日本代表・昌子源、代表での最初の一歩があの失点だった、と言えるように

「悔しいって言うと負けてしまう」
昌子源、失点ミスに強がった理由。

posted2017/06/09 07:00


この1年間で驚異的な成長を見せた昌子。シリア戦での1失点をどう消化し、イラク戦と今後への糧にできるか。

text by
寺野典子
Noriko Terano

PROFILE
photograph by
Nanae Suzuki


「現時点でもっともよい選手を選ぶ」

 そう断言するハリルホジッチ監督の信念を象徴したのが、センターバックだろう。Jリーグで成長著しい若手を招集すると同時に、レギュラーで経験を積んだ森重真人を招集メンバーから外したのだ。

 そして、イラク戦へ向けた親善試合シリア戦で先発起用されたのが、昌子源だった。

 大きな期待を背負った昌子だったが、1-1で試合を終えたあと「(期待には)応えられていないんじゃないかな」と話した。

「俺は今までそういう期待に応えられてきた人間じゃないし、(一気に)成り上がった選手じゃないから。ホンマに失敗して失敗して、1段上がったら、また1段戻ったり。2段上がったら、1段戻ったり。そういうサッカー人生だった。そんなに100歩も100段も上がったわけじゃない。こうやって代表でミスして怒られたり叩かれるようなことを経て、成長してきた。俺が鹿島で出始めたときなんて、ボロカス言われていた。鹿島でよく言われるんですけど、ディフェンダーは良いプレーをして成長すると同時に、やられることで成長するポジションだから。これでまたひとつ成長できるんじゃないかな」

「最後の局面でやられなければいい」と思っていた。

 シリア戦、日本は3月のUAE戦で結果を残した4-1-2-3の布陣でスタートした。日本のDFラインはそれほど高くなく、前線からプレスをかけず自陣寄りにブロックを形成するような状況だった。シリアの勢いに押されたからだ。

「(シリアが)来ていた感じはありましたね。特に1トップの19番と、サイドの9番の選手は違いを生み出せる選手だった。そういう選手をフリーに、自由にさせる時間を与えてしまった。それでも最後の局面でやられなければいいと思っていた」と振り返る。

 日本は中盤での安定感がなく後手に回った。その中でも昌子は1対1の場面では落ち着いた対応を見せていた。

「1対1になれば、そこは自分自身がいつもやっていることをやればいいと考えていたけれど、どうしても連係のところで危ないところはあった」

鹿島では2ボランチ、代表では1ボランチの難しさ。

 昌子がこう語るように、鹿島とは違う1ボランチという布陣に難しさがあった。そもそも日本代表自体、1ボランチで戦った試合は多くない。またJリーグを戦った後に合流した昌子が、吉田麻也や左サイドバックの長友佑都とともに練習した時間も短かった。

「クラブでは(ボランチが)2枚いるので、はっきり役割を決められるんです。ただ1ボランチだと(山口)蛍くんが行くと、どうしてもそこにスペースが空いてしまう。そのスペースへ“僕が行くのか、マヤくんが行くのか?”といったところですね。僕が行くことで(スペースが)できてしまうときもあるし」

 前半を0-0で終えた後のロッカールームの様子、そして後半開始早々に喫した失点シーンについてもこう続けた。

「失点に絡んだことのないCBなんて絶対におらん」

「監督は前半の内容に、あんまり満足していなかったみたいで。もっと違う入り方をしてほしいという話をした中で、すぐに失点してしまった。そこが僕自身もそうですし、チームの反省点じゃないかと思います。ゴールを決めた19番は俺のマークだった。ショートコーナーになったので、少し難しさはあったけど、ヘディングでのクリアが届くと思ったんですね。届かなかったのが結果ですけど。

 ただ自分自身、これでまた一歩成長できるんじゃないかなと思う。もちろん試合を巻き戻せるなら、巻き戻したいけど、できないわけだから。この結果を受け止めつつ切り替えるしかないし、どんな選手もこうやって上り詰めているんだと思う。失点に絡んだことのないセンターバックなんて絶対におらんと思うし、こういう経験は試合に出た人しかできないものだし。痛い思いをして強くなる。成長するうえで大きな一歩となる試合だった」

失点後も引きずらず、積極的なプレーを心掛けて。

 だからこそ失点後も揺らぐことなく、積極的なプレーを心掛けた。

「もし引きずったら2点、3点とやられてしまう。引きずったら負け。周りから何を言われようと、自分自身、ブレずにやれるようになったところが、成長したところだと思う」

 確かに試合時間が進むにしたがって、周囲との連係にも落ち着きが生まれていた。

「確実に後半の最後のほうは僕とマヤくん、ユウトくんの関係性が良くなっていたと思う。マヤくんとユウトくんが常に声をかけてくれたし、逆に俺が声をかけた時には、マヤくんが『今のナイス』って言ってくれた。“こうすればいい”っていう感覚はつかめた」

 本番となるイラク戦までに、まだ時間はある。シリア戦を受けて選手間でかわす言葉の質も上がるに違いない。とはいえマークを担当していた選手にゴールを決められるという失態は、ディフェンダーにとっては許しがたいものだろう。最も強くそれを感じているのは昌子自身だ。

「次も俺が出る保証はないし、違う選手が出て仮に(テストに)失敗したとしても『よかったわ』とは思わない。それは自分のまいた種でもあるから。またJリーグでしっかりやっていれば、チャンスは訪れるから」

「悔しいって言ってしまうと、負けてしまいそう」

 前向きで強気な発言を重ねて、「切り替える」と繰り返す昌子だが、それと同時に強い悔しさが伝わってくる。しかし、彼は「悔しい」とは一度も言わなかった。そのことが気にかかり、取材の輪が解けたあと「悔しいと口にしなかったのだけれど……」と訊いた。昌子が即答する。

「悔しいって言ってしまうと、負けてしまいそうだから」

 意識して使わなかったわけではないというが、その思いに引きずられる危険性を彼は知っているのだ。だから自然とその言葉を発することがなかったのだろう。たとえ強がりに見えたとしても、引きずらないための姿勢がディフェンダーの矜持であるし、昌子の持ち味のひとつでもある。

代表選手としての経験はまだ十分とは言えない。

 プロとして経験を積み重ねたことで、昌子は「本当に光栄な場所」と表現した代表戦の先発の座をつかみ取った。しかし同時に、代表選手としての経験はまだ十分とは言えない。

 代表ではチームメイト、戦術、ピッチ、対戦相手……あらゆるものに即座に対応する能力がさらに求められる。また1点の重みも強烈なものになる。そういう状況下で、文字通り悔しさを噛みしめ、飲み込みながら、実績を重ねていくしかない。

 代表での最初の一歩があの失点だった、と言えるように。

 ワールドカップ出場権獲得のための重要な一戦となるイラク戦に向けて経験値の高い選手を外したのは、監督自身だ。その決断がどういう結果をもたらすのか? 昌子の未来、成長とともに、そこにも注目したい。


日本代表の昌子源について記すNumberWebの寺野女史である。
イラク戦に向けたテストの意味合いが深かったシリア戦では、失点に絡み、印象が少々悪かった。
そんな状況にて寺野女史は、「引きずらないための姿勢がディフェンダーの矜持であるし、昌子の持ち味のひとつでもある」と源を評する。
もう、切り替わっておろう。
というよりも、試合中にも引きずることなく前向きにプレイしておったように伝わってきた。
その気持ちの持ちようもまた日本を代表するDFの持ち味となる。
源の更なる成長にて日本はより一層強くなる。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク