鹿島――2トップで起用される土居の奮闘に期待だ

【J1展望】鹿島×札幌|大岩体制初のホームゲームで、新戦術は機能するか
サッカーダイジェスト編集部
2017年06月16日


鹿島――2トップで起用される土居の奮闘に期待だ。


故障者/鹿島=L・シルバ、町田 札幌=増川、稲本、深井
出場停止/鹿島=なし 札幌=なし


J1リーグ 第15節
鹿島アントラーズ-北海道コンサドーレ札幌
6月17日(土)/18:30/県立カシマサッカースタジアム

鹿島アントラーズ
今季成績(13節終了時):5位 勝点24 8勝0分5敗 17得点・15失点

【最新チーム事情】
●最終予選で韓国代表に招集されていたクォン・スンテに代わり、GKは曽ケ端が先発する見込み。
●日本代表の6月シリーズ2試合で先発フル出場した昌子は、イラク戦から中3日でもスタメン濃厚だ。
●大岩新監督の下、中断期間中に新戦術の浸透を図った。これまで以上にゴール前の迫力がもたらされそうだ。

【担当記者の視点】
 大岩体制初のホームゲームであり、代表帰りの昌子もスタメン濃厚で、チームは高い意気込みで試合に挑むつもりだ。

 戦力差を考えても、主導権を握る展開になるはず。3-1で勝利した前節・広島戦のように、前半からアグレッシブに仕掛けて、試合を有利に進めたい。

 注目は、これまで2列目が主戦場だったが、現政権下では2トップで考えられている土居。巧みなポジショニングでボールを引き出し、前を向くプレーにも定評があるアタッカーの奮闘に期待したい。

札幌――怪我から復帰したキム・ミンテがメンバー入りへ。

J1リーグ 第15節
鹿島アントラーズ-北海道コンサドーレ札幌
6月17日(土)/18:30/県立カシマサッカースタジアム

北海道コンサドーレ札幌
今季成績(14節終了時):15位 勝点12 3勝3分8敗 12得点・21失点

【最新チーム事情】
●負傷離脱していたキム・ミンテが戦列復帰へ。
●右足首を痛めた横山の先発は微妙。
●連敗を4で止められるか。

【担当記者の視点】
 現在4連敗中と苦しんでいる。この鹿島戦の次には好調・柏戦が控え、強豪との連戦となる。なんとしても、早く流れを変えたい。しかし、今週水曜の練習でMF横山が右足首を痛め、練習を途中で切り上げるアクシデントが発生。軽症と見られているが、鹿島戦での先発出場は微妙かもしれない。

 その一方で、12節・新潟戦で右足首を痛め離脱していたMFキム・ミンテが、この試合からメンバー入りする模様で、穴は埋まるかもしれない。ちなみに、アウェーでの鹿島戦は過去未勝利。前回の2012年には0-7と大敗している。チーム一丸となって、悪い歴史を払拭するゲームとしたい。


「イラク戦から中3日でもスタメン濃厚」と記すサッカーダイジェストプレビューである。
帰国直後であった、昨日の紅白戦は出場せず別メニューであったが、それでも大岩監督の信頼は揺るがぬと予想する。
源のコーチングを含めたリーダーシップをここで欠くことは出来ぬという判断であろう。
また、日本代表のレギュラーにまで登り詰めたスター選手を、ホームの試合にてベンチに置くわけには行かぬところ。
そして、大岩監督になり、FWに戻された聖真に期待とある。
「巧みなポジショニングでボールを引き出し、前を向くプレイにも定評があるアタッカー」と評されておる。
攻撃の要として、ゴールに直結するプレイをしてくれよう。
好手にプラチナ世代が躍動し、ホームにて勝利を掴む。
理想の未来予想を期待してスタジアムに向かう。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク