テネリフェ・岳、アシストも1部昇格ならず

柴崎、2戦連続アシストも無念の途中交代…テネリフェは“逆転負け”で1部昇格ならず
17/6/25 05:53


テネリフェMF柴崎岳

[6.24 リーガ・エスパニョーラ2部 昇格PO決勝第2戦 ヘタフェ3-1(2戦合計3-2)テネリフェ]

 リーガ・エスパニョーラ2部の昇格プレーオフ決勝(ホーム&アウェー方式)第2戦が24日に開催され、MF柴崎岳が所属するリーグ4位テネリフェが3位ヘタフェのホームに乗り込み、1-3で敗れた。この結果、2戦合計3-2としたヘタフェが1シーズンでの1部復帰を決めた。

 21日にホームで行われた第1戦で1-0の勝利を収めたテネリフェは、柴崎を左サイドハーフの位置で先発起用。しかし前半9分に右CKのこぼれ球に反応したMFアレハンドロ・ファウルリンに左足で蹴り込まれ、ヘタフェに先制を許してしまう。さらに同12分には左サイドを崩されると、最後はグラウンダーのクロスから逆サイドでフリーになったFWダニエル・パチェコに右足シュートを突き刺され、リードを2点差に広げられた。

 早々と2試合合計スコアで1-2と逆転を許したテネリフェだったが、前半16分に柴崎がゴールを演出する。左サイドでボールを呼び込んだ柴崎が左足ダイレクトでグラウンダーのクロスを送ると、走り込んだFWアントニー・ロサノがスライディングで押し込んで1点差に詰め寄った。柴崎は第1戦に続いて2戦連続でのアシスト、さらにPO準決勝第2戦の決勝ゴールから3試合続けて、大舞台で目に見える結果を残した。

 しかし、2戦合計2-2としてアウェーゴールの差でテネリフェが優位に立ったものの、前半37分にFWホルヘ・モリーナのシュートのこぼれ球をパチェコに蹴り込まれ、再びヘタフェにリードを2点差に広げられてしまう。

 1-3とヘタフェにリードを許したまま後半を迎えると、得点シーン以外、なかなか好機を創出できなかったテネリフェは後半6分に柴崎に代えてMFアーロン・ニゲスを投入する。

 1点を返せばアウェーゴールの差で1部昇格を決めるテネリフェは、その後も何とか状況を打開しようと試みるが、ヘタフェの体を張った守備にはね返され続けてしまう。終盤には圧力を強めて押し込む時間帯が続き、ゴールに迫る場面も作り出したものの、最後まで得点は生まれずに1-3の敗戦。2試合合計2-3で敗れ、09-10シーズン以来となる1部昇格とはならなかった。


スペイン2部・昇格PO決勝2nd legにてアシストを記録したテネリフェの岳である。
2点先制されるも、岳が左サイドを抜けだしてボールを呼び込み、左足にてグラウンダーで速いクロスを送りゴールをお膳立てした。
この時点にてアウェイゴールで上回り、テネリフェが有利となった。
しかしながら、その後ヘタフェにゴールを許し、2試合合計2-3となり、1部昇格は成し得なかった。
岳は途中交代でピッチを去り、無念の試合となった。
岳が来季テネリフェにてリーガ・エスパニョーラを戦うことはなくなった。
フリー・トランスファーとなる岳は、夏からはどのユニフォームに袖を通すのであろうか。
去就に注目である。

ギラギラ
ギラギラフットボール for iOS


ギラギラ
ギラギラフットボール for Android



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

最後まで、岳のプレーを見たかったです。

スペイン一部で戦う柴崎選手が見たい。
朗報を待ちます。
ともかく、お疲れ様でした。
昇格争いを大いに盛り上げました。

No title

大一番で鹿島のような試合運びができれば昇格できたのに・・・・・
岳はナイスプレーでした。今後の活躍期待します。

疲労とか見えない部分は有ったと思うけれど最後までピッチに立って欲しかった
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク