サッカーダイジェスト FC東京戦寸評

【J1採点&寸評】FC東京 2-2 鹿島|ともに2得点で「7」の橋本とP・ジュニオール。MOMは…
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2017年07月08日


FC東京――悔しい2失点もビッグセーブも見せた林は及第点。


【警告】FC東京=なし 鹿島=金崎(6分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ペドロ・ジュニオール(鹿島)


[J1リーグ第18節]FC東京 2-2 鹿島/7月8日/味の素スタジアム

【チーム採点・寸評】
FC東京 6
前半は鹿島の老獪さの前におとなしかったが、前半終了間際、後半開始早々と良い時間帯にゴールを挙げ、試合をひっくり返す。その後もイニシアチブを握ったが、そこでトドメをさせなかったのが痛かった。

【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 6
2失点を喫したとはいえ、81分の金崎の決定的なヘッドを辛うじて足で止めるなど、いくつかのビッグセーブを見せた。

DF
2 室屋 成 5.5
好クロスを供給し、タイミングの良いオーバーラップも。攻撃面はまずまずも、本職の守備では背後のケアが不安な場面も。

4 吉本一謙 6
身を挺した必死のディフェンスで鹿島の強力2トップに対抗。サイドにつり出されても、粘り強く戦い続けた。

5 丸山祐市 5.5
正確なキックで両サイドに配給。守ってはスペースを簡単に空けず、入ってくる相手を止めにかかったが、失点は防げなかった。

6 太田宏介 6
狙いすましたクロスで橋本の同点ゴールをアシスト。局面の勝負でもタイトな守備で敵の攻撃のテンポを狂わせた。

MF
7 米本拓司 6
今季リーグ初スタメン。要所で顔を出して、ボールを動かす。75分には決まらなかったが、思い切りの良いミドルでスタを沸かした。

8 髙萩洋次郎 5.5
的確なポジショニングで攻撃陣をサポート。確かな戦術眼でゲームをコントロールしたが、決定的な仕事では物足りなかった。

37 橋本拳人 7
序盤からフルスロットルで攻守両面に絡みながら、非凡な得点力を発揮して2得点の大活躍。精力的な走りでも魅せた。

38 東 慶悟 5.5(88分OUT)
ボールが足もとに収まれば効果的なプレーを見せたものの、消える時もあり、特大の脅威を与えたわけではなかった。

FC東京――結果を残せなかった2トップは「5.5」。

FW
9 ピーター・ウタカ 5.5(85分OUT)
相手を欺くアイデア溢れるパスもあれば、流れを切るイージーなミスも。1アシストを記録も、FWとしては及第点には届かない内容。

15 永井謙佑 5.5(78分OUT)
自慢のスピードで相手の最終ラインの裏を狙う一方、献身的なプレスバックも。ただ、結果を残せないまま途中交代。

交代出場
MF
23 中島翔哉 -(78分IN)
90分にエリア内で強烈な一撃を放つも、これは曽ケ端の好守に阻まれてネットを揺らせず。それ以外でも見せ場は作ったが……。

FW
20 前田遼一 -(85分IN)
前線の基準点になろうとしたが、鹿島の堅守を崩し切れず。思うようなボールが届かず不完全燃焼に終わる。

MF
27 田邉草民 -(88分IN)
投入されてすぐにシュートチャンスを迎えるも、ボールはバーの上。アグレッシブにゴールを目指したが決勝点は奪えなかった。

監督
篠田善之 5.5
逆転するまでは良かったが、同点とされた後の最後の一手が打てず。それでも、首位チームを相手に意地は見せた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

鹿島――失点に絡んだ山本は厳しく採点。

【チーム採点・寸評】
鹿島 6
集中しなければいけない時間帯に、ふたつのゴールを許したのは“らしくない”戦いぶりだった。とはいえ、アウェー3連戦の最後の厳しいゲームでも同点に追いつき、最低限の結果を手にしたのは評価したい。

【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 5.5
最初の失点は反応したが、弾き出せず、2失点目は逆を取られた。ただし、最終盤の相手の猛攻に対しては落ち着いてセーブした。

DF
22 西 大伍 6
右サイドからのミドルパスが冴えわたる。伊東が入ってからは中盤に入り、果敢に前を向いてボールを運んだ。

20 三竿健斗 6
相手に寄せられても慌てず味方に預けるなど、ビルドアップに貢献。人に強いディフェンスでも力強さを見せた。

3 昌子 源 6
奪えなければ前を向かせないなど、状況に応じた守備戦術が光る。32分には意外性のあるミドルを放ったが、これは枠を捉えられなかった。

16 山本脩斗 5
橋本に競り負けて同点ゴールを許す。キープも不安定で、攻撃参加も少ない。この日は本来の実力を出せたとは言い難かった。

MF
6 永木亮太 5.5(62分OUT)
ルーズボールの処理は安定。精力的に動き回りながらミドルゾーンで存在感を放ったが、後半はややトーンダウン。

4 レオ・シルバ 5.5
連戦の疲れからか、いつものダイナミズムは鳴りを潜めていた。コントロールミスと橋本への緩いマークで逆転弾を許した。

25 遠藤 康 5.5(77分OUT)
右サイドで起点となり、後半の途中からは中央でプレー。チームメイトの良さを引き出したが、ラストパスの精度が低かったのが減点材料に。

11 レアンドロ 5.5
激しいフィジカルコンタクトで球際では簡単に負けず。力強いドリブルで局面を打開したが、周囲との連係は今ひとつだった。

鹿島――敗戦から救うゴールを決めたP・ジュニオールがMOM。


ストライカーとしての責務を果たしたP・ジュニオール。林がほとんど反応できなかった同点弾は見事だった。(C)SOCCER DIGEST

FW
33 金崎夢生 6(86分OUT)
鋭い動き出しと高いキープ力で前線を活性化。交代するまで、チームが苦しい時こそ戦う姿勢を貫いた。

MAN OF THE MATCH
7 ペドロ・ジュニオール 7
こぼれ球に素早く反応してヘッドで先制点をゲット。さらに勝点1をもたらす豪快なシュートを叩きこんでみせる。チームを敗戦から救う仕事ぶりを評価して、MOMに選定。

交代出場
DF
24 伊東幸敏 6(62分IN)
右SBでプレー。できるだけ高い位置を取り、好機を演出。狭いスペースでも中に折り返す優れたクロス技術を見せた。

MF
8 土居聖真 -(77分IN)
2列目のセンターに入る。巧みに空いたスペースを見つけてボールを出し入れし、ポゼッションを高めた。

FW
9 鈴木優磨 -(86分IN)
限られたプレータイムの中で、エリア内でスタンバイ。ロスタイムに伊東のクロスに合わせようとしたが、シュートは打てなかった。

監督
大岩 剛 6
後半途中に4-1-4-1にしてから同点弾が生まれ、ドローに持ち込む。連戦の中で厳しい戦いを強いられたが、価値ある勝点1を掴んだ。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


サッカーダイジェストの広島氏によるFC東京戦の寸評である。
ドローという結果としては良い評点が並ぶ。
その中でペドロ・ジュニオールに非常に高い評価とMOMが与えられた。
2ゴールはインパクト十分、助っ人の本領発揮と言って良かろう。
これから更にキレを増してくれるのではなかろうか。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク