fc2ブログ

今季の集大成

鹿島20冠目へ 昌子10連勝で10年ぶり本拠地V必ず
明治安田生命J1第33節 鹿島―柏 ( 2017年11月26日 カシマ )


サポーターが用意した横断幕や旗をバックに、リラックスゲームを行ったFW金崎(右端)らイレブン
Photo By スポニチ


 J1は26日、第33節の8試合を行う。首位の鹿島はクラブ20冠目のタイトルを懸けて柏戦に挑む。勝てば連覇が決定する大一番の開催地は、カシマスタジアム。鹿島在籍7年目の日本代表DF昌子源(24)は、自身にとって初めてとなる本拠での優勝決定の瞬間を待ちわびた。

 最高の舞台が整った。過去19冠を獲得してきたクラブだが、ホームでの優勝決定はわずか4回。10冠目の07年リーグ優勝が最後だ。プロ7年目のDF昌子でさえ、まだ一度も“ホームの歓喜”を知らない。「ホームで勝って、優勝を味わってみたい」と願った。

 チケットは8季ぶりとなる完売。試合前日の練習場も約800人の人であふれた。指揮官はこの日の円陣で「選ばれた18人が、他のチームメートの分も戦わないといけない」と鼓舞。いつもと変わらない言葉で、勝てばホーム10連勝となる決戦への準備を整えた。変則日程で3週間公式戦がない期間が続いた中、難しい調整期間も乗り越えて挑む一戦だ。

 過去8回のリーグ優勝では逆転する展開が多く、3カ月も首位を維持した今季は珍しい。「だからこそ、優勝したら一回りも二回りも大きくなれる。とにかくどんなことがあっても勝つ」と昌子。ホームで、自力で決められる運命のような巡り合わせ。大切な場所で、20冠目の節目を刻む。
[ 2017年11月26日 05:30 ]

【鹿島】“優勝”禁句 大岩監督「いつも通り」
2017年11月26日7時0分 スポーツ報知


柏戦に向けて調整する鹿島・昌子(手前)

 J1は第33節の8試合が26日、各地で行われる。鹿島は25日、勝てば9度目の優勝が決まる柏戦(26日・カシマ)に備えクラブハウスで調整。大岩剛監督(45)は「優勝」という言葉を封印し、クラブ記録となる勝ち点73、最多無失点(15試合)でJ史上最速の20冠をたぐり寄せる。2位の川崎はACL決勝に進出した浦和と29日に対戦するため、鹿島が26日に優勝を決める条件は勝利のみ。J1残留争いは16位・甲府、17位・大宮の同時降格が決まる可能性がある。

 連覇を実現するために大岩監督は「優勝」というフレーズを封印した。この日の練習では多くのサポーターが駆けつけ、旗が振られた。指揮官は「サポーターが非常に良い雰囲気を作ってくれた」と感謝しつつも、選手には「優勝という言葉は言っていない。いつも通り柏戦にフォーカスして準備しようと言った」と静かに大一番を見据えた。

 今季32試合のうち14試合が無失点で、Vゴールが廃止された2003年以降のクラブ最多記録に並んだ。勝ち点も現行制度の05年以降でクラブ最多(07年の勝ち点72)を更新するペースで積み上げ70に到達。指揮官は「優勝を経験している選手がほとんど。全く心配はしていない」と断言し、これまで通りの姿勢を貫く考えだ。

 GK曽ケ端は「チームとしても個人としても、優勝が決まるからといって特別なことはしない。いつも通り準備する」と意向をくんだ。DF昌子も「理想は完封だけど勝てばいい。結果がすべて」と続いた。09年3月の浦和戦以来8年ぶりにチケットが完売したホーム最終戦。タイトル獲得数で2位のG大阪(9冠)を大きく引き離す20冠目を、超満員のカシマで決める。(内田 知宏)

鹿島、20冠へ闘志 J1、26日ホームで柏戦
チケット完売 声援力に勝利目指す


セットプレーの練習に取り組む鹿島イレブン=クラブハウスグラウンド

明治安田J1第33節第1日は26日、各地で8試合を行い、首位鹿島はカシマスタジアムで4位柏と対戦する。キックオフは午後1時。鹿島は勝てば主要タイトル20冠目となる2年連続9度目の優勝が決まる。チケットが完売したホーム最終戦で歓喜の瞬間を迎えられるか。通算成績は23勝1分け8敗、勝ち点70。


ホーム戦はシーズン途中に大岩監督が就任して以降、9戦全勝を誇る。加えてチケット完売は2009年の開幕戦以来。“12番目の選手”が勝利の後押しをしてくれるのは心強い。11年に加入した昌子は「自分が入ってからホームが満員になるのは初めて。五つのタイトルに関わったが、全部アウェーか中立地だったので、ホームで(優勝を)味わいたい」と意欲を燃やした。

気掛かりなのは試合勘の差。鹿島はアジア・チャンピオンズリーグ決勝の影響で前節の浦和戦から3週間試合がなかったが、柏は先週試合をこなしている。鹿島は19日の練習試合を今節と同じ時間に実施。練習試合までも公式戦時と同内容の練習で調整。実戦感覚の維持に努め、大岩監督は「柏戦に向けしっかり準備できた」と自信をのぞかせる。

前節は相手の攻撃をシュート3本に封じて1-0で勝ち、チームの完成度の高さを示した。土居は「今のサッカーはこの1年の積み重ね。やってきたことを信じて戦う」と、今季の集大成を見せるつもりだ。 (藤崎徹)



柏戦に向けた前日の様子を取材した各紙である。
クラブハウス練習場には800人ものサポが集結し、前日トレーニングを見学したことが伝えられる。
良い雰囲気を作り出した様子。
サポーターと共にタイトルを獲るのだ。
ホームの力を見せるとき。
いよいよ気持ちは最高潮となる。
気分の高まりを感じつつスタジアムに向かう。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク