三竿健斗、ボランチでは誰にも負ける気がしない

鹿島5連勝をもたらした“臨時CB”。
三竿健斗、全ては中盤で輝くため。

posted2017/07/07 08:00


大岩監督から高く評価されている三竿。兄の雄斗とともに常勝・鹿島のワンピースとして実力を育んでいる。

text by
佐藤俊
Shun Sato

PROFILE
photograph by
J.LEAGUE PHOTOS


 鹿島アントラーズがリーグ戦折り返しのタイミングで、首位に浮上した。

 上位につける柏レイソル、ガンバ大阪に連勝したのは、チームにとって大きな意味を持つ。それは3-2の逆転勝ちを飾った柏戦で強く感じたところだ。

 試合は激しい打ち合いになった中、金崎夢生らの個人技と柏の猛攻を体を張って守った鹿島の守備陣の奮闘が勝利に結びついたといえる。

 その中で三竿健斗は不慣れなセンターバックに入り、Jでも屈指の身体の強さを持つクリスティアーノとマッチアップした。1対1の勝負に果敢に挑んだが、独特の間合いで勝負を仕掛けられ、足を出した瞬間に股抜きされるなど後手を踏んだ。

「(昌子)源くんや西(大伍)さんには“抜かれてもいいから、できるだけ時間をつくっていけ”って言われたんです。相手が誘ってきているのが分かっていたので、自分が逆に誘ってボールを奪いたかったんですが、すぐに体を入れ替わられたりして……。それでも点を取られなければと割り切っていたんですが1点を決められましたし、今日は完全に駆け引きで負けました」

「センターバックの守備がまだ体に染みついていない」

 本職のボランチであれば、背後に最終ラインがあるので自分の間合いで思い切りガツンと厳しくアプローチにいけただろう。だが、当たり前のことだがセンターバックは抜かれるとGKしかいないので、闇雲にボールを取りにいって交わされるわけにはいかない。

「センターバックの守備がまだ体に染みついていない」

 こう三竿は語っていた。センターバックを務めたのはACLの広州恒大戦以来、まだ2度目のことである。本職ではない選手が守備の要を務める“違和感”を、ぬぐいきれていないのは間違いない。

 そんなギャップに苦しんだ選手は多い。代表的な例は阿部勇樹だ。オシムジャパンが戦った2007年のアジアカップでは、本職のボランチではなくセンターバックに入って戦った。そのときもボランチのアプローチがなかなか抜けず、相手との距離感を含めてセンターバックの守備感覚をつかめずに苦しんでいた印象が強い。

「今は監督が信頼してくれているのを感じられる」

 ただ、三竿はセンターバックでのプレーを前向きにとらえている。

「一番は試合に出ることが大事だと考えているので、そこは割り切っています」

 そう言えるのは、昨シーズンから今シーズン中盤まで、なかなか試合に出る機会がなかったからだ。東京ヴェルディから鹿島に移籍した昨年はリーグ戦わずか4試合の出場に終わった。今シーズンに入ってもなかなか出番を与えてもらえなかった。

 だが、5月31日、石井正忠監督が成績不振で解任されると潮目が変わった。大岩剛新監督になってからは第14節・広島戦でボランチとしてスタメン出場。続く札幌戦、新潟戦もボランチとして先発フル出場を果たした。この柏戦は植田直通の怪我があって、対人プレーの強さと守備能力の高さを評価されてセンターバックに抜擢された。一連の起用を踏まえれば、三竿は大岩監督の目指すサッカーに欠かせない存在になっている。

「今、こうして試合に出れているのは、(大岩)剛さんが評価してくれているからだと思います。前はなかなか試合に出られなくて監督から信頼されていると思っていなかったし、自分のことをどう思っているのか不安に感じていた部分もあった。でも、今は監督が信頼してくれているのを感じられるので自信をもってプレーできています」

自分がボランチで出た時、CBの気持ちが分かる。

 大岩監督が就任して以降、鹿島はリーグ戦5連勝を果たした。その中で三竿は好調をキープするチームの象徴になりつつある。植田が復帰するまではおそらくセンターバックとしての起用が濃厚だが、それも今後ボランチとしてプレーする上での肥やしにするという。

「自分の良さは、センターバックの前でドッシリと構えてボールを奪ったり、高さがあるのでセカンドボールを跳ね返したりできること。そういう部分は誰にも負けないですけど、まだまだ成長できると思うんです。今回、センターバックでプレーしていると、ここにボランチにいてほしいと思う時があるんです。それが分かってきたので、自分がボランチで出た時は“今いてほしいところ”にポジショニングできると思います」

 どんな状況だろうが、どこのポジションだろうがそれを受け入れて、割り切って戦えるポジティブな性格。それと同時に“一発芸”を披露する明るさもある。センターバックを務めることで、ボランチとしての幅をさらに広げることができれば、大岩監督だけではなくどんな監督にも起用される選手になれるはずだ。

永木も三竿の成長を高く評価し、競争心を持っている。

 同じくボランチの永木亮太は、三竿の能力を高く評価している。

「年齢にしては落ち着いているし、周囲もよく見えている。昨年はなかなか試合に出れなかったけど、今年は出場機会を与えられて目に見えて成長している。鹿島のサッカーにすごく合う選手ですし、自分もすごく刺激をもらっています」

 永木も昨年、鹿島に移籍した時、なかなか試合に出場できなかった。徐々に存在感を出し、試合に出るようになり、日本代表にも選出された。それだけに三竿の今の意欲的な姿勢や気持ちはよく理解できるのだという。

 もともとは世代別代表時代から実績のある選手である。

 U-17W杯ではベスト16進出に貢献。ヴェルディでは大型ボランチとして高い評価を受け、プロ1年目から開幕スタメンでプレーした。それゆえボランチでのプレーに自信もプライドもある。鹿島にはレオ・シルバと永木、そして小笠原満男といった面々が控えるが、堂々とレギュラー獲りへ宣戦布告をする。

「ボランチではだれにも負ける気がしないですし……」

「今日みたいな試合でも自分がボランチとして出ればいつも通りにプレーできると思います。ボランチでは誰にも負ける気がしないですし、常にボランチの1番手として使われるようになりたい」

 温和な表情の中に強烈な負けん気が充満している。もっとも、そのくらいの強い気持ちがなければ鹿島でレギュラーを取ることは難しい。

 三竿の負けず嫌いは、リオ五輪世代にも向けられている。

 AFC U-23アジア選手権カタール2016では優勝したが、サウジアラビア戦の1試合しか出場できず、悔しい思いをした。目標だったリオ五輪にも出場できず、最終予選でともに戦った仲間が所属チームでレギュラーになったり、海外移籍を果たしていくのを悔しさを噛み締めた。久保裕也、浅野拓磨、遠藤航は日本代表のメンバーに入り、チームでも活躍している。三竿からすれば少し差を広げられた感があるだろう。

「うさぎと亀」ではないが、最後は自分が成功を。

「同年代の選手はもう海外に行ったり、代表に入ったりしているんですが、もちろん負けたくないという気持ちが強いです。でも、今は鹿島でスタメンを取ることを目標にして、1歩ずつ追い付いていければいいかなと思っています。鹿島でレギュラーを取れれば自然と代表にもつながると思うんで」

「うさぎと亀」ではないが、最後は自分が成功してやる、という思いが伝わってくる。

「今日の反省を生かしていけば、これからもっと良くなると思います。とにかく失敗してもいいからどんどんチャレンジしていきたいと思います」

 鹿島の明日を担う新星は、まだ21歳。いろんなことを割り切りながら徐々に本領を発揮しつつある。


三竿健斗について記すNumberWebの佐藤氏である。
「ボランチでは誰にも負ける気がしないですし、常にボランチの1番手として使われるようになりたい」と言う自信に溢れたコメントから健斗の性格が垣間見られる。
この過密連戦は植田の負傷もあり、CBとしてフル出場しておる。
柏戦こそ不慣れなところを露呈したが、ガンバ戦では修正し、決定機を2度も阻止するなどセンスを見せつけた。
そして、健斗はこのCBでの出場も、ボランチとして成長する糧と捉えておる。
また、年代別代表に名を連ねておった健斗であるが、リオデジャネイロ五輪メンバーから漏れ、フル代表には届かずにおる。
「同年代の選手はもう海外に行ったり、代表に入ったりしているんですが、もちろん負けたくないという気持ちが強いです。でも、今は鹿島でスタメンを取ることを目標にして、1歩ずつ追い付いていければいいかなと思っています。鹿島でレギュラーを取れれば自然と代表にもつながると思うんで」と語り、まずは鹿島でと地に足を着けておる。
この落ち着きもボランチ向きと言えよう。
そして、「今日の反省を生かしていけば、これからもっと良くなると思います。とにかく失敗してもいいからどんどんチャレンジしていきたいと思います」とチャレンジを恐れぬメンタルと、向上心を持つ。
健斗は大きく成長して行くであろう。
その瞬間瞬間を共に目の当たりに出来る我らは幸せである。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

ここ最近の成長曲線も素晴らしいけど、過密日程ずっと出ずっぱりの中で走り切れてるんですよね。それも素晴らしい。チームを助けていると思います。

状況次第ではではSBもこなしてくれそうですね。

すでになくてはならない選手になってると思います。

No title

あべちゃんを例にだされているが,鹿島だと青木さんっぽいユーティリティをつけてほしい。

あと記事だと大岩監督から的な感じになっているけど,おそらく石井さんだったとしてもすぐスタメン食い込める
ぐらいになっていたんじゃないかなって思います

声を出せてポジショニングで勝負するタイプ。
中田っぽいですね。

めずらしく10代の選手に違約金を払って獲得したフロントの眼力は確かです。

No title

元々、身体能力、守備能力は高いのに
あの若さでちゃんとコーチングできる。素晴らしいですよね
試合に出る毎に意識高く課題やミスを修正していくので
成長も早い賢い選手だなと思います。

ハイボールに強くバイタルを埋める守備が出来るのは彼のストロングポイントで
大岩監督がスタメン重用しているのもおそらくレオと永木がこのタイプでは無い事を
理解しているから欠かせないんだと思います。
本人も良く分かっているようなのでこのままスタメン定着して頑張って!
CBやボランチの守備に慣れてきたら彼本来の高い技術、パスセンスもどんどん出していって欲しいですね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク