サッカーダイジェスト ガンバ戦寸評

【J1採点&寸評】G大阪0-1鹿島|鮮やか決勝点の遠藤康を最高評価!G大阪は井手口陽介の健闘が光った
サッカーダイジェスト編集部
2017年07月07日


G大阪――両サイドバックの積極的な攻撃参加がほしかった。


【警告】G大阪=倉田(90+2分)、東口(90+5分) 鹿島=曽ケ端(90+5分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】遠藤 康(鹿島)


[J1リーグ13節]G大阪0-1鹿島/7月5日/吹田S

【チーム採点・寸評】
G大阪 5.5
堅い試合展開で決定機は鹿島より多く作ったが、ものにできず無得点。攻撃の柱の不在ぶりが浮き彫りになった。

【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6
前半に決定機を防いだが、失点シーンはシュートの可能性を感じきれずニアを射貫かれた。わずかな隙を突かれた。

DF
2 三浦弦太 6
金崎に起点を作られることはあっても、前を向かせての決定的仕事はさせず。安定感を見せた

3 ファビオ 6
左サイドに流れるP・ジュニオールに手を焼いたが、決定機は作らせなかった

4 藤春廣輝 5.5
守備に追われたこともあり、積極的な攻撃参加が見られず。左サイドの攻めが単調になった

22 オ・ジェソク 6
攻撃参加はほとんどできず、守りに特化。無難なプレーぶりだった

MF
8 井手口陽介 6.5
ボール奪取の迫力は出色で、経験ある相手の2ボランチにもまともに仕事をさせなかった。ゴール前まで駆け上がったところでなかなかボールが出てこなかった

10 倉田 秋 6
開始早々の決定機を逸す。ドリブルで持ち上がりチャンスメークもしたが、ゴールを生み出すことはできなかった。

15 今野泰幸 6(65分OUT)
動き回る井手口とのバランスを取り、自身もデュエルの強さを見せたが、攻撃面での迫力も欲しかった。

G大阪――アデミウソンのボールロストが勢いを削いだ。

25 藤本淳吾 5.5(87分OUT)
序盤はアデミウソンへのスルーパスなど見せ場もあったが、右サイドでタメを作る場面も徐々に減少。判定に苛立ちを見せる場面も。

FW
9 アデミウソン 5(72分OUT)
敵陣深くまで持ち上がるシーンも数回あったが、その後の精度を欠いた。中盤で収まりがなく、頻出したボールロストがチームの勢いを削いだ。

20 長沢 駿 5.5
前半はハイボールをヘディングつなぐなど起点になったが、後半は存在感が低下。前半のGKとの1対1を決められなかったことも痛かった。

交代出場
MF
7  遠藤保仁 5.5(65分IN)
ビハインドで攻撃の切り札として投入されたが、中盤での細かいパス交換に終始。劇的な変化を起こすことはできなかった。

39 泉澤 仁 5.5(72分IN)
得意のドリブルを披露する場面が少なく、特長を出せる展開になかった。周囲との連係が取り切れていないか

FW
13 呉屋大翔 ―(87分IN)
エリア内に進入して見せ場はあったが、ストップされて決定機にできず。最後のジョーカーとしてはここで仕事を果たしたかった。

監督
長谷川健太 5.5
今野、井手口の2ボランチで選んだ堅い勝負に間違いはなかったが、1発で仕留められる攻撃の核が不在。不調に見えたアデミウソンの交代も、もう少し早くてもよかったか。

※MAN OF THE MATCH取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

鹿島――曽ケ端が1対1を止めるビッグプレー。

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
決して内容はよくないなかで、首位ターンを決める大きな勝点3。守備陣の粘り強さと勝負強さが光った。

【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ヶ端 準 7
久々の先発ながら前半に1対1をセーブするビッグプレー。終了間際にもボールを抑え込んで気迫を見せ、最後まで集中を切らさなかった。

DF
3 昌子 源 6.5
守勢に回る時間もペナルティエリア内では自由にさせず、堅い守備を見せた。前半にパスミスから許したカウンターは反省点。

16 山本脩斗 6
左サイドから崩される場面はほとんどなく、中村とともに堅守で貢献。サイドの攻防での強さが光った。

20 三竿健斗 6.5
ラインが崩れることもあったが、相手2トップを自由にさせず起点を作らせなかった。

22 西 大伍 6.5
前半にはL・シルバのサイドチェンジを受け、ピンポイントクロスで決定機を演出。遠藤とともに右サイドの攻防で主導権を握った。

MF
4 レオ・シルバ 6.5
ほとんど穴は作らず、攻守で安定感をみせた。守備ではデュエルの強さを披露し、攻撃では長短のパスで流れをもたらした。

13 中村 充孝 6.5(76分OUT)
前半の決定機を決めていればもっと楽な試合展開にできていたはず。ゴールに絡むプレーが求められる。

鹿島――ニアを抜いた遠藤の決勝点は見事のひと言だ。


鮮やかな決勝点を決めた遠藤。コンディションは戻ってきたようだ。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

25 遠藤 康 7.5(87分OUT)
右サイド深くの角度のないところから得意の左足で意表を突くシュートを放ち先制点をねじ込んだ。決め手を欠いていた中で値千金のゴール。

40 小笠原満男 6
決定的なパスを通して先制点をアシスト。相手ボランチのプレスに苦しんだが大きな仕事を果たした。

FW
7 ペドロ・ジュニオール 6(60分OUT)
右サイドに流れてスピードで突破を試みる場面も多かったが、チャンスは作れず。ゴールに迫る迫力は見せられなかった。

33 金崎夢生 6.5
タイトなマークに苦しみながらもボールを収め、攻撃の起点に。最後までハードワークしたが、決定機もあっただけにゴールが欲しかった。

交代出場
8 土居聖真 6(60分IN)
リードしてから投入され、前線から献身的な守備で貢献。攻撃での違いも見せたいところだった。

24 伊東幸敏 6(76分IN)
右サイドバックに入り、攻め上がってロングシュートも披露。短い時間ながらも存在感をみせた

6 永木亮太 ―(87分IN)
クローザーとして登場し、クロスに体を張って止めるなどチームを安定させた

監督
大岩 剛 6.5
首位でリーグ折り返しに成功。就任後5連勝とチームを加速させた。

※MAN OF THE MATCH取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


サッカーダイジェストによるガンバ戦の寸評である。
完封勝利に総じて非常に高い評点が付けられておる。
その中でヤスに突出した評価とMOMが与えられた。
やはり値千金のテクニカルなゴールはインパクトも結果も最高のものと言って良かろう。
西とのコンビで右サイドを活性化させ、鹿島らしい試合展開に持ち込んだのはヤスの起用があってこそ。
また、曽ケ端にもとても高い評点が付けられておる。
二度のビッグセーブがチームを救った。
集中力の賜物である。
その二つとも三竿健斗が絡んでおることは、偶然ではなかろう。
健斗は2試合連続でCBとして起用されたが、内容は大きく異なった。
この短い期間に劇的に進化したことも含めて、陰のMVPと呼んで良いのではなかろうか。
また、夢生とレオ・シルバがこの試合では存在感を示しておった。
センターラインに軸が出来たことが、柏戦・ガンバ戦と続いた強豪との超過密日程を連勝した理由ではなかろうか。
この二人は特別な存在であると改めて感じた。
アウェイ4連戦も折り返した。
気持ちを切らすことなく、勝利を積み重ねたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク