源の黒いスパイク

逆に目立つ!? 真っ黒なスパイク『ティエンポ』がかっこいい


 日本代表のDF昌子源(鹿島アントラーズ)やDF遠藤航(浦和レッズ)、U-20日本代表のDF冨安健洋(アビスパ福岡)らが“真っ黒”なスパイクを着用してることをご存知だろうか。

 先日、ナイキが発表した「ティエンポ レジェンド 7」。本来はブラック×オレンジのカラーだが、選手たちが着用しているのはブラックアウトで、シンプルなデザインが“逆に”目立っている。この真っ黒なスパイクでプレーする選手は世界でも限られており、シリアルナンバー入りの特別な一足だという。

 そして、ブラックアウトの「ティエンポ」をピッチで見ることができる期間は残りわずか。徐々に通常の「ティエンポ」に移行していくそうだ。ゴールを守るために泥臭く、体を張って戦う彼らの足元にも、ぜひ注目してもらいたい。


源のスパイクについて伝えるサッカーキングである。
インターナショナルマッチウィーク明けの札幌戦より源の足下が漆黒となりかなり目立っておった。
ナイキから変えたという報はなかったので、特注品なのではなどと憶測が飛び交っておったが、この記事により「ティエンポ レジェンド 7」という新作であることが確認された。
そして、源のものはシリアルナンバー入りの特別な一足とのこと。
やはり非売品であった。
そして、このスパイクにてプレイするのは、残りわずかとのこと。
これは残念。
是非とも、この黒いスパイクにてゴールを決めて欲しいところ。
注目しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク