永井との競争で“あっさりと”走り負けた昌子。その狙いは?

【プレー検証】永井との競争で“あっさりと”走り負けた昌子。その狙いは?
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2017年07月09日


「たぶん、負けるだろうなと。だから、あっさり譲って」


スピードに優れる永井(15番)には「少しスペースをとって」など、相手の特性を見て守備の仕方を柔軟に変えられるのが昌子(3番)の強みだ。(C)SOCCER DIGEST

[J1リーグ18節]FC東京 2-2 鹿島/7月8日/味スタ

 前半の早い時間帯だった。スローインを受けたFC東京の髙萩がダイレクトで浮き球の縦パスを供給すると、タッチライン際で永井が反応。守る鹿島側は昌子が対応する。

 コーナーフラッグに向かって転がるボールを、永井と昌子が追いかける。最初は昌子のほうがボールに近い位置にいたが、最終的には永井が追い抜いてキープし、中に折り返した。

 スピードでは永井に分があるのは間違いないが、それにしても、昌子の対応はやや緩慢な印象を受けた。少なくとも、必死に走っているようには見えない――この場面について、鹿島の背番号3は次にように振り返る。

「僕のほうが先にスタートを切っていても、たぶん、負けるだろうなと。だから、あっさり譲って、その後で対応しようと思っていた。そういう意味では、冷静にできたはず。永井くんに走りで勝つのは、僕では無理なので」

 相手の特性を見て守備の仕方を柔軟に変えられるのが、昌子の強みだ。スピードに優れる永井には「少しスペースをとって」、また強靭なフィジカルを備えるP・ウタカには「パワーで勝つのは厳しいから、トラップした後を狙うとか」という具合だ。

 このふたりには決定的な仕事をさせなかったが、橋本に2ゴールを許し、試合は2-2のドロー決着。連戦のなかでも質の高いパフォーマンスを見せていた昌子だが、「絶対的な存在感と言われると、欠けている部分があると思う。そこを身に付けていきたい」とさらなる成長を誓った。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)


源について取材したサッカーダイジェストの広島記者である。
FC東京戦の序盤、FC東京の永井に走り負けたシーンは、源にしては淡泊な印象を持った。
ここについて源は、「僕のほうが先にスタートを切っていても、たぶん、負けるだろうなと。だから、あっさり譲って、その後で対応しようと思っていた。そういう意味では、冷静にできたはず。永井くんに走りで勝つのは、僕では無理なので」と語る。
永井の特徴を把握し、次なる手を頭の中で練っておったことが伝わる。
この日のFC東京の2TOPは永井とウタカ、特徴の違いを頭に入れ、それぞれについて的確な対応をしておったことが伝わる。
結果として、この二人には大きな仕事はさせなかった。
ミスからの失点はあったが、CBの責任とは言いがたい。
そして源は、「絶対的な存在感と言われると、欠けている部分があると思う。そこを身に付けていきたい」と語る。
向上心で更に大きな存在となって行くのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

昌子選手は日に日に身体も大きくなり、外国人選手のようになって来ましたね。
ピーターウタカにはフィジカルでも勝り、全く危なげない対応をしていました。
永井選手にも走り負けていたようには見えませんでした。
鹿島の背番号3は伝統のある背番号ですが、そのレジェンドすら凌駕する勢いを感じます。
今後、どこまで成長するのか本当に楽しみですね。

No title

相手の特長を理解しての賢い対応。
ウタカへの対応で苦い経験をした反省が活きてます。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク