FC東京、トニーニョ・セレーゾを次期監督候補に挙げる

東京監督に長谷川健太氏浮上 森保氏五輪監督候補で
[2017年9月25日7時19分 紙面から]

 来季の新監督選定を始めているFC東京が、ガンバ大阪の長谷川健太監督(52)を上位でリストアップしていることが24日、分かった。最有力候補だった前広島監督の森保一氏(49)が、20年東京五輪の男子監督候補に急浮上。森保氏が日本協会入りした場合に備え、今季限りでG大阪を退任する14年のJリーグ3冠監督の調査を本格化したという。

 東京は今季、FW大久保嘉やMF高萩ら大型補強を敢行したが、リーグ戦は11位と低迷。天皇杯とルヴァン杯も敗退し、今月10日に篠田監督の解任と安間ヘッドコーチの暫定昇格を決めた。並行して来季強化を進めており、これまで限られていた監督にかける予算の拡大も視野に、優勝経験のある指揮官の人選に着手。育成も重視しており、A代表でブレークしたMF井手口やオランダ1部フローニンゲンに移籍したMF堂安らを育てた長谷川氏が浮上した。今も自宅は都内にあり、生活面の支障もない。

 同様に、元鹿島監督で00年に3冠を達成したトニーニョ・セレーゾ氏(62)の情報収集も開始。かつてはMF小笠原、近年はMF柴崎やDF昌子を育てた手腕を評価し、13年ACL準優勝監督(韓国FCソウル)の崔龍洙氏(44)とともに候補に浮上した。新監督は10月中旬をめどに決める。

FC東京監督に長谷川健太氏浮上 G大阪で国内3冠の実績評価
 FC東京の来季監督として今季限りでG大阪の監督を退任する長谷川健太氏(52)が有力候補として挙がっていることが24日、分かった。

 これまで最上位にリストアップされていた前広島監督の森保一氏(49)が東京五輪監督の最有力候補となったことを受け、クラブ側は候補者を洗い直した。日本協会内には東京五輪監督に長谷川氏を推す声も多いだけに、26日に行われる技術委員会の結論なども注視しながら交渉していくもようだ。

 FC東京は今季、大型補強を敢行しながら現在リーグ11位に低迷。今月10日に篠田善之前監督(46)を解任し、コーチから昇格した安間貴義監督(48)が暫定的に指揮を執っている。来季から新体制で臨むクラブ側が新監督の条件に挙げるのが「リーグの優勝経験と育成力」(クラブ関係者)という。G大阪で14年に国内3冠を成し遂げた長谷川氏は、日本代表MF井手口やMF堂安(現フローニンゲン)ら若手育成にも定評がある。

 今後は年俸面や五輪監督人事を踏まえながら交渉を進めていく方針。長谷川氏のほかには、元鹿島監督としてリーグ2連覇の経験があるトニーニョ・セレーゾ氏(62)らも候補に挙がっている。

 ◆長谷川 健太(はせがわ・けんた)1965年(昭40)9月25日生まれの52歳。静岡市出身。現役時代はFWとして日産(現横浜)、清水に所属し、J1通算207試合45得点。日本代表では国際Aマッチ27試合4得点。05年から清水を6季、13年からG大阪を5季率いた。
[ 2017年9月25日 05:30 ]


トニーニョ・セレーゾを次期監督候補に挙げるFC東京である。
ガンバに続きまたもや名前が挙がっておる。
やはりJリーグでの実績があり結果を残した監督を放っておく手はないということであろう。
FC東京を率いることはあるのであろうか。
続報を待ちたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク