GK二人にイエローカード

【G大阪×鹿島|この一枚】珍しいGK同士のバトル。互いにヒートアップしたふたりは…
サッカーダイジェスト編集部
2017年07月06日


諦め切れない東口が飛び込み、曽ケ端と激突。


こぼれ球を巡り、東口(赤)と曽ケ端(緑)が激突。互いにヒートアップしたふたりにはイエローカードが提示された。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

[J1リーグ13節]G大阪 0-1 鹿島/7月5日(水)/吹田S

 あまり例を見ないGK同士の“バトル”だった。

 7月5日に行なわれた順延分のJ1第13節・G大阪対鹿島の一戦。アウェーの鹿島が1点リードで迎えたロスタイム、ホームのG大阪がCKのチャンスを得る。

 G大阪はGKの東口も攻め上がってスタンバイ。すると、混戦のなかでその東口が、エアバトルには定評のあるファビオより素早く反応し、ルーズボールを渾身のダイビングヘッドで押し込む。

 しかし、これは三竿健にブロックされ、こぼれ球を鹿島のGK曽ケ端が抱え込むや否や、諦め切れない東口がそこに飛び込み、両者が激突。互いにヒートアップしたふたりを他の選手たちが止めに入り、大事にはならなかったが、東口と曽ケ端、それぞれにはイエローカードが提示された。


東口の渾身のダイビングヘッド。エアバトルには定評のあるファビオより素早く反応して押し込んだが、ネットは揺らせなかった。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)


ガンバ戦終了間際の騒動について記すサッカーダイジェスト誌である。
CKに上がってきたガンバのGK・東口がダイビングヘッドを試みるが三竿健斗が弾き、そのこぼれ球を曽ケ端がキャッチした。
ここで、プレイが途切れれば試合終了でなんの問題もなかったはず。
しかしながら、ガンバの22番がキャッチしているボールを蹴るという暴挙に出た。
この危険なプレイに激高した曽ケ端が東口に向かうという行動に出た結果、両者にイエローというジャッジが下された。
ここは、ガンバの22番のファールを取っておれば、こうはならなかったように思う。
結果的にGK二人にイエローカードという珍事が起こってしまった。
二人とも、貰った事故でカードで不満もあったのではなかろうか。
珍プレイである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

東口 ひどい

ガンバの22番になんでキャッチしてるのに蹴ってるんだ?と思った直後、

東口がダッシュでソガ神に猛烈なチャージ。

ソガ神がキャッチしてから、数秒経過してるのに。

同じGKとして、ソガ神が怒るのは当然でしょう。

No title

東口はレッドで退場だろ

諦めない事と暴力を履き違えてはいけない
度重なる審判のアントラーズいじめに嫌気が差す
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク