現在首位に立つ柏を相手に王者としてのプライドを見せつけられるか

【J1展望】柏×鹿島|首位の柏が昨季王者を迎え撃つ。鍵はサイドの攻防にあり
サッカーダイジェスト編集部
2017年07月01日


柏――“キム・ボギョン効果”が早くも表れるか。


故障者/柏=なし 鹿島=植田、町田
出場停止/柏=なし 鹿島=なし


J1リーグ17節
柏レイソル-鹿島アントラーズ
7月2日(日)/18:30/日立柏サッカー場

柏レイソル
今季成績(16節終了時):1位 勝点34 11勝1分4敗 24得点・14失点

【最新チーム事情】
●6月30日、全北現代からキム・ボギョンが合流。Kリーグはシーズン中だったこともあり、「コンディションは非常に良い」と下平隆宏監督も太鼓判を押す。
●トレーニングでは攻守に分かれて細部に渡り戦術をチェック。鹿島との大一番に向け入念に準備した。
●甲府時代のJ初得点と柏移籍後の初得点を、鹿島から挙げている伊東は、昨季のホーム&アウェーの鹿島戦2試合で1得点・2アシスト。「良いイメージがある」とサイド攻略に自信を窺わせる。

【担当記者の視点】
 6月30日、キム・ボギョンが合流。出場は7月30日の仙台戦からとなるが、新戦力の加入は早くも現有戦力たちに大きな刺激を与えている。

 この韓国人MFとポジションを争うと見られる中川、伊東、武富は、定位置確保のために結果を強く意識。鹿島戦でのアピールに燃える2列目の選手を中心に、鋭いサイド攻撃を仕掛けられるかが、勝敗を分けるポイントとなる。チーム内競争をさらに活性化させる“キム・ボギョン効果”は、早くも結果となって表われるだろうか。

 また、前節の札幌戦で、途中出場から決勝ゴールを決めたD・オリヴェイラも調子を上げている。この助っ人FWの起用法にも注目したい。

鹿島――大岩アントラーズの真価が問われる一戦だ。
鹿島アントラーズ
今季成績(15節終了時):3位 勝点30 10勝0分5敗 22得点・15失点

【最新チーム事情】
●6月30日は非公開で練習。柏との決戦を前に集中力を高めた。
●植田は前節・新潟戦で痛めた足首の状態が良くないため、先発は難しい状況だ。
●昌子は「昨年のアウェーの柏は強い相手だった。今年は勝てるように」と意欲。

【担当記者の視点】
 大岩アントラーズの真価が問われる一戦だ。

 監督就任から、ここまで3連勝。盤石の戦いぶりを見せているが、現在首位に立つ柏を相手に王者としてのプライドを見せつけられるか。

 左膝の怪我で離脱していたL・シルバが前節に復帰を果たすも、今度は植田の負傷欠場が濃厚で、戦力的な不安は拭えない。とはいえ、柏の勢いを上手くいなしながら、徐々にポゼッションを高めていき、相手の両サイドの裏に深く侵入する回数が増えれば、勝機は高まるはずだ。


「戦力的な不安は拭えない」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
それほどに植田の欠場は痛い。
今季の開幕時からCBの層の薄さは指摘されておったが、町田の長期離脱で決定的なものになっておった。
そこに植田が離脱となり、ブエノが外国人枠の関係で起用できぬとなり、三竿健斗を回す非常事態となっておる。
とはいえ、軸となる源も、健斗も、共に声を出すタイプの選手であり、コーチングにて補完し合えるのではないかと思える。
不安に思うよりも、健斗の選手としての幅の広がりに期待したいところ。
また、レオ・シルバの相棒には永木が起用される見込み。
前節・新潟戦ではベンチ外であったが、大岩監督の信頼は厚い様子。
この大一番では、永木を使ってきた。
このWボランチにて中盤を制圧するのだ。
そして攻撃陣にボールを渡し、ゴールに繋げよ。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レオも永木もボランチとしての能力は一級品でそこは心配していないのですが
ともに相手選手に食らいついてボール奪取する猟犬スタイルの為、
空いたバイタルをケア出来る選手がいなくなるのが不安です。

猟犬系・・レオ、永木
アンカー系・・・満男、健斗

健斗をCBに回すのなら満男が居た方が良いと思うのは私だけでしょうか。

鹿島

夢生、勝て

同じ意見です。
最終ラインは山本が無理に上がらずにバランス取るでしょうが、ボランチは明日この並びだと、永木にアンカー的な役割を任せるなら問題ないと思いますが、両者が狩モードになって縦のバランスが崩れた時が怖いですね…。
ミッドウィークに試合が組まれてるのでローテーションするのでしょうが、スタメンが気になります。

願掛けて日立台の周りを2周走ってきました。明日は2点取って勝ちます。

夢生に期待!

脩斗の所はレオも上手くカバーしてくれると思う

明日はPJ、優磨のゴールで勝ち!

ワクワク

いわゆる勝ち点6の価値のある試合ですね。
個人的には、ダブルを食らった事もありますが、
昨シーズン最もやらせて貰えなかった、らしさを封じられて強いと感じたチーム。
それだけに他のチームに負けた報を聞くと、あれ??と(苦笑)
8位という順位も信じれなかった。
(とはいえ、チャンピオンのウチと勝ち点5差と僅かですが(苦笑))
この対戦は過去3年いずれかのチームのダブルという極端な結果。
それだけに先に取って優位に立ちたいです。
石井鹿島と大岩鹿島の違いを測る意味でも
今の勢いが一過性のモノかどうかを測る意味でももってこいの相手。
ここで叩いて勢いを奪い、こちらが加速しましょう!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク