優磨、銚子ふるさと大使就任

【吐玉泉】

銚子ふるさと大使を委嘱された鹿島アントラーズの鈴木優磨選手(左)と越川信一銚子市長=鹿嶋市神向寺

▲千葉県銚子市出身のJ1鹿島アントラーズの鈴木優磨選手(21)がきのう、同市で22人目の「銚子ふるさと大使」に就任した。鈴木選手は「本当にうれしい。サッカーで銚子を元気づけられるように頑張る」と抱負を述べた。
▲鹿嶋市神向寺のカシマスタジアムで大使委嘱の交付式があり、越川信一銚子市長(55)から委嘱状と伝統的工芸品「銚子ちぢみ」で織られた名刺入れなどが手渡された=写真。越川市長は「鈴木選手は子どもたちの憧れで銚子の誇り。知名度を生かし、銚子の魅力を伝えてほしい」と期待。
▲鈴木選手は、鹿島ユース(鹿島学園高)から2015年にトップチームに昇格した。昨年のクラブワールドカップで活躍するなど注目の成長株だ。銚子のお薦めを尋ねられると、「地元の魚を食べて、この体ができた。家ではよくスズキが出ていた」と出世魚を挙げた。


「銚子ふるさと大使」に就任した優磨である。
優磨は「本当にうれしい。サッカーで銚子を元気づけられるように頑張る」と語る。
水揚げ量日本一を誇るも、街は少々寂しい。
以前のような活気をもたらせるため優磨が躍動して欲しいところ。
お勧めの鱸を食べて元気な銚子の将来を期待したい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク