ポルティモネンセ・ファブリシオ、タイトルとは無縁のサッカー人生だったから、本当にセンセーショナルだった

天皇杯決勝の劇的弾から半年、元鹿島のファブリシオがポルトガルで躍動!
ワールドサッカーダイジェスト編集部
2017年06月14日

7年ぶりの1部昇格に貢献。


天皇杯決勝で勝ち越しゴールを叩き出したファブリシオ。この千金弾を置き土産に鹿島を去った。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

 劇的だった日本ラストゴールを記憶している方も多いだろう。

 2017年1月1日に開催された鹿島アントラーズ対川崎フロンターレの天皇杯決勝。1-1で延長戦にもつれ込んだ激闘に終止符を打ったのが、鹿島のファブリシオの一発だった。

 94分にCKの流れからペナルティーエリア内でボールを受けると、右足を一閃。豪快にネットを揺らしたこのゴールが決勝点となり、ファブリシオは鹿島の6大会ぶり5回目の戴冠の立役者となった。

 しかしその5日後、このブラジル人MFの契約満了での退団が発表される。昨年7月にポルティモネンセ(ポルトガル2部)からレンタル移籍で加入したものの、なかなかプレータイムが伸びずJ1ではわずか8試合(200分)の出場のみ。1ゴールに終わっていた。

「日本に馴れるのに難しい部分があった。クラブスタッフ、チームメイト、そして見捨てずに応援してくれたサポーターに感謝したい」というコメントを残し、天皇杯優勝を置き土産に鹿島を去ったファブリシオは、古巣ポルティモネンセに復帰。再びポルトガル2部でプレーする道を選択した。

 鹿島の同僚だった金崎夢生がプレーしたチームとして知られているポルティモネンセは16-17シーズン、「昇格請負人」として知られるヴィトール・オリベイラ監督の下で7シーズンぶりの1部復帰を目指して序盤から首位を走っていた。

 1月に半年ぶりに復帰したファブリシオは、この知将の信頼を即座に勝ち取り、レギュラーの座を奪取。インサイドハーフをはじめ、トップ下やCFなどさまざまなポジションで起用され、アグレッシブにゴールに迫る持ち味を存分に発揮した。

 特大の輝きを放ったのが、32節のベンフィカB戦だ。チームの全得点に絡む2ゴール・1アシストの活躍で、難敵からのアウェー戦勝利(3-2)の原動力となった。

 このファブリシオの活躍もあり、ポルティモネンセは2位アベスの追撃をかわして優勝を飾る。シーズン終盤は故障で欠場したとはいえ、勝手知ったポルトガルの地で躍動したファブリシオは12試合で4ゴールを挙げ、昇格に大きく貢献した。

「日本では夢のような経験ができた」


ファブリシオ(前列右端)の活躍もあり、ポルティモネンセは7年ぶりの1部昇格を勝ち取った。画像はポルティモネンセのインスタグラムより

 ファブリシオの去就はまだ明らかになっていないものの、ポルティモネンセとの契約が2019年まで残っており、オリベイラ監督も留任が濃厚のため、このまま残留する可能性が高そうだ。そうなれば、ポルトガル1部リーグは初挑戦となる。

 ポルトガルと言えば、欧州屈指の人材供給リーグとして知られている。ラダメル・ファルカオ(元ポルト/現モナコ)をはじめ、ハメス・ロドリゲス(元ポルト/現レアル・マドリー)、アンヘル・ディ・マリア(元ベンフィカ/現パリ・サンジェルマン)など、この地からステップアップしていった世界的プレーヤーは少なくない。とりわけ言葉の壁がない南米出身者が多い。

 ファブリシオと同じくJリーグでプレーしたフッキ(現上海上港)も、ポルトでの活躍によりブラジル代表に招集され、レギュラーにまで上り詰めた。

 そんな“掘り出しもの”を見つけようと、ポルトガルには欧州各地のクラブ関係者が頻繁に視察に訪れる。現在27歳と若くはないものの、今後の活躍次第ではファブリシオの元に有力クラブからオファーが届いても不思議はない。

 最後に、昇格決定後、ファブリシオが地元メディアに語ったコメントを紹介したい。Jリーグと天皇杯の2冠、クラブワールカップ準優勝、そしてポルトガルの2部リーグ制覇を経験したこの半年間は、忘れられない経験になったようだ。

「日本では2冠に輝いたんだ。天皇杯のファイナルでは、僕が決勝点を決めてね。タイトルとは無縁のサッカー人生だったから、本当にセンセーショナルだった。クラブワールドカップの決勝では、世界一のクラブ、レアル・マドリーと対戦できた。あのクリスチアーノ・ロナウドやマルセロと話せて、夢みたいだったよ」

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部


ポルティモネンセを1部昇格に導く活躍をしたファブリシオである。
今年に入り、鹿島から復帰すると監督の信頼を得て、インサイドハーフ、トップ下やセンターFWにて躍動したとのこと。
また、鹿島では、たった半年の在籍期間であったが、濃厚な日々を過ごした様子。
CWCでは世界に名だたるR・マドリーと戦い、天皇杯では日本一に導くゴールを決めた。
このような経験を体験できる選手は少ない。
ファブリシオの振り返りシュートが決まっておれば、歴史は、そしてファブリシオのサッカー選手人生も変わっておったであろう。
来季は、ポルトガル1部リーグに戦場を移す。
欧州スカウトの目が光っておる。
ファブリシオが更なるビッグクラブにその身を移す可能性もあろう。
その際に、鹿島での経験が役に立つはず。
これからの活躍を祈っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

去年末の快進撃はファブリシオの神戸戦での2ゴールから始まった。

そして、天皇杯決勝でのファブリシオのゴールで大団円。

確実に持ってる男だよファブリシオ。

ファブリシオ なんか好きだったな〜 あの雰囲気たまらなかったな〜 ゴールを決めた後の敬礼かっこよかったな〜

掲載されている写真をみて、チームにしっかりとけこんで楽しくやってるようで安心しました。鹿島では出場機会、ゴールは少なかったですが、何故かファブリシオのプレーは強く印象に残ってるんですよね。

No title

モヒカン最高!

丸刈り、スキンヘッドも最高!

カッパはエクセレント!!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク