ペドロのシュート

FC東京戦前日練習


明日のFC東京戦へ向け、セットプレーやレクリエーションゲームなどで最終調整しました。


シュートを放つペドロ・ジュニオールである。
好調な様子が伝わってくる。
先日のガンバ戦でも、先制点のシーンは、まず一旦PJがヤスにパスを渡したところから始まっておる。
攻撃の起点として機能しておる。
この先生を守るという意図もあり、PJはガンバ戦を途中交代となった。
この指示には、明らかな不満の意思を評しておったことが印象的であった。
イエローを1枚貰っておったこともあるが、過密日程ですぐにやってくるFC東京戦への温存と考えるのが妥当であろう。
ゴールはこのFC東京にぶつけるのだ。
勝利を飛び込む得点を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

あの交代シーン
ちょっとドキドキしました(^◇^;)

交代に不満だったのは闘志のあらわれで、采配批判とかではなくて、次は決めるぞ!という気持ちで溢れてるのだと思う。
その証拠にゴール決めたペドロはいつもエンブレムを指さし、「みんなで決めたぞ!」というアピールをしてるし、自分勝手なことはしないで常にチームを第一に考えている
前回の分とガンバ戦の分も合わせて3点、今のペドロなら充分取れそう

No title

左サイドから切れ込んでのドリブルシュートは得意な形みたいですね
そういう特定のゴールパターンを持っている選手は本物のストライカーだと思います。
調子を上げチームにもフィットしてここ最近(特に大岩政権下)では
間違いなく助っ人外国人の働きをしてくれていますね。

夢生と組む強力2トップは相乗効果もあり相手チームには凄く脅威ですし
負傷もある夢生の依存度を減らすWエース体制は鹿島に安定した得点力をもたらします。
これで聖真優磨金森も控えているわけですから本当に楽しみです。
今季はぶっちぎりましょう!

プライド

やはりFWたるものあれぐらい自尊心が無ければ。
CR7なんか、複数点取っていて、試合の趨勢が決まってお役御免という
シチュエーションですら物議をかもす振る舞い見せますからね(苦笑)
(昨シーズンはジダンが何とかターンオーバーを納得させましたが)
PJも連続でゴールも決めていて、乗っている所ですから尚更です。
だから監督もしっかりその場で引き留め、声を掛けたのでしょう。
確かにチームに不和をもたらしたり危うい面も有りますが、
生き残っていくには制御出来ない位の情熱が必要なのも確か。
今ウチのファーストチョイスの二人は誰かと考えれば納得でしょう。
今日も大暴れ期待しています!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク