安部裕葵、18歳。進化の道のりに終わりはない

広島戦の注目プレーヤーは、安部裕葵!
「普通の、安定したプレーをしていても若手らしくないですし、それだったら先輩方が試合に出たほうがいいと思うんです。何度仕掛けて何度取られても、下を向くことなく何度も挑戦したいと思います」

 正確なボールコントロールとしなやかに加速するドリブル、物怖じせずに前へ前へとボールを運ぶ姿勢――。思えばあの時から、その存在感は異彩を放っていた。2月4日、DAZNニューイヤーカップ第2戦。18回目の誕生日から1週間のルーキーが、寒空の宮崎で躍動した。調整段階のプレシーズンマッチとはいえ、不甲斐ない90分を過ごしてしまったアントラーズにあって、安部裕葵が放った輝きは鮮烈な印象を残した。

 0-1で迎えた62分、まだ真新しい背番号30が姿を現す。「他の選手が疲れている中で、自分のところで仕掛けないといけないと思っていました」。その言葉通り、ワンタッチで前を向く積極性で相手の脅威となり続けた。幾度となく鳴り響いたホイッスルは、横浜FCが安部をファウルで止めるしか術を持たなかった証左だ。それでも若武者は「FKをもらうだけじゃなくて(マークを)剥がせないとダメですね。もっと顔を上げて、余裕を持たないと」と、己の突き詰めるべき道を明確に照らしていた。「何もしないよりは間違ったほうがいいですし、アクションを起こしたほうがいいと思っています」と、物怖じせぬ姿勢を貫いてスタジアムを後にした安部。その言葉を聞き、その振る舞いを目の当たりにした誰もが “彼の成長が楽しみだ”と思わずにはいられなかったに違いない。

 果たして安部は、軽やかに、しかし一歩ずつ着実に階段を上ることとなった。4月1日、大宮戦でJ1デビュー。クラブ史上3番目の年少出場記録を刻んでみせた。昌子が「人とは違うドリブルをする選手。ここがスタートライン」とさらなる進化への期待を寄せれば、土居は「本当に良い選手だと思うので、上がってきてほしい」と早くも築かれつつあった信頼を語っている。



 能力の高さを裏付ける、先輩たちの言葉。安部は歩みを続けた。4月12日にACL初出場、22日にJ1初先発を記録。5月にはトゥーロン国際大会に臨むU-19日本代表にも名を連ねている。そして6月21日の天皇杯2回戦ではプロ初得点を記録。7月22日には、その名を国内外に轟かせてみせる。セビージャFC戦、衝撃の3人抜きドリブル――。「得意なプレーですし、自然と身体が動きました。このレベルが相手でもできたのは自信になりました」。安部は充実の表情で、進化の証を刻んでみせた。

 「あのようなプレーを表現できたのだから、どんなレベルでもどんな相手に対してもやり続けないといけない。感じたもの、得たものを表現し続けてほしい」。指揮官の期待を背負った安部は、その言葉を体現するかのように躍動を続けた。アンダルシアの雄を切り裂いた1週間後、J1初得点を記録。「レアンドロがワンツーで入ってきてくれて、その時点で勝負があったと言ってもいいくらい。自分はギアを上げる必要もなく、ジョギングくらいの感覚でスペースに走ったんです。レアンドロのパスが9割と言ってもいいほど、良いところに流してくれました」。その言葉を聞きながら、まるで映像を観ているかのような錯覚すら覚えた。初めて刻んだスコアの余韻を凌駕する、冷静沈着なプレー描写だった。

 「自分ができることだけをして、それが結果につながればいいです」。背番号30は今や、アントラーズに不可欠な存在だ。9月のリーグ戦、連勝街道を突き進んだ日々にあって、指揮官は1枚目の交代カードに安部を指名し続けた。1点リードの大宮戦、1点を追う新潟戦、そして勝ち越しを目指すG大阪戦。置かれた状況が違ってもピッチに送り出されるのは、戦況を読む能力に揺るぎない信頼があるからこそ。「点を取らないといけない状況であれば取りにいくし、リードしている状況であれば前線からの守備をする。流れを見て判断したいと思います」。言うは易く、行うは難し――。3連勝という結果が、任務遂行の証だった。

「いつもとは違うピッチの状態で、相手の守備の人数も多くて…。自分なりにずっと考えていたんですけど、考えたまま試合が終わってしまいました。“これだ”と決めて、行動することができませんでした。まずは周りの選手を助けてあげるとか、もっとプレッシャーをかけたり、周りに声をかけたりする方が大事だと思うので、反省しています」

 だからこそ、安部は失意の敗戦を悔やむ。9月30日の鳥栖戦。62分、この日も最初の交代選手としてピッチに立つと、突破口を見出そうと縦横無尽に駆けた。だが、求める結果を得ることはできなかった。「攻撃陣としては、無得点で終わってはダメですね」。底知れぬ悔しさとの狭間で「考える習慣は悪くないと思うので、下を向くことはないです」。変わらぬ姿勢を貫き、そして奮起を誓っていた。

「夢生さんと話をしたんです。僕よりも10年くらい(長く)やっているので、プレーに関することや選手、人としてのことを教えてもらいました。夢生さんだけじゃなく、いろいろな選手から教わっています。先輩によって言うことは違うけど、自分を持っているのが共通点。先輩たちは周りに流されていない。自分は芯が強いと言われますけど、柔軟性のある芯だと思う。自分にあったものを取り入れていきたいです」

 実力者たちとの切磋琢磨の日々、その経験の全てを養分として、背番号30は歩みを続けている。遡ること7か月、初めてリーグ戦でのベンチ入りを果たした夜。90分を見届けた横浜FM戦を終え、ルーキーはこう言っていた。「『出場した時のイメージはできていたか』と聞かれて『はい』と答えました。試合で、そう遠くない日に見ることができると思いますよ」。その言葉が単なる願望や根拠なき自信の表出ではなかったことを、安部は今まさに証明している。

 強気でいて、それでいて傲慢さを全く感じさせないのは、自らの足下を見つめ、フットボールに真摯に向き合っているからこそ。描いた未来図を現実のものとし続ける若武者は、これからどんな高みへ到達するのだろう。どんな景色を見せてくれるのだろう。「チームの勝利のために、精一杯走ります」。走り続けた先で、誰よりも燦然と輝いた先で、世界がその名を知ることとなるはずだ。安部裕葵、18歳。進化の道のりに終わりはない。




広島戦に向けて安倍裕葵をピックアップするFREAKS+である。
「今や、アントラーズに不可欠な存在だ」と評す。
そして、ここまでの歩みから、今の交代1番枠に収まるまでに至る経緯が記される。
また、裕葵自身は、「夢生さんと話をしたんです。僕よりも10年くらい(長く)やっているので、プレーに関することや選手、人としてのことを教えてもらいました。夢生さんだけじゃなく、いろいろな選手から教わっています。先輩によって言うことは違うけど、自分を持っているのが共通点。先輩たちは周りに流されていない。自分は芯が強いと言われますけど、柔軟性のある芯だと思う。自分にあったものを取り入れていきたいです」と語る。
諸先輩たちの言葉に耳を傾け自分のものとしてることが伝わってくる。
この姿勢が、急加速で成長している礎なのではなかろうか。
裕葵は更に成長して行くであろう。
その経過を拝める我らは幸せである。
明日もワクワクさせてくれる裕葵を期待してスタジアムに向かう。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク