アツの足が繰り出す変幻自在のパスが鹿島の攻撃を彩る

【鹿島 vs 新潟】 ウォーミングアップコラム:覚醒するリーグ屈指のテクニシャン
2017年6月24日(土)



指揮官が大岩剛監督に代わってから、リーグ戦では2試合連続で先発起用された。すると、1試合目では先制点となるゴールを決めると、続くレアンドロの得点をアシスト。2試合目にも山本脩斗とペドロ・ジュニオールの2つゴールを演出。2試合で6得点を奪ったチーム得点のなかで、じつに4得点が中村充孝(写真)の右足から生まれた。

見違えるプレーを見せる中村の心を大岩監督はガッチリ掴んでいる。
監督は動き続けること、プレーし続けることをチーム全体に呼びかけているが、「半分は彼に言っているようなもの」と中村への言葉だと言う。誰にも負けない技術を持ちながらそれを生かし切れない中村に、苦手な部分をしつこく説き続けた。中村にとっては耳が痛い苦言だろうが、その言葉に素直に従う。23日に45歳の誕生日を迎えた監督を氷風呂に突き落としたことは、2人の関係性を物語る。

「剛さんの指示は常にシンプル。持ってる時間を短く、テンポ良くボールをまわすように指示してくる。僕がゲームをつくるくらいのつもりでやらないとまわらない」
前線のアタッカーやブラジル人たちの能力を引き出してあげるのは、自分の役割だと自認する。

新潟戦でも、中村が前を向いたときはチャンスが生まれるはずだ。彼の足が繰り出す変幻自在のパスが鹿島の攻撃を彩る。

文:田中滋(鹿島担当)

明治安田生命J1リーグ 第16節
6月25日(日)18:30KO カシマ
鹿島アントラーズ vs アルビレックス新潟


アツをピックアップするJ’s GOALの田中滋氏である。
大岩監督が就任したここリーグ戦2試合で先発に起用されると、1G3Aと結果を出しておる。
大岩監督がコーチ時代から口にする「監督は動き続けること、プレーし続けること」を体現できるようになり、爆発した。
アツは、「剛さんの指示は常にシンプル。持ってる時間を短く、テンポ良くボールをまわすように指示してくる。僕がゲームをつくるくらいのつもりでやらないとまわらない」と語る。
チャンスメイカーとゲームメイカーを兼ね備えるようにアツに指導しておるように受け取れる。
アツの能力はそれを実現するであろう。
才能を更に開花させ、鹿島の13番としてピッチに君臨するのだ。
楽しみな選手である。

ギラギラ
ギラギラフットボール for iOS


ギラギラ
ギラギラフットボール for Android



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

明日もアツが大活躍をしてくれることでしょう!大いに期待しています。

No title

田中氏は右足と書いてますが2試合目は左足でもアシストを決めているので
左右両足なんですよね。
キープ力もありますしドリブル、裏抜けして得点力もある。
最近は運動量に合わせてボール奪取なんて守備のシーンも見られて
大岩監督の下でその実力を存分に出しつつあるんだなあなんて感動してます。
天才肌のテクニシャンの選手って球離れを速くして動き続ける事で本当に変わりますね。

何となく今のアツタカの姿が昔の二列目時代の満男を少し彷彿とさせて・・
後半もクオリティを下げずに1試合通じて鹿島の攻撃を牽引できるよう頑張ってください!

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク