岩政大樹、植田のヘディングを解説

【岩政大樹 オン・ザ・ピッチ】鹿島・植田の成長「相手の前で」ヘディング
2017年9月30日10時0分 スポーツ報知


G大阪戦の後半ロスタイム、鹿島・植田(中央5)が決勝のヘディングシュート決める

 鹿島が独走態勢に入りました。まだ、どんなことも可能な試合数を残していますが、このところの勝ち切る強さは見事と言うしかなく、すでに優勝へのカウントダウンは始まったといえるでしょう。

 G大阪との試合でも早い時間に先制されながら、90分の中で最終的には相手より1点多くゴールを奪い、試合を終えました。決勝点はロスタイム。コーナーキックから植田選手がヘディングで叩き込みました。

 植田選手のゴールは、スタジアムの雰囲気と選手の心がリンクして生み出された迫力ある熱いゴールでしたが、同時に、冷静に見ると、植田選手が得点を取るために、これまでと少し違う工夫をしていることが分かります。

 それは端的に言うと、相手の前でヘディングをしている、ということです。

 植田選手は抜群の身体能力を有しています。単純に競り合えば、大抵は相手よりも高い地点でヘディングができます。そのことから、これまでの植田選手は相手の背後で待ち構えてヘディングしようとすることが多く見られました。確かに、その方が頭に当てる回数は多くなると思います。しかし、その場合に問題となるのが、頭に当てることはできても、そのほとんどがゴールにはならない、ということです。植田選手がその身体能力の割にゴールの数がさほど多くないのは、それが原因だと思います。

 今回の決勝点をよく見てみると、植田選手はボールが来る段階で相手の前にボールを呼び込んでいることが分かります。ロスタイムとなると身体的にも疲れが出て、どうしても相手の背後で待ち構えようとしてしまいがちですが、あえてピンポイントでチャンスがくることを信じて前に向かっていきました。

 チャンスに待ち構えるのではなく、信じて前に向かうこと。熱狂を生み出した見事なゴールの陰に、課題に取り組んできた姿が垣間見えました。(東京ユナイテッドDF、元日本代表)


鹿島について記す岩政大樹である。
「優勝へのカウントダウンは始まったといえる」と太鼓判を押す。
三連覇の戦士も、外に出て鹿島というクラブを観るとそう映るのだなと感じさせられる。
残り試合は7試合もあり、まだまだ気を緩めることは出来ぬもの。
当事者はそう強く思っている。
しかしながら、外から観る者は、勝ち点差8と、それ以上に、勝ちきる鹿島の勝負強さを高く評価しておることが分かる。
ここは、その期待に応えるところ。
勝利を積み重ね、タイトルを引き寄せたい。
また、ガンバ戦の決勝点を決めた植田のヘディングについて解説しておる。
これまでの植田は、自分の身体能力を信じて、待ち構えておったのが、このゴールでは相手の前に入っておることを高く評価しておる。
鹿島在籍時に多くのゴールを決めた岩政の眼鏡に適ったと言えよう。
植田のゴール数は飛躍的に伸びるのではなかろうか。
植田のゴールまでの駆け引きに注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

この写真だと

先に飛んでいる西の高さと、まだ浮いているという滞空時間にも驚き。
新潟戦ではCKをニアでフリックしてレアンドロの反撃開始弾に繋げたり、
それ以外にもおとりの動きなどクロスに対して結構ヘッドでも絡んでる。
それほどサイズが無いのにそう出来るのは、位置取りもそうだし、読みも良いから。
ペナルティーエリア内での冷静さ、駆け引き、アイデアというのは本当にレベルが高く、
とても後ろの選手とは思えないもので、FW陣にお手本にしてもらいたいもの(笑)
(確か以前、『こうやって決めるんだよと言うのを示したかった』というセリフを吐いたゴールありましたよね!?)
ユキが入って、西がボランチや右ワイドに出るとワクワクするんですよねぇ。
鳥栖はキムミヌが移籍して、以前ほど左サイドの迫力は無くなっているので、
昨年とは違い西が攻撃面で力を出せるハズ。
充孝とのコンビで相手に混乱をもたらしてもらいたい。
そういう魅せるプレーを楽しみにスタジアムに向かいます。
頑張れ、アントラーズ!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク