伝説のFKか

ロナウジーニョの“アレ”みたい?鹿島MF永木亮太、「超FK」をもう見たか
2017/07/03 12:00
Written by 編集部S


先週末に行われたJ1の上位対決、柏レイソル対鹿島アントラーズ戦。

試合は2-3という打ち合いの末鹿島が敵地で勝利し、柏を首位から引きずり下ろした。

そんなこの一戦は豪快なゴールがいくつか生まれたのだが、なかでもお見事だったのは1-1で迎えた56分に永木亮太が決めたこの一撃!



ゴールまで25mはあろうかという距離から、インスイングの強いボールを蹴った永木。

角度が角度だけに味方選手に合わせてくるかに思われたのだが、ゴールエリアの近辺でボールはグイッと曲がる!するとそのままトップコーナーに吸い込まれ、これが直接ゴールとなった。

ピッチにいた誰もが騙され、日本代表に選出されたGK中村航輔をしても防げず…。ポジショニングに若干問題があったとは言え、それでもあれだけ大きく曲がってくれば止めるのは難しかったかもしれない。

試合後、この得点について「狙ってないです」とコメント。

また、「GKと相手のDFの間を狙ったんですけど、蹴った瞬間に風が多分吹いて、その風に乗ってうまく入ったんじゃないかと思います」と話しており、練習の時から言われていた「ポイントに入る選手のところに落とす感じ」を意識したのが吉と出たという。

永木にとって、これが鹿島移籍後のJリーグで初得点。湘南ベルマーレ時代は直接フリーキックからゴールも奪っていたが、永木と言えばどちらかというストレート系の印象が強い。

2002年のワールドカップ、ブラジル対イングランド戦でロナウジーニョが決めたあのフリーキックを思い出させるような意表をついた得点だった。


柏戦の永木のFKについて伝えるQoly誌である。
誰もが味方選手に会わせると思われたボールは、大きく曲がってゴールのファーに吸い込まれた。
素晴らしいFKであったと言えよう。
永木本人は狙っておらぬと言うが、結果は満点であった。
Qoly誌は、このキックを2002年日韓W杯のイングランドvsブラジルのロナウジーニョと重ね合わせる。
事実上の決勝戦とまで言われたこの対戦は、このセットプレイが決勝点となりブラジルが制した。
飛び出したシーマンを責めるよりも、決めたそして狙ったロナウジーニョを賞賛するところ。
今回については、永木は狙っておらぬとは言うが、決めた事実は素晴らしい。
これから多くのゴールを決めていって欲しい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

原理主義さん、いつも丁寧な収集ありがとうございます。

亮太のFK、痺れました。。ダゾーン観戦だったので、生で観たかったですね。

ツイッター界隈では少しだけ話題になっていましたが、私が咄嗟に浮かんだのは、08-09のCLの一回戦のバルサ対リヨンのジュニーニョのFKでした。位置はよりゴール寄りでしたが弾道が似てました。

https://youtu.be/Maf96BtpnQ4

亮太のインサイドに乗せる感じのパワフルなフリーキックは、満男や野沢ともまた違って独特です。さすがゴリラ亮太ですね笑。

これからも期待大です。

原理主義さん、いつも丁寧な収集ありがとうございます。

亮太のFK、痺れました。。ダゾーン観戦だったので、生で観たかったですね。

ツイッター界隈では少しだけ話題になっていましたが、私が咄嗟に浮かんだのは、08-09のCLの一回戦のバルサ対リヨンのジュニーニョのFKでした。位置はよりゴール寄りでしたが弾道が似てました。検索するとYouTubeで観られます。

亮太のインサイドに乗せる感じのパワフルなフリーキックは、満男や野沢ともまた違って独特です。さすがゴリラ亮太ですね笑。

これからも期待大です。

No title

シーマンに反応してしまいました(笑)
以前からどこかで見た事ある顔だなと思っていたのでw

知らない世代もいそうですが(汗)

バクスタから見ていたのでまさにこちらに向かって飛んでくる軌道だったのに、くくっと音がするような曲がり方をしながらゴールに吸い込まれたのにぞわっときました。風が吹いたのならまさに神風。願掛けランをした甲斐がありました。来年もやりますよ笑
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク