鹿島アントラーズ、児童と交流

J1鹿島選手が児童と交流 ホームタウン訪問、鉾田でスタート

児童らと「じゃんけん列車」ゲームを楽しむ金森健志選手=鉾田市野友の市立野友小

サッカーのJ1鹿島アントラーズの選手たちが、ホームタウンとなっている鹿行5市の小学生と交流する事業が6日、鉾田市内の3校で始まった。ゲームやサッカーで児童らと交流した選手たちは「子どもたちに元気をもらった。交流を通じて鹿島アントラーズに親しんでもらえれば」と笑顔を見せた。

同市野友の市立野友小(児童42人、長谷川馨校長)には、FW金森健志(たけし)選手とMF久保田和音(かずね)選手の2人が訪問。児童らとともに、じゃんけんで負けた相手の後ろに付く「じゃんけん列車」ゲームやドッジボールなどを楽しんだ。

中でも、学年や男女別に分かれて実施したサッカーのミニゲームでは、2選手が華麗なドリブルやパスを披露。児童らはプロの技術に歓声を上げながら、選手たちと汗を流した。

同小6年、田山緒(いとは)さん(11)は「(ミニゲームは)楽しかった。今度は試合を見に行きたい」と笑顔。同、安達和輝さん(11)も「攻めるときにスピードが切り替わるのがすごかった」とプロの技に驚いていた。

鹿島アントラーズに移籍し、今回が初の学校訪問となる金森選手は「本当に楽しい時間だった。子どもたちの目標となるような選手を目指したい」と意欲を見せ、久保田選手は「今度は試合を見に来てもらい、応援してほしい」と呼び掛けた。

学校訪問は、2007年に始まった鹿島アントラーズFCの地域貢献事業の一環。選手たちがホームタウンの鹿嶋、神栖、潮来、行方、鉾田の5市の全小学校を訪問する。今年は同日の野友、串挽、上島東の鉾田市内3校を皮切りに、計19校で実施する予定。 (大平賢二)


ホームタウンの小学校訪問を行った選手たちである。
野友小を訪問した金森と和音は児童との時間を大いに楽しんだ様子。
このような交流は重要である。
選手はリフレッシュでき、児童への影響も大きい。
子供たちに大いなる目標となる選手となれ。
良き活動である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク