互いに勝利は譲れないビッグマッチになることは必至だ

首位浮上を懸けた一戦の舞台は、鹿島にとって“幸運の地”吹田S
例年にない混戦模様が続く明治安田J1で、東西の常勝軍団が“首位獲り”を懸けて激突する。AFCチャンピオンズリーグの開催で順延されていた第13節で火花を散らすのが、暫定ながら3位の鹿島と4位のG大阪だ。

「今季のJリーグでは上位陣も取りこぼしをしない状態が続いているし、一つでも負けてしまうと差を離されてしまうという危機感がある」と話す倉田 秋の言葉は、両チームにとって共通するものだろう。

暫定首位のC大阪を勝点2差で追う鹿島にとって、勝てば待望の首位浮上。一方、G大阪も3点差以上の勝利で、今季二度目の単独首位に立てる一戦だ。

似た立ち位置にある両者だが、直近の試合はいずれも接戦の末に3-2のスコアで勝ち切っており、モチベーション的にもチームの雰囲気的にも充実した状態でのぶつかり合いが期待できるはずだ。

「次こそ勝利は譲れない。連戦が続くので、次の鹿島戦も非常に大事な試合になる。攻守両面にアグレッシブにプレーしたい」。J1第17節・仙台戦で見事なシュートを決めている井手口 陽介が「次こそ」と意気込むのはもっともだ。ホーム・市立吹田サッカースタジアムでは、鹿島に昨季の開幕戦で敗戦。仙台相手に後半アディショナルタイムで勝ち切った勢いを、難敵・鹿島にぶつけたい。

「相手に応じて臨機応変に形を変えたい」と話すのは長谷川 健太監督だ。中3日で行われる夏場の連戦だけに、遠藤 保仁や今野 泰幸らの起用法は一つのポイントになるだろう。長谷川監督も言う。「しっかりとコンディションを整えさせて、ホームでもっとアグレッシブなサッカーをやれるように準備をしていきたい」。泉澤 仁や藤本 淳吾ら実力者がサブにそろうのも心強い材料で、得点こそなかったものの、仙台戦ではアデミウソンがキレのあるプレーで攻撃をけん引。オランダのFCフローニンゲンへと期限付き移籍した堂安 律の不在を感じさせない層の厚さで、鹿島に勝ち切りたい。

一方、4連勝中の鹿島にとって市立吹田サッカースタジアムは“幸運の地”である。J1だけでなく、FIFAクラブワールドカップや天皇杯を含めて公式戦4戦全勝。南米王者を下し、世界中に「カシマ」の名をアピールした良いイメージとともに乗り込んでくるはずだ。

大岩 剛監督の就任後、4連勝と波に乗る鹿島だが、J1第17節・柏戦で決勝ゴールをたたき出したペドロ ジュニオールにとっては古巣との一戦ということもあり、ひときわモチベーションを高めているに違いない。

ただ、鹿島は柏戦から中2日でのアウェイ戦だけに、日程的にはG大阪に分があるのも間違いない。

Jリーグで最多のタイトルホルダーである鹿島と、2位のG大阪の顔合わせに凡戦なし――。互いに勝利は譲れないビッグマッチになることは必至だ。

[ 文:下薗 昌記 ]


「モチベーション的にもチームの雰囲気的にも充実した状態でのぶつかり合いが期待できるはずだ」と記すJリーグ公式の下薗氏によるプレビューである。
共に勝てば首位となる可能性を秘めた戦いだけに、非常に高いモチベーションにて挑むこととなる。
特に日程が過密となっておる鹿島にとっては、緊張感が途切れることなく戦いが続く。
ここは、日程を組んだ、仕組んだ側に対しても戦いを挑むということもモチベーションとなる。
この逆境を跳ね返してこそ、笑うことも出来るというもの。
公式戦4連勝中の吹田スタジアムにて、5勝目を記録したい。
気持ちの高ぶる一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

日程は不利でも、勢い、士気は断然鹿島が上
ブラジルトリオ、土居、金崎など主力は上昇ムードだし、大黒柱小笠原や遠藤は前節温存できてるし、プラス材料もガンバを上回る
さらにガンバキラーの優磨も健在!
サポーターの熱気だってまだ冷めてないし、次も勝つ!

調子がいい時はあまり試合間隔が空かないほうが良い。と小笠原。鹿島は多分連勝しますよ。

そうだ!日程組んだ奴らをギャフンと言わせてやればいい!頑張れ!鹿島!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク