日本代表・昌子源、先発起用へ

【日本代表】昌子源が吉田麻也との初コンビにも「不安はない」と語る理由とは?
サッカーダイジェストWeb編集部
2017年06月07日

「初めての人とも良い関係を作る自信がある」


センターバックでの先発起用が予想される昌子(左)と吉田。いかな連係を見せるか注目だ。写真:徳原隆元

 日本代表は6月7日、親善試合のシリア戦に臨む。6日には、会場となる東京スタジアムで前日練習を行なった。練習後、スタメン起用が予想される昌子源が報道陣の取材に応えている。

 これまで不動のレギュラーとして君臨してきた森重真人が、今回の代表戦2試合のメンバーから落選。それにより、吉田麻也のパートナーに誰が指名されるのかが、ひとつの焦点となっていたが、状況的には昌子のスタメン起用の可能性が高まっている。とはいえ、本人はいたって冷静だ。

「自分自身しっかり準備はしてきているので、特に変わったことをやる必要はないのかなと。変に『マジでやったろう』とか思うより、平常心で鹿島でやっていることを出せば、それが自然にいいアピールになると思う」

 気負わずに、自分のできることをしっかりとこなしていくつもりだ。鹿島での急成長とともに、メンタル面での成長と余裕をも窺わせる。

 一方、センターバックでコンビを組むことになるであろう吉田麻也との連係については、「それほど不安はない」と話す。その理由を次のように語った。
「僕自身、鹿島でもいろんなタイプのセンターバックと組んできて、自分なりにけっこう合わせたり、初めての人とも良い関係を作っていける自信がある。ただでさえ、(吉田は)僕よりはるかにレベルの高い選手なんで、そこは麻也君が僕に合わせたり、僕が麻也君に合わせたりということができると思う」

 さらに、「サッカーではコーチングで解決できる部分は大きい」としたうえで、「麻也君も僕自身もすごく出していくタイプだと思うし、当たり前のことを声で出せれば、そんなにバラつきはないんじゃないかなと思います」と、実現すれば試合では初めてとなるセンターバックコンビの連係にも自信を見せた。

昌子源、シリア戦へ最終調整「しっかり準備したい」
[2017年6月6日23時33分]


練習中、笑顔を見せる昌子(右)。左は本田(撮影・河野匠)

 日本代表DF昌子源(24=鹿島)が6日、7日の国際親善試合シリア戦に向けた公式練習に参加した。

 W杯ロシア大会アジア最終予選イラク戦(13日、テヘラン)を想定したシリアとの実戦へ、会場の東京・味の素スタジアムで冒頭15分公開の最終調整した。

 センターバックは国際Aマッチ出場41試合の常連、森重真人(30=東京)が今回は選外。同2試合と経験が浅い昌子が先発に抜てきされる可能性がある。その中で「まだ誰が出るとかハッキリ言われてない」とした上で「森重君が選ばれてないということは、槙野(智章)君にも僕にも(三浦)弦太にもチャンスがあるということ。期待されているし、今回はセンターバックが注目されているポジションだと思うので、しっかり準備したい」と意気込んだ。

 鹿島の大岩剛新監督が見学に訪れた中、トレーニングを終えた昌子は「剛さんから『鹿島は(監督が交代し)大変ではあるけど、こっちのことは気にしなくていい。代表に集中してくれ』と言ってもらった。信じて頑張りたい」。鹿島では守備の要として昨季のJリーグ制覇に貢献しており「変にアピールしたり、変わったことしようと思わず、Jリーグでやっていることを出せれば。自然体で、いつも通りプレーすることが(無失点への)近道だと思う」と自信を見せた。

 先発すれば、不動のDF吉田麻也とコンビを組むことになる。「もし試合に出れば一緒にやるのは初めてですね。ただ、自分は鹿島でもいろんな選手と組んできたので、合わせることには自信がある。はるかにレベルが高い選手ですが、話し合ったり聞いたりしながら、いい関係を築ければ」とコンビネーションを高めるイメージを膨らませた。

 15年3月31日の国際親善試合ウズベキスタン戦以来2年ぶり2度目の先発なるか。昨年のクラブW杯決勝Rマドリード(スペイン)戦でFWロナルドと渡り合った24歳は「ハリルホジッチ監督は無失点にこだわってますし、チャンスをもらえれば完封したい。スコアが5-1でも3-1でも、失点したら、しっくりこないので」とシャットアウトの準備だけに集中する。

ハリル監督CB昌子に託す 「保険」捨て次世代育成
[2017年6月7日7時40分 紙面から]


ボール回しで競り合う香川(中央左)と昌子(同右)。左端は加藤、右端は本田(撮影・河野匠)

 「保険」を捨て次代の主力DFを育てる。日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が6日、今日7日の国際親善試合シリア戦(味スタ)に向けた公式会見に出席。「無失点」をノルマに掲げた中、先発センターバック(CB)に昌子源(24=鹿島)を抜てきすることが確実となった。13日のW杯ロシア大会アジア最終予選イラク戦(テヘラン)以降を見据えて常連の森重を外しており、昌子の自立を促す舞台を用意した。

 ハリルホジッチ監督が、ネクスト森重に昌子を一本釣りした。これまで本田→久保、岡崎→大迫と攻撃の世代交代を進めてきたが、反対に手つかずだった守備の再編が6月のテーマ。公式会見で森重不在のCB陣について聞かれると、初代表の三浦に言及し「呼んだからといって明日すぐ使うわけではない」とベンチ止まりを示唆。一方で15年3月の初陣から定期的に招集してきた昌子については「常に呼んできた」と短く答えた。機が熟しての起用に余計な説明は無用だった。

 期待通り、冒頭15分以外非公開で行われた公式練習では、昌子が先発組に入って連係を確かめたという。鹿島と同じCBの左で起用され、吉田とコンビを組むと「(招集15戦目で)もう流れは理解してる。先発だとしても『やったろう』って変な気負いはない。普段、鹿島でやっていることを出せば結果は出る」と昨季J王者の自負を示した。

昌子、麻也と完封だ!24歳若き新CB抜てき 7日VSシリア
キリンチャレンジ杯 日本―シリア ( 2017年6月7日 味スタ )


練習でダッシュする(左から)昌子、吉田、長友。後方は(左から)本田、原口、乾、宇佐美
Photo By スポニチ


 日本代表は7日、シリア代表と親善試合を行う。13日のW杯アジア最終予選イラク戦に向けたテストマッチ。DF昌子源(24=鹿島)は15年3月31日のウズベキスタン戦以来、2度目の先発が濃厚となった。センターバックを組むDF吉田麻也(28=サウサンプトン)とは初コンビだが、ともに“散歩隊”の主要メンバーで連係に不安はない。国際Aマッチ3試合連続の完封を目指す。

 A代表デビューを飾った思い出の地で、昌子がその時以来の先発出場を果たす可能性が高まった。「リーグ戦から中2日だが、調整はできているので問題ない。準備はしてきている」と静かに闘志を燃やした。

 ハリルジャパンでは吉田と森重(FC東京)が不動のCBに君臨してきた。だが、今回はハリルホジッチ監督が「現在のパフォーマンスを基準に選んだ」と15年3月の就任以降初めて森重をメンバーから外し、昌子を指名。伸び盛りの24歳には森重がつけていた背番号「3」が与えられた。「森重君がいないから良くないと思われるのは悔しい。いなくても、昌子に任せられるなと思ってもらえるようなプレーをしたい」と自覚を口にした。

 7日のシリア戦では左CBに入り、吉田とコンビを組むことが濃厚。実戦はおろか「麻也君とは練習でもあまり組んでいない」という急造コンビだが、伝統の“散歩隊”で理解を深めており不安はない。滞在するホテル周辺をウオーキングする散歩隊は、10年W杯南アフリカ大会前に元日本代表DF中沢(横浜)が命名。吉田は代表デビュー当初から散歩を通じて先輩とコミュニケーションを取っており、昌子も15年アジア杯から参加。「麻也君とは普段から散歩隊で一緒にいる時間が長いし、初めて組む人ともいい関係をつくることは得意」と不安を一蹴した。

 ハリルホジッチ監督はミーティングで「この2試合は絶対にゼロで抑えろ」と厳命。指揮官の“ゼロ指令”を受け「ハリルさんは無失点にかなりこだわっている。僕自身、この試合はゼロをかなり意識している」。最終ラインの要として仮想イラクをシャットアウトし、アウェーに乗り込む。

 ≪吉田―森重コンビが最多≫ハリルジャパンの先発センターバックは、招集された22試合中21試合に出場の吉田が中心。その吉田のパートナーは今回招集されなかった森重が15試合で最多。次いで槙野が5試合、丸山(今回非招集)が1試合。吉田以外の組み合わせは森重―槙野が15年東アジア杯の3試合、森重―昌子が1試合あるだけ。成績は吉田―森重コンビは15試合10失点、吉田―槙野コンビは5試合無失点だ。昌子はAマッチ出場2試合(途中出場含む)で、これまで吉田と同時にピッチに立ったことは一度もない。


笑顔を見せる昌子(右)。左は東口
Photo By スポニチ


[ 2017年6月7日 05:30 ]

第3の男・昌子が下克上 C・ロナ抑えた神守備を再び! 森重いぬ間に成り上がる

 シリア戦を前に調整する昌子(中央)ら日本代表イレブン

 「サッカー日本代表合宿」(6日、千葉県内)
 7日の親善試合・シリア戦に臨むサッカー日本代表は6日、試合会場の味の素スタジアムで冒頭15分間をのぞく非公開練習で調整。公式会見でバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は13日のW杯アジア最終予選・イラク戦を見据え、シリア戦を「6日後の試合に向けた準備のテストマッチ」と改めて位置付けた。関係者によればDF昌子源(24)=鹿島=の先発起用が濃厚という。W杯出場王手がかかるイラク戦に向け、若きセンターバックはチャンスをつかめるか。
 “仮想・イラク”となるシリア戦を前に、昌子は平常心だった。「変わったことをする必要はない。変なアピールではなく、Jリーグでしているプレーをすれば良い」。24歳の若きセンターバックは落ち着いていた。
 国際Aマッチの出場経験は2試合と少ないが、地に足がついている。昨年末、クラブW杯でレアルマドリードと対戦。Cロナウドへの守備で世界から注目も浴びた。「間違いなく自信になった大会」と語る一方で「でも、相手は本気ではなかった」。3日の欧州CL決勝。連覇を達成した白い巨人は「オレらとやったレアルではなかった」。だからこそ「もっと真剣勝負ができる舞台に出たい。それがW杯」と話す。
 今回の2試合、ハリルホジッチ監督は昌子の台頭を促すマネジメントをしていた。DF吉田とDF森重(FC東京)が不動のレギュラーとして君臨し、連係面は熟成される一方で競争は希薄だった。指揮官がこの日の会見で「若い選手は少し経験がある選手にリスペクトしすぎだ。だから、良い雰囲気をもたらすことができるようなトライもしている」。不調の森重をあえて代表から外してまで、昌子の奮起を促した。
 コンビを組むことが確実な吉田は、昌子が代表に初選出された14年から折に触れて助言を送っており「パートナーとして組んだ経験はないが、心配はない」。そして「源はJで良いシーズンを送り、昨年末には世界最高峰のクラブとの対戦も経験した。後は彼が(チャンスを)つかむか、つかまないか」とエールを送った。
 J屈指のセンターバックに成長した昌子が、世界へと羽ばたくステップを踏む。


源の先発起用を大きく取り上げる各紙である。
ここに至るエピソードが並ぶ。
その中でニッカンスポーツが報じる大岩監督が日本代表の練習を訪問した記事は白眉であろう。
源は大岩監督がコーチとして指導者の道を歩み出した2011年シーズンのルーキーである。
まさに手塩にかけて育てた愛弟子と言って良かろう。
鹿島にてレギュラーになり、代表に選出され、そしてポジションを得た。
大岩の手腕は計り知れぬ。
その大岩に対して源は「剛さんから『鹿島は(監督が交代し)大変ではあるけど、こっちのことは気にしなくていい。代表に集中してくれ』と言ってもらった。信じて頑張りたい」と語る。
シリア戦、イラン戦に集中し、日本に勝利をもたらすのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

今更ながら感動してきました。

試合絶対見ます!

頑張れ源!!

怪我無くアピール、この2つを切に願う所です

大迫がゴールを決めて、源の活躍でクリーンシートを達成。鹿島サポにたまらない試合展開を今日は期待できそうです。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク