日本代表・大迫勇也、岩政直伝ヘッドで先制弾

大迫勇也、岩政直伝ヘッド!「良いボールが来て触るだけ」
2017年6月14日6時0分 スポーツ報知


前半8分、先制ゴールを決めガッツポーズの大迫(右は吉田、手前は昌子=カメラ・竜田 卓)


CKから大迫〈15〉がヘディングでゴールを決めた


 ◆2018年ロシアW杯アジア最終予選B組 イラク1―1日本(13日、イラン・テヘラン・パススタジアム)

 日本代表は、イラク戦を1―1で引き分けた。前半8分、FW大迫勇也(27)=1FCケルン=がMF本田圭佑(31)=ACミラン=の右CKを頭で合わせ、先制点を挙げた。代表通算6得点目は、W杯を引き寄せる貴重なゴールとなった。

 気温37・4度、湿度20%。空気が薄い標高1200メートルの環境で誰よりも頼もしかった。大迫は前半8分、本田の右CKを頭で決めた。国際Aマッチ6点目。引き分け以上でW杯出場に王手をかけられる消耗戦で、試合を優位に進められる貴重な先制点を奪った。

 「トレーニングの時からやっていた形。良いボールが来て、触るだけのボールを入れてくれた」。本田が蹴る瞬間、左から右へゴール前を横切り、イラクDFのマークから逃れ、ニアサイドでタイミングよく飛んだ。日本代表では昨年11月11日のオマーン戦に続く頭での2得点目が最終予選初得点となった。

 日本を代表するストライカーになるために習得した得点感覚だった。鹿島の椎本邦一スカウト担当部長は「頭を使わなくても点を取ることが出来る。ヘディングはプロの域には達していない」と鹿児島城西高時代の大迫を評していた。鹿島入団後、元日本代表DF岩政大樹(35)=東京ユナイテッド=を先生に最高到達点で打つ練習を繰り返し、ニアがゴールポイントというのも教えられた。プロ入り9年目、ドイツでも高さで勝負し、「いつも高いのとやっていますから」と屈強なイラクDFを嫌がりもしなかった。

 「もう1点取ってプレッシャーをかけたかった」。前半28分、ペナルティーエリア内で相手DFに倒されるもPKの判定はなかった。ピンチを予測して最終ラインまで守備に走り、前線では体を巧みに使ったポストプレーでチャンスを作ったが、加点出来ず、残念がった。

 1FCケルンで攻守に貢献度の高い主力となり、ハリル・ジャパンで先発に定着した。「1―1をポジティブに捉えて考えたい。次、勝てばいけるので。次の試合が本当に大事になる」。大一番となる8月31日のオーストラリア戦でも、エースの自信と責任を示す。


イラク戦にて先制弾を決めた日本代表の大迫勇也である。
CKからヘディングにて決めた。
プロ入り前は椎本邦一スカウト担当部長に「頭を使わなくても点を取ることが出来る。ヘディングはプロの域には達していない」と評されており、頭でのゴールは得意ではなかった。
しかしながら、鹿島入団後にヘディングだけで南アW杯に行ったとまで新井場に揶揄される岩政からヘッドのコツを伝授されストライカーとして更に開花した。
まさに頼れるエースと成長する様を目の当たりにしたことが記憶に蘇る。
ゴーの大迫のゴールにて、日本代表はアウェイの地にて貴重な勝ち点1を手に入れた。
次戦の豪州戦にて勝利すればロシアへの切符を手に入れることとなる。
8月の試合でも大迫が躍動してくれよう。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

ゴールもそうですが、あの暑さの中で最後まで倒れずに走り続けたことも賞賛に値すると思います。

ポストよし、ドリブルよし、シュートよし、守備よし、に加えてヘディングよし、となれば本物の万能型FWといえますね。見事なゴールでした。あと、クロスを足元に合わせてこれない酒井に怒り爆発していたのも印象的でした。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク