小野と満男の“共演”

【鹿島×札幌】黄金世代の両雄が競演! ミツオとシンジが互いに抱いた想いとは?
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2017年06月18日


ポジションを取る小野に、小笠原が反応するが――。


ボールがある局面でのマッチアップはなかったが、久しぶりに同じピッチで小笠原と小野。ともに「もっと長くやりたかった」と惜しんだ。写真:徳原隆元

[J1リーグ15節]鹿島3-0札幌/6月17日/県立カシマサッカースタジアム

 至福のひとときは、あっという間に過ぎた。

 アディショナルタイムを含めれば、10分と少し。限られたプレータイムを、常勝軍団の闘将は「もう少し、長い時間やりたかったけどね」と、柔らかい笑顔を見せて振り返った。

 80分、札幌はこの日、3枚目の交代カードを切る。河合竜二に代わり、背番号44がタッチラインをまたぐ。“天才”の名をほしいままにしてきたファンタジスタの登場だ。

 1999年のワールドユースでファイナリストとなったU-20日本代表。いわゆる「黄金世代」だ。時代の寵児となった彼らも、いまやアラフォーと呼ばれる年齢になった。

 すでに現役を退いている者がいる一方で、あの頃と変わらず、日本のトップディビジョンでその雄姿を見せている者もいる。

 鹿島の小笠原満男と、札幌の小野伸二。かつて日の丸を背負い、ともに世界の舞台で戦ったふたりが、久しぶりに同じピッチに立った。

 中盤でパスを受けようとポジションを取る小野に、ボランチの小笠原が反応する。距離を縮める両雄のもとにボールが転がってくれば――。だが、コトはそう上手く運ばなかった。

「マッチアップする場面はなかったけど、鹿島を良い形で支えている選手だなってあらためて思った。本当に良い選手だなって」

 そう語る小野に、“もう少しやりたかった”という小笠原の言葉を伝えると、「そうですね。本当は最初から出て戦いたかったけど、チームのやり方があるので。もっと長くやれたら良かったと思う」と同調する。

 小笠原にとって、小野は「昔もいまも、ずっと俺の前を走っているひと」だという。だから、「ついていけるように頑張りたい」と言葉に力を込める。

 もっとも、小野からすれば「いやいや、彼のほうが前を走っているでしょ。僕が追いつけるように頑張りたい」と敬服する。

 盟友であり、ライバル。互いにリスペクトし合い、高め合うふたりは、これからも走り続ける。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)


小野と満男の“共演”について記すサッカーダイジェストの広島氏である。
試合終了間際の79分、札幌の小野が途中交代で出場し、黄金世代の二人が同じピッチに立つという素晴らしい時間が訪れた。
試合は点差がついており、ほぼ決まっておったとはいえ、満男と小野のプレイに目が行ったことは確かである。
ガチガチにやり合うシーンこそ無かったが、二人の存在感は大きなものであった。
この二人が牽引してきた日本サッカー界は確実に進歩してきた。
これからも、偉大なるプレイを続けて欲しい。
楽しみにしておる。

ギラギラ
ギラギラフットボール for iOS


ギラギラ
ギラギラフットボール for Android



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

満男とのマッチアップは試合前からの楽しみ。
小野がピッチに入ってからはボールよりも二人の位置を見ていました。

試合前練習を見ても小野のうまさはわかります。
選手紹介になってもピッチを出ずに鹿島コーチと親しく談笑して、ブーイングをもらってくれるのは役者ですね。

前半で3-0になって後半開始から出てくるのを期待したんですけど。
それでも見れただけいいかな。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク