送り込み続けたが質が伴わず。

6 青山敏弘 5.5
後半は気持ちを見せたが、前半は相手にやられるがまま。失点のショックを主将が露にしていてはいけない。

2 野上結貴 5
ディフェンスラインの前のスペースをケアできず、鹿島の2列目に自由に仕掛けられてしまった。

18 柏 好文 6.5
前半からひとりで突破口となり、後半は中央にも入ってチームを推進。柏がいなければ、もっと大変なことになっていた。

44 アンデルソン・ロペス 6
前半はミスが多くチームを困らせただけだったが、チームが攻勢に出た後半は存在感を発揮。73分のチャンスが決まっていれば。

30 柴﨑晃誠 5.5
柴﨑でさえも前半はミスが多かったが、後半途中からボランチに下がると落ち着きを取り戻してチームを前へ進めた。

広島――失った自信を取り戻さなければ。
FW
22 皆川佑介 5.5
身体を張ってファイトし続けたがボールロストは多く、ゴール前で鹿島のCBを上回れなかった。

交代出場
MF
29 森島 司 6(HT IN)
後半から出場。球際でファイトし、怖がらずボールを受けてチームを攻勢に導くも、ゴールに直結するプレーはできず。

MF
16 清水航平 -(80分IN)
前線の人数を増やすため右サイドバックとして出場。短い時間でも気持ちを見せて戦った。

FW
31 宮吉拓実 -(80分IN)
シュートまでは辿り着けなかったが、判断がよくワンタッチを入れてあと一歩までは迫った。

監督
森保 一 4.5
選手が本来の力を出せなくなっている。後半は吹っ切れたが、それでは遅い。失った自信をどうやって取り戻すのか。

鹿島――2列目のふたりが輝きを放つ。

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
土居、中村、レアンドロが相手のブロックの間を巧みに突いてゴールを奪取。後半は受けに回ってしまったが、大岩新監督の初戦を見事に飾った。

【鹿島|採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 6.5
24分に柴﨑のシュートを止め、73分にはアンデルソン・ロペスをストップ。要所で好セーブみせた。

DF
24 伊東幸敏 5
柏の対応に苦しみ続ける試合となったが、ひとりではどうしようもないほど柏がキレていた。

5 植田直通 6.5
クロスを皆川に先に触られる場面もあったが、しっかりとプレッシャーをかけて自由にはさせなかった。

3 昌子 源 6
後半はアンデルソン・ロペスに手を焼く場面もあったが、試合終盤はゴール前に立ちはだかった。

16 山本脩人 6
ミキッチに押されることなく対応し続けた。1対1の守備能力の高さをしっかりと見せた。

MF
20 三竿健斗 6
後半は前へ出てきた広島の勢いを跳ね返せなくなるも、バイタルエリアで相手に自由を与えなかった。

6 永木亮太 6.5
出足よくボールを奪取して3点目につなげたプレーをはじめ前半は見事。後半は森島にやや手こずった。

11 レアンドロ 7(67分OUT)
土居、中村とうまく連係して前半だけで6本のシュートを放って2本を決めた。1点目は豪快だった。

13 中村充考 7(75分OUT)
前半は相手を翻弄して大岩新体制の1点目をゲット。1得点・1アシストが物足りなく感じるプレーを披露。

鹿島――スペースメイクとスペースでのパスレシーブで良好な関係を築いた2トップ。

FW 
8 土居聖真 6.5
巧みにスペースでパスを受けて攻撃を推進。冷静さと力強さの両方を備えて広島の守備陣を苦しめた。

9 鈴木優磨 6(88分OUT)
シュートチャンスが巡ってこない試合だったが、しっかりとディフェンスを引っ張りスペースメイクで貢献。

交代出場
DF
22 西 大伍 6(67分IN)
伊東を助けるため出場。柏の勢いはなかなか止められなかったが、なんとか決壊は防いだ。

13 金森健志 6(75分IN)
カウンターのチャンスはあっただけにとどめを刺したかったが、十分に相手の脅威になっていた。

40 小笠原満男 -(88分IN)
大岩新体制ではベンチスタートとなって88分から出場。これからの立ち位置はどうなるのか。

監督
大岩 剛 6.5
初陣を勝利で飾る。離脱者も多い中でチョイスした選手たちが前半は精力的なプレーを見せてくれた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


サッカーダイジェストWeb編集部による広島戦の寸評である。
快勝に総じて高い評価が付けられておる。
その中で、レアンドロとアツに最高評点が与えられた。
アツは先制点とレアンドロのへのアシストもありMOMに挙げられておる。
とはいえ、アツの才能を考慮すればこの程度はお手の物。
次戦からは更なる高い評価が与えられる活躍をしてくれよう。
レアンドロは開始早々に相手DFラインでボールを奪いシュートを放つなど、積極性が強く表れておった。
2ゴール以上にシュート6本が物語っておる。
スプリント回数も67分の出場時間で23回はかなりのもの。
攻撃の圧力はレアンドロから放たれておったと言っても過言ではなかろう。
また、スンテ、植田、聖真にも高い評価が与えられた。
スンテはビッグセーブを連発し、勝利に貢献しておる。
スンテがおらねば逆転もあり得た。
頼れるキーパーである。
植田は先制点の起点となるヘディングを健斗に繋げるなど、攻守に効いておった。
そして聖真は、先制点のアシストだけでなく、降りてボールを受ける、最前線で起点となるなど、攻撃の要として大きく機能しておった。
聖真のFW起用は、石井さんの時代よりの好手であった。
今季は選手の負傷もあり2列目の層の薄さよりポジションを下げざるを得なかったことが、不調の遠因となったことは否めない。
また、シュート1本の憂き目に遭った優磨であるが、良い評価は与えられた。
相方が聖真であったことで、優磨の献身性も行かされたのではなかろうか。
スプリント回数37回は特筆すべき値である。
今回は大岩監督の初陣ということもあり、選手らもより躍動した。
中断期間にて戦術が熟成され、そして怪我人が戻ってきた際にはどのような戦いになるのであろうか。
楽しみで仕方が無い。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ユキだけ低評価ですが、評価コメントにあるようにあれは柏ができすぎ。
まるでいいときの齋藤学ですよ。

浦和が欲しがりそうです。

No title

原理主義さん、いつも楽しく拝読しています。

相変わらずアツ推しですね笑。

そういう私もアツ推しです。広島戦は現地観戦でしたが、アツのゴールは遠くでよく見えなかったというのが本音ですが笑、とても嬉しかったです。あの日はレアンドロへのアシスト以外でもアツがキレているのはサポの中でも話し合われていましたので、必然的にコールも多かったです。

石井さんの時が悪かったわけではありませんでしたが、大岩さんになって少しはつらつとしてきた感がありました。あと責任感も。後半ちょっとバテましたが、これからもっとコンディションを上げてくれるはず。これでヤスが戻ってくれば2列目は嬉しい悲鳴ですね。

楽しみです。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク