大岩監督、信頼しているので、特に言葉はかけていない

鹿島・大岩監督の“まな弟子”を静観する姿勢に感じる強い絆
 10日、日本代表は国際親善試合のハイチ戦(日産ス)に臨む。J1鹿島からDF昌子源(24)とDF植田直通(22)の2人のセンターバックが日本代表に招集されており、2人が同時にピッチに立つことをクラブ関係者の多くが期待している。

 現役時代に同じポジションだった大岩剛監督(45)もその一人。自身が監督に就任した直後の6月のシリア戦(親善試合)では東京まで足を運び、昌子にアドバイスを送っていた。

 直近の数試合では「信頼しているので、特に言葉はかけていない」。期待はしつつも成長し続ける“まな弟子”を静観する姿勢をとっており、強い絆を感じた。 (サッカー担当・一色伸裕)


日本代表にCB二人を送り出した鹿島の大岩監督を取材したサンスポの一色記者である。
6月には代表合宿にまで足を運び源に声を掛けた大岩監督であるが、今回は静観しておるとのこと。
「信頼しているので、特に言葉はかけていない」とのコメントを取った。
源は代表でのポジションを確立しつつあり、植田も安定して招集されておる。
日本代表監督からの覚えも良い。
ここは、鹿島でのプレイと同様に安定した力を魅せてくれよう。
また、この師弟関係の信頼と絆は太く強い。
そして、鹿島のCBは日本が誇る二人である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

秋田、岩政、昌子と鹿島の3番を背負った男はイコール日本代表のCBでもあるんですよね。
昌子、植田で日本のCBもガッチリ守って欲しいですね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク