日本代表・昌子源、体を投げ出してでも守りたい

昌子、麻也の新パートナーで2年ぶり2度目先発へ
2017年6月6日6時0分 スポーツ報知


ボール回しで汗を流す昌子(中央)と今野(右奥、左は三浦=カメラ・矢口 亨)

 サッカー日本代表は5日、親善試合・シリア戦に備え、試合会場で冒頭15分のみ公開して練習した。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)がDF昌子源(24)=鹿島=をセンターバックの左の1番手に配置。シリア戦でテストし、W杯アジア最終予選・イラク戦(13日・テヘラン)で先発に抜てきする可能性が高まった。

 ハリル監督が新DFラインの構築に着手した。DF吉田の新パートナーに指名したのは昌子だ。関係者によると、非公開のフォーメーション練習でセンターバックの左の1番手に配置され、入念に連係を確認したという。イラク戦を見据え、シリア戦で先発に送り出される見込み。昌子は2015年3月31日、親善試合・ウズベキスタン戦(東京ス)以来、2度目の先発になる。

 ハリル・ジャパンでは吉田、DF森重真人(30)=F東京=が不動のセンターバックとして君臨。だが、指揮官はここ数か月の森重のプレーについて「ちょっと満足できなかった」とメンバーから外した。W杯予選の佳境で、連係や経験が重視されるセンターバックにメスを入れるのは大きな決断だ。

 鹿島で主力の昌子は1対1の守備に強さを発揮し、足の速さを生かしたカバーリング能力が高い。準優勝した昨年12月のクラブW杯では、Rマドリード(スペイン)との決勝でC・ロナウドとの1対1を制するなど、海外クラブに注目された。近年はコーチングなど統率力も身につけ、Jリーグを代表するセンターバックに成長した。

 昌子も「日本が勝ってW杯に行くため、体を投げ出してでも守りたい」とポジション奪取へ気合十分。「コーチングは(吉田)麻也くんだろうが、本田選手だろうが、(香川)真司くんだろうが、変わりなく(要求を)言っていく。僕らのポジションはそういうところだと自覚している」と気後れもない。新DFコンビでロシアW杯出場へ前進する。(内田 知宏)


シリア戦に向けた非公開練習にて主力組に入った日本代表の昌子源である。
レギュラーポジションが与えられるかテストされる模様。
これまでも日本代表には名を連ねておったが、サブとしての招集であり、公式戦ではベンチを温めるばかりであった。
ここは、このテストマッチにて実績を積み、イラク戦への足掛かりとして欲しいところ。
昨年末のCWC決勝戦で魅せたC.ロナウドとの1対1の攻防を日本代表の場でも見せつけるのだ。
また、得意のコーチングでDFラインを統率せよ。
源の活躍で完封勝利を、期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

頑張って欲しいけど、目立ちすぎると欧州からのオファーが怖い。

大岩監督のためにもシーズン途中の移籍の可能性は小さいだろうけど、今シーズン終了後はわかりませんから。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク