アツ、上手く強弱をつけていきたい

【鹿島】絶好調の中村充孝が、指揮官から「ずっと言われていた」こと
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2017年06月18日


「それはやってほしかったし、できると思っていた」(大岩監督)


札幌戦では、両足で2アシストを記録。非凡なボールスキルでチームを勝利に導いた。写真:徳原隆元

[J1リーグ第15節/鹿島3-0札幌/6月17日/カシマ]

 3-1で快勝した前節・広島戦では、1得点・1アシストの際立つ働きぶりを披露した。札幌をホームに迎えた今節は、ゴールこそなかったものの、山本脩斗の先制点とペドロ・ジュニオールの追加点をお膳立て。大岩新体制になり、出場機会が増えている中村充孝が、ハイパフォーマンスを続けている。

 開始わずか2分、右サイドを深くえぐると、右足でフワリと浮かせたクロスを供給し、山本のヘディングシュートをアシスト。15分には、同じく右サイドを駆け抜け、対峙する相手DFをキックフェイントでかわすと、今度は左足で正確無比なパスを通し、P・ジュニオールのボレーシュートを演出した。

 文字通り、絶好調だ。立て続けに決定的な仕事をこなし、勝利に貢献している中村について、大岩剛監督は次のように評価している。

「僕が監督になる前から、彼には個人的に言ってきたけど、高いボールスキルと能力があって、あと足りないものとしては、味方を使ったり、ランニングして良いボールを引き出したりすること。それはやってほしかったし、できると思っていた。

 僕が監督になっても、チーム全体に走ることが重要だと言い続けていますけど、半分は彼に言っているようなもの。はたいて、出て行く。シンプルにやる。それがあってこそ、ボールスキルも生きてくる。

 この2試合で、あれだけのパフォーマンスを見せてくれている。これも、選手全員に言っていますが、大事なのはそれをやり続けること。充孝にも、これで満足せずに、やり続けてほしい。アイツが気分良くなるようなことは、あまり言いたくないんですけどね(笑)。だから、これからも言い続けますよ」

 指揮官のリクエストを見事に体現している背番号13は、自身のプレーをどう捉えているのか?

「(走りの部分は)監督がコーチの時から、ずっと言われていたし、自分もそこは課題だと考えていて、必要性もより一層、強く感じている。今は手応えもあるから、後半もさらに(プレーの質を)上げられるようにしていきたい」

優れた“アレンジ力”を武器に、さらなる活躍を期待。


精力的な走りもテンポの良いパスワークも、状況に応じた使い分けが大事だと語る。写真:徳原隆元

 もっとも、求められるプレーを確実にこなすと同時に、それだけでは終わらないところに中村の魅力がある。

「ただ、すべて走ればいいってわけではないとも思っている。ここぞという時にもしっかり走れる選手になりたい。やる時はやる。そこは見極めないと」

 攻撃のスピードアップをもたらすテンポの良いワンタッチパスも、高い技術のなせるワザだが、むやみやたらに多用しない。

「使い分けがすごく大事。シンプルに、テンポを上げるのはもちろんだけど、全部をダイレクトにするのは違うと思う。その時の状況や場所を踏まえて、上手く強弱をつけていきたい」

 チームの方向性に沿って忠実にプレーしながら、自分の頭で考え、効果的な変化を加えていく。その優れた“アレンジ力”を武器に、中村はさらなる活躍を見せてくれるはずだ。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)


アツについて取材したサッカーダイジェストの広島氏である。
大岩監督からコーチ時代から指導されてきたことが体現できるようになってきた。
まさに絶好調である。
そこを更に進化させ、更に偉大な選手と昇華してくれよう。
アツの活躍に期待大である。

ギラギラ
ギラギラフットボール for iOS


ギラギラ
ギラギラフットボール for Android



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中村選手の活躍は嬉しいです。移籍することも出来たでしょうが、鹿島に残る決断をした強さも尊敬します。

No title

>チーム全体に走ることが重要だと言い続けていますけど、半分は彼に言っているようなもの

監督の期待値が凄いですね(笑)
でも本当に彼のテクニック、パス、シュート、ドリブルは見る者を惹きつけます
しばらく鹿島の中盤に欠けていたモトや野沢の系譜ですかね
彼の抜きんでたスキルも献身的な走りを行うことで輝きを増します
天才が努力したらもう無敵じゃないですか(笑)

いつの時代も、鹿島の中盤前線には『変態』級のスゴイのが必要かと(汗)

これまでも新体制発足直後はポジションを奪いかけて、しばらくすると失う、が続いてきました。監督の言うように続けることこそ大切ですよね。

一時期、層の薄い2列目に補強か?なんて記事もありましたが、アツタカが実力どおりの活躍をすれば無問題。やってくれると思います。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク