練習試合にて新監督の戦術浸透

新監督の戦術浸透へ J1鹿島が練習試合

つくばFCとの練習試合でドリブルする鹿島のレアンドロ(中央)=クラブハウスグラウンド

J1鹿島は10日、クラブハウスグラウンドで関東リーグ1部のつくばFCと練習試合を行った。試合は45分1本と30分2本の変則方式で、鹿島が7-1(3-1、3-0、1-0)で快勝。大岩新監督が求めるサッカーへの理解を深め、17日に再開するリーグ戦の準備を進めた。

1本目は4日の広島戦とほぼ同じメンバー。昌子と権純泰が代表に招集されているため、センターバックにブエノ、GKには曽ケ端が入った。

鹿島は4日の広島戦後、2日間のオフを挟み、体力向上の練習を中心に行ってきた。三竿健が「体が重かった」と振り返るように、疲労で運動量が少なく、1本目の序盤にオウンゴールで先制したものの、直後に同点に追い付かれた。

それでも、徐々に大岩監督が意識させている「ボールを早く動かし、攻撃では積極的に相手の背後を狙う」戦い方を実践。1本目終盤にレアンドロと鈴木がゴールを挙げ、突き放した。

全選手を入れ替えた2本目は、けがで戦列を離れていたペドロジュニオールと遠藤が実戦復帰。ペドロジュニオールが2本目に2ゴール、遠藤が3本目に1得点し、順調な回復ぶりを見せた。2本目でゴールを決めた金森は「前線の選手が復帰し始めてきている。チャンスをしっかり決められるようにしたい」と、アピールに躍起だった。 (藤崎徹)


ジョイフル本田つくばとの練習試合をレポートする茨城新聞の藤崎記者である。
レギュラー組と思われる1本目のメンバーは、代表招集にて不在のスンテに替えて曽ケ端、源に替えてブエノの部分以外は広島戦と同様であった。
これが、現時点での大岩監督のベストメンバーなのであろう。
身体が重かったと三竿健斗が言うが、失点は頂けぬ。
しかしながら、「ボールを早く動かし、攻撃では積極的に相手の背後を狙う」を実戦し3得点を記録した。
このメンバーの試合運び攻撃が中央による形となり、ゴールに近いところに2列目がいる。
よりレアンドロが輝く形と言えよう。
2本目となり、ヤスとPJが負傷明けで入った。
二人ともゴールで結果を残したことは朗報と言えよう。
2本目はピッチを広く使うゲーム展開となり、より鹿島の試合であった。
これは小笠原満男の存在を見逃すわけには行かぬところ。
大岩監督は世代交代を進める方向にて采配を振るっておるが、まだまだ依存度は高い。
来週末から始まる過密日程にてどのように選手起用するのか、大岩監督の手腕に注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

鹿不足。早く試合がみたい。

練習を沢山して
連結絆を固めるのだ‼
がんばれアントラーズ!

相手によって戦い方も変えれるし、試合中のオプションも随分増えそうですね。
楽しみです。

石尾さんの おおいわごうごうごうごう…。の選手紹介好きだったなぁ。なぜかごうだけこだまのように聞こえた。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク