サッカーダイジェスト ガンバ戦寸評

【J1採点&寸評】鹿島 2-1 G大阪|執念のAT弾! カシマの空は植田のものだった!!
サッカーダイジェストWeb編集部
2017年09月24日


鹿島――GK曽ケ端のミスを全員の力で取り返す。


【警告】鹿島=L・シルバ(49分) G大阪=今野(11分)、金(45分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】植田直通(鹿島)


前半終了間際にレアンドロが同点ゴール。今季10得点目を奪った。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)


[J1リーグ27節]鹿島 2-1 G大阪/9月23日/カシマ

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
曽ケ端のミスから先制点を献上した場面。そして、決定機を生かせなかったところは反省点として残るものの、試合内容としてはほぼ完璧で負ける確率は限りなくゼロに近かった。こぼれ球への集散が早く、全員が高い集中と闘争心を持っていた。前後半のロスタイムにレアンドロ、植田の得点で5連勝を飾った。

【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 5.5
中の状態を目視している瞬間、ニアサイドを抜かれて失点。本人も認めるようにミスだった。時計が進むにつれ、いつもの守護神に戻った。

DF
22 西 大伍 6
後半途中からボランチにポジションを移し、プレー。人数をかけて守るG大阪に対し、工夫と変化をつける役割を担った。

5 植田直通 7 MAN OF THE MATCH
カシマの空は植田のものだった。この試合に限らず、安定感は日増しに大きく。守備でしっかり対応した上での決勝弾、鹿島のCBとして頼もしさを感じさせた。

3 昌子 源 6.5
後半は特に守備機会が多くなかったが、集中を切らすことはなかった。失点シーンもしっかり対応はしていた。

16 山本脩斗 6
2本のヘディングシュートは枠をとらえられなかったが、チームの戦術を理解し、しっかりポジションを取っていた。

MF
4 レオ・シルバ 6(80分OUT)
永木とともにこぼれ球を回収し続けた。キープ力は味方の体力消耗を下支えるだけではなく、質の高い攻撃にも生かされた。

6 永木亮太 6,5
植田の決勝点をアシスト。後半、押し込む形を作れたのは、縁の下で支える存在がいたからだった。

13 中村充孝 6.5(67分OUT)
同点弾につながるPKを獲得。狭いエリアでも高度なテクニックで打開を試みた。守備への意識も十分だった。

11 レアンドロ 6.5
多くの決定機に絡んだ。PKのこぼれ球にいち早く反応し、2人の股を抜くシュートで同点ゴールを決めた。

鹿島――決して焦れずに、戦況に合わせた采配が光る。


ミスからの失点を全員のカバーで取り返した鹿島。劣勢を撥ね退ける力強さを見せた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

FW
33 金崎夢生 6.5
つぶされても起きあがり、止められても仕掛け続ける。その継続力とストライカーのプライドには賛辞を送るほかない。

8 土居聖真 6(87分OUT)
スペースのない攻撃エリアから相手DFを引っ張り出す、シュートの一つ前の経由地となり、攻勢を支えた。ターンの切れ味は抜群だった。

交代出場
MF
30 安部裕葵 6(67分IN)
勝敗を左右する仕事をしたわけではないが、もはやスーパーサブと思わせるような堂々たる落ち着きとプレーぶり。

DF
24 伊東幸敏 6(80分IN)
右サイドを上がり、パスを引き出す。クロスも狙い通りの場所に送れていた。鹿島の攻撃オプションとして機能した。

FW 9 鈴木優磨 ―(86分IN)
3枚目の交代としてピッチへ。ボールを呼び込むジェスチャーを繰り返し、積極的にボールに絡もうとしていた。

監督
大岩 剛 6.5
決定機を生かせない展開に焦れることはなく、戦況に合わせた采配で勝利に導く。1人の交代で2、3つの効果を生む策を打った。

G大阪――中盤は低調なパフォーマンスに終始。

【チーム採点・寸評】
G大阪 5
7分にファン・ウイジョが意表を突くミドルシュートで先制。その後、失点するまでは押し込まれながらも、カウンター、サイド攻撃の武器を持って鹿島に対峙していたが、後半は後ずさりするばかり。怪我人が多く、試合途中の修正が効かない事情があるにせよ、「Jリーグ名勝負数え唄」と言われるカードとしては、寂しい内容だった。

【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 5.5
2失点とも自責ではない。結果的に決められてしまったが、PKをストップしたセーブは見事で最後の砦だった。

DF
22 オ・ジェソク 6
正確なクロスで決定機をおぜん立て。中で決めきれなかったが、攻守に汗をかく姿は勝利へと向かう姿に映った。

2 三浦弦太 6
態勢不利な状態から金崎の突破を許さず、ボール奪取も多かった。三浦がいなければ失点は増えていただろう。

6 金 正也 5
マークについた植田の決勝ゴールを許した。それまでは最後をやらせない守備で奮闘していたが、最後に決壊した。

4 藤春廣輝 5
攻撃でスピードを生かせる場面はほとんどなく、守備の時間が増えたために存在を示す機会は少なかった。

MF
8 井手口陽介 5.5
序盤に立て続けのファウルで警告を受けずに済んだ。その幸運もあって終盤まで厳しく対応でき、前線で攻撃にも顔を出した。

15 今野泰幸 5.5
鹿島にとって厄介な存在だった。多彩な攻撃への対応で1人分以上の守備をこなしたと言える。

10 倉田 秋 5.5(84分OUT)
食らいつく守備には執念が宿り、ボールを持てばゴールを目指した。だが、遠藤保仁が退くと、怖さは半減した。

39 泉澤 仁 4(67分OUT)
不用意なファウルでPKを献上。前半ロスタイム、1点リード。アウェー。つくづく痛恨だった。

7 遠藤保仁 5(HT OUT)
鹿島守備陣にとっては対応しづらいラストパスで得点の臭いを醸し出す。ただ、それ以上ではなかった。

G大阪――守勢に回ったなかで効果的な手を打てず。

FW
11 ファン・ウイジョ 6
相手GKの位置を良く見て、意表を突くミドルシュートで先制点を叩き出した。ヒーローになってもおかしくなかった。

交代出場
FW
20 長沢 駿 5(HT IN)
2トップの一角として途中出場。ボールロストが目立ち、起点にはなれなかった。ラインが低いためにサポートが遅れたことも一因。

DF
35 初瀬 亮 5,5(67分IN)
生きる場面が少なかった。生かされる場面も巡ってこなかった。正確なキックを持っていることは分かった。

DF 
14 米倉恒貴 ―(84分IN)
出場時間は短かったが、出場後に決勝点を奪われた。もう少し早く投入されても良かったかもしれない。

監督
長谷川健太 5
怪我人の多い中での采配は制限された。守備の時間が長くなり、ゴール決壊は時間の問題にも見えたが、効果的な手を打つことはできなかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


サッカーダイジェスト誌によるガンバ戦の寸評である。
劇的勝利に総じて良い評価が与えられておる。
その中で、植田に最高評点とMOMが与えられた。
決勝弾だけでなく守備の安定感も、まさに日本代表。
視察したハリルホジッチ日本代表監督も納得したことであろう。
「カシマの空は植田のものだった」という寸評が素晴らしい。
また、源、永木、アツ、レアンドロ、夢生にも高い評点が点けられておる。
これだけの多くの選手を高く評価するほどに、この試合が鹿島のものであったことが分かる。
ミスから失点したため、スコアこそ2-1と地味であるが、内容は鹿島が圧倒しておった。
それは、大岩監督の寸評からも伝わってくる。
「決定機を生かせない展開に焦れることはなく、戦況に合わせた采配で勝利に導く。1人の交代で2、3つの効果を生む策を打った」と采配も素晴らしかったことを高く評価しておる。
この勢いを更に増し、勝利を積み重ねたい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク