徳島・太郎、こぼれ球に詰める

名古屋 vs 徳島】杉本の追加点で名古屋を突き放す!
2017年7月8日(土)



後半10分には、馬渡のシュートのこぼれ球を杉本太郎がしっかり詰め、徳島が2-0とする。

その後も徳島が試合を優位にすすめ名古屋で2-0で勝利し、リーグ戦4連勝。勝点を39に伸ばし、首位湘南との勝点差を5、2位福岡とは4と詰め寄った。

写真=ゴール後、ゴールのきっかけとなったシュートを放った馬渡に集まる選手たち。

徳島4連勝!!長谷川徹が“恩返しセーブ”で立ちはだかる…名古屋は6試合で5敗目と大失速
17/7/8 20:24

[7.8 J2第22節 名古屋0-2徳島 豊田ス]

 徳島ヴォルティスが敵地で名古屋グランパスに2-0で勝利し、13年シーズン以来のリーグ4連勝を決めた。名古屋は連敗を喫した。

 好調徳島は開始6分、右CKに飛び込んだDF井筒陸也がダイビングヘッドで先制点を奪う。関学大から入団した2年目DFは嬉しいプロ初ゴールになった。

 徳島の追加点は後半10分、左サイドを縦に仕掛けたMF馬渡和彰が鋭いクロスを上げると、GK楢崎正剛が弾いたボールをMF杉本太郎が押し込み、理想的な展開に持ち込んだ。

 そして名古屋の前に、日本代表DF吉田麻也らと同期のアカデミー出身GK長谷川徹が立ちはだかる。前半39分に名古屋はPKを獲得したが、FK永井龍のシュートを長谷川がストップ。

 後半に入ると、名古屋はFWシモビッチやFW佐藤寿人を投入して攻撃に厚みを持たせるが、後半4分のMF八反田康平のミドルシュートなど、決定的なシュートを“恩返し”のごとく、ことごとくセーブ。最後まで名古屋に得点を与えることはなかった。

 ここ6試合で5敗目と大失速の名古屋。風間八宏監督は「内容は悪くない。チャンスは作っている。ただまだまだミスが多い。次から次に試合は来ますので、前に進んでいこうと思います」と話していた。


ゴールを決めた徳島の太郎である。
クロスのこぼれ球に反応して決めた。
この追加点で試合は楽になった。
調子を上げておる。
得点と積み重ね、良い報を届けて欲しい。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク