FC2ブログ

上海申花戦コメント

AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ 第1節


鹿島アントラーズ:大岩 剛
1点が遠いというか、数多くチャンスを作りながら最後のフィニッシュの精度が悔やまれるゲームだった。しかし、選手たちのパフォーマンスは非常に良かった。失点場面以外は非常にいいプレーをしてくれたと評価している。

Q. キャンプからやってきたことが、どの程度出せたか?

A. キャンプからやってきたことを、選手たちが非常に前向きにやろうとしてくれた。実際、ピッチのなかでいいプレーが多く出ていた。そこは非常に評価している。

Q. 立ち上がりの失点が、試合にどのような影響を与えたか?

A. ゲーム前にも選手たちに立ち上がりを気をつけるように伝えていたが、相手が上回っていた。ボールのこぼれ方、セカンドボールへの反応。まずは一つ目のプレーで、はっきりとしたプレーをしなければいけなかった。

Q. ACLグループステージ第2節、さらにJリーグ開幕に向けての改善点は?

A. 攻撃に関しては、いろいろなバリエーションを出すことができていた。対戦する相手が変わったり、戦い方が変わったとき、相手を見て攻撃するところを変えること。自分たちが戦いのなかで判断することが大事になってくると感じている。

Q. ベンチには金崎選手もいたが、交代枠を残した理由は?

A. 試合に出ている選手のパフォーマンスが良かった。さらに、金崎のコンディションなどを考慮するなかで、交代枠が一つ残るという結果になった。

Q. 相手をどう崩す狙いがあったか?

A. サイドを有効に使うこと。相手が前に出てくれば、サイドの奥を使う。出てこなければ真ん中も使いながら、動かしていこうと話していた。

Q. 新加入の内田、安西選手の評価は?

A. 90分を通して、非常にいいパフォーマンスだったと思う。

Q. 鈴木選手、安部選手と若い2人を先発に抜擢した理由と評価は?

A. 2人に関しては、若手とは見ていない。彼らもそういう気持ちでやっていると思う。チームを背負うという気持ちがなくてはいけない年代。プレーにもそういったところが出てきた。プレシーズンマッチでも結果を残していたので、期待して送り出した。評価は1試合だけではできない。今後も続けていってほしい。彼らがこういうパフォーマンスを続けていけば、チーム力は上がっていく。

Q. 遠藤選手を交代した理由は?

A. 交代で入れた土居選手に、もう少し中盤の中でプレーしてほしいという意図があった。

Q. 次のACLまでに改善したいポイントは?

A. 変化させるよりも、今日のプレーを継続する必要性を強く感じた。攻撃のバリエーションに関しては、もう少し選手の意思統一が必要と感じている。



【遠藤 康】
試合を難しくしてしまったのは自分たちだったと思う。その中で多くのチャンスを作れたけど、決め切ることができなかった。もっと良いアイデアをみんなで共有できればと思う。最後は個の力でもあると思うし、みんなでレベルを上げていきたい。

【昌子 源】
1-1になってから自分たちで戦い方を変えてしまった。もっと味方をシンプルに使って、サイドに振っていければ違っていたと思う。1点に泣くというのは昨年終盤に経験したことで、あの時と変わっていない。チームとして、1点で勝負が決まることの大事さを改めて考えながらやっていかないといけない。

【内田 篤人】
内容は良かったけど、勝てなかったことは悔しい。チームとしては素晴らしい戦いだった。自分たちがボールを回しながらゴール前まで行けていたのは良かったと思う。ここまで一方的になるとは思わなかったけど、年始から良い準備ができたからこういう試合ができたと思うので、やっていることは間違いない。あとは結果につながればいい。

【安西 幸輝】
積極性は出せたと思うけど、勝ち切れなかったのでアピールできたとは言えない。カシマスタジアムのピッチに入場する時は高揚感があって、良い気分でプレーすることができた。

【鈴木 優磨】
ホームで勝ちたかった。悔しい試合になってしまった。相手が中央を締めてきて(守備が)堅かったので、サイドから攻めていこうと話していた。決め切る力がまだまだだと思った。

【三竿 健斗】
前半にセットプレーが連続して、その中で失点してしまった。リスク管理がしっかりできていて、クサビのボールが入っても近くをサポートしながらセカンドボールを拾えていたので、悪くはなかったと思う。次に向けて良い準備をしていきたい。

【中村 充孝】
あれだけ多くのチャンスを作っていた中で、ゴールだけを目指していた。自分にも2回、チャンスがあった。決め切れなかったことは自分の責任。

上海申花戦


本日行われたAFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ 第1節 上海申花戦は1-1のドローに終わりました。

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ MD1
2018年2月14日(水)19:00KO カシマ

[ 大岩 剛監督 ]
1点が遠いというか、数多くチャンスは作れていたんですけど、最後のフィニッシュの精度が悔やまれるゲームでした。ただ、選手たちのパフォーマンスは非常に良くて、選手たちにも言いましたけど、前半から失点場面以外は非常に良いプレーをしてくれたんじゃないかと評価しています。

--二つおうかがいします。多くのチャンスを作れたというところについて、キャンプからポゼッションやアグレッシブに前から行くところを積み上げてきたと思います。キャンプからやってきたことがこの初戦でどの程度できていると感じましたでしょうか?また、失点の場面について、立ち上がりに失点したことがどのように試合に影響したかを教えてください。
最初の質問ですけど、キャンプからやってきたことを選手たちが前向きにやろうとしてくれた、実際にグラウンドでも良いプレーがいくつも出ていました。そこは非常に評価しています。

失点の場面ですけど、今日のゲームの前に選手たちに伝えたんですけど相手が上回ったというか、ボールのこぼれ方やセカンドボールへの反応、一つ目のプレーでハッキリとしたプレーをしなければならなかったと、選手たちには伝えました。

--選手のパフォーマンスは良くてチャンスは作れていたが、1点が遠かった。今後、どのようなところに注力しないといけないとお感じでしょうか?
攻撃に関していえば、いろんなバリエーション、外からも内からもいろんなバリエーションを出すことができていたと思います。これは相手が変わったり、相手の戦い方が変わったり、キャンプからずっと言っていますけど、相手を見て攻撃するところを変える、自分たちが判断するところも非常に大事になってくると思っています。

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ MD1
2018年2月14日(水)19:00KO カシマ

[ 鈴木 優磨 ]
ホームで開催したということで勝ちたかったですけど、非常に悔しいゲームになりました。

--1点早めに取られて相手は守りを固めてきました。崩すのが難しいゲームだったかと思いますが、攻撃陣ではどういう狙いで崩していこうと考えていたのでしょうか?
中を閉めて、中が非常に堅かったので、「サイドから行こう」と話していました。その中で多くチャンスを作れた中で決め切れなかったことが、この試合の結果かなと思います。

[ 三竿 健斗 ]
前半最初のセットプレーが連続してあって、そこから失点してしまった。もったいないというか勝てた相手だと思いますが、終わったことですし、次に向けてまた準備したいと思います。

--失点の場面以外は?
リスク管理はしっかりできていましたし、クサビが入っても近くでサポートしながらセカンドを拾えていた。悪くはなかったと思います。相手は引いていましたし、間、間で受けて、押し込めてはいましたけど、僕的にはもう少し焦れずに横に動かしたかったんですけど、ヘディングが得意な(鈴木)優磨もいましたし、クロスを上げることは多かったですけど、特長を生かすことは大事なことなので、そこは周りと合わせればいいと思います。

[ 内田 篤人 ]
だいぶ長い間プレーできていなかったのですごいうれしかったですし、勝てれば良かったんですけど、まあ少し悔しいですね。

--7年半ぶりに鹿島のユニフォームを着て、このピッチでしたが、どんな気持ちでしたか?
やっぱり初戦でしたし勝ちたかったんですけど、チーム自体は素晴らしい戦いだったと思います。こういうときに勝点3につながらないのは「やっぱりサッカーだ」とは思いますけど、自信を持っていいんじゃないかと思います。

--鹿島のサポーターが埋まっているのを見てどうでしたか?
もうちょっと埋まってほしいかな。まあまあ、平日だし、初戦だし、難しい時間帯でね、普通の人はなかなかスタジアムまで足を運んでもらえないと思いますけど、できればもう少し、一緒に勝点3を味わえるように選手が少し頑張らないといけないかな、と思います。

多くの好機も奪ったのは1点。鹿島、初戦をドローで終える
AFCチャンピオンズリーグ、グループHの鹿島はホームに上海緑地申花を迎えた。中国FAカップを制した上海緑地申花は、昨季とほぼ同じメンバーを先発に並べる。迎え撃つ鹿島は急性胃腸炎を患っていた金崎 夢生をベンチに温存するも、新加入の安西 幸輝が左SBで先発し、7年半ぶりに復帰した内田 篤人が右SBに入った。

試合はいきなり動いた。4分、左CKを得た上海緑地申花はこぼれ球を6番のリー ポンがシュート。惜しくもクロスバーに阻まれたが、そのこぼれを拾い、右サイドからクロスを上げると、飛び出したGK曽ヶ端 準が触れず、落下点にいたジョバンニ モレノが落ち着いてゴールに流し込み、アウェイの上海緑地申花が先制点を挙げた。

反撃を試みる鹿島は慌てることなくもう一度試合を組み立てる。落ち着いたビルドアップから相手陣内に攻め込むと、多くのチャンスを築いていった。

特に左SBの安西が躍動。一つ前の安部 裕葵とのコンビネーションで相手の守備を混乱させ、何度となくクロスを上げる。12分には左サイドからのクロスを遠藤 康が折り返し、それを受けた鈴木 優磨が反転しながら左足でゴールを狙う。30分には右CKから昌子 源が、35分には内田からのクロスを鈴木がそれぞれヘディングシュートで狙ったが、惜しくもゴールマウスから外れてしまう。

その後も、ペドロ ジュニオールや遠藤がゴール前でチャンスを迎えたが、決定機をモノにできない。上海緑地申花が1点をリードしたまま前半を終えた。

しかし、終始押していた流れが結実する。51分、ペドロ ジュニオールと鈴木が連続でシュートを放つと、GKがはじいたところに遠藤が詰め、待望の同点弾が生まれた。

だが、試合が残り30分となったあたりから上海緑地申花も動きのペースを上げる。それまで沈黙していたフレディ グアリンが積極的にボールを奪いに動き、ゴール前まで攻め上がるようになる。上海緑地申花がカウンターを仕掛ける回数も増え、試合展開は一気に慌ただしくなった。

逆転を狙う鹿島は69分に遠藤に代えて土居 聖真、82分には安部に代えて中村 充孝を投入する。85分にはその中村がDFの間を縫うミドルシュートを放ったが、GKのリー シュアイが渾身のセービングを見せる。

89分にはボールを運んだレオ シルバが前線の鈴木からのリターンパスを受け、フリーでペナルティーエリアに進入するも、シュートは大きくゴールを外れてしまう。結局、1点を奪った鹿島だが多くの決定機を逃してしまい、第1戦を1-1のドローで終えた。

なお、グループHは、シドニーFCとアウェイで戦った水原三星が2-0で勝利を挙げ、勝点3を得てトップに立った。

[ 文:田中 滋 ]

内田篤人の2835日ぶり復帰戦飾れず…鹿島、ACL初戦はホームでドロー
18/2/14 20:50


鹿島での公式戦出場は2835日ぶりとなったDF内田篤人

[2.14 ACLグループリーグ第1節 鹿島1-1上海申花 カシマ]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は14日、グループリーグ第1節を行い、2年連続8回目のACL出場となる鹿島アントラーズはホームで上海申花(中国)と対戦し、1-1で引き分けた。

 鹿島は8シーズンぶりに復帰したDF内田篤人が今季公式戦初戦で先発出場。右サイドバックに入り、鹿島での公式戦出場は10年5月12日のACL決勝トーナメント1回戦・浦項戦(カシマ)以来、2835日ぶりとなった。今季、東京Vから加入したDF安西幸輝も左サイドバックで移籍後公式戦初先発を飾った。[スタメン&布陣はコチラ]

 いきなり出ばなをくじかれた。上海申花は前半4分、MFツァオ・ユンディンの左CKからこぼれ球をMFリー・ポンがシュート。これはクロスバーを直撃したが、跳ね返りを拾ったFWオバフェミ・マルティンスが右サイドからクロスを放り込むと、GK曽ヶ端準のパンチングが弱くなり、MFジョバンニ・モレノが頭で押し込んだ。

 1点を追う展開となった鹿島も直後の前半5分、内田が果敢なオーバーラップから右サイドをドリブルで駆け上がるが、クロスは上げられず。同6分には安西の左クロスを受けたFW鈴木優磨が左足ボレーで狙ったが、至近距離でDFのブロックに阻まれた。

 一進一退の攻防が続く中、徐々に流れを引き寄せていく鹿島は前半30分、モレノのハンドによりPA手前中央の絶好の位置でFKを獲得。MF遠藤康が左足で直接狙ったが、惜しくもGKの好セーブに阻まれた。このプレーで獲得した右CK。遠藤のキックをニアでFWペドロ・ジュニオールがそらし、DF昌子源がヘディングで合わせたが、わずかにゴール左へ外れた。

 勢いづく鹿島は前半35分、内田のアーリークロスから鈴木がヘディングシュートを放つが、クロスバーの上へ。終盤は完全に敵陣内に押し込んでゲームを進めたが、1点を取り切れず、前半は0-1のまま折り返した。

 それでも後半立ち上がりに試合を振り出しに戻した。後半6分、PA内から立て続けにシュートを放つと、鈴木のシュートをGKが前に弾いたボールが遠藤の体に当たって跳ね返り、そのままゴールネットを揺らす。1-1の同点に追いついたが、その後は膠着状態となり、後半24分、最初の交代カードで遠藤に代えてMF土居聖真を投入した。

 上海申花は後半31分、途中出場のMFワン・ユンのスルーパスにマルティンスが反応。ゴール前に抜け出し、決定的なシュートを打ったが、曽ヶ端が鋭い反応で弾き出した。マルティンスの突破をDF植田直通と昌子の2人で止めるなど粘り強いディフェンスで2点目を許さず、ホームで勝ち越しゴールを目指す鹿島。後半37分からは安部に代わってMF中村充孝が左サイドに入るが、同40分、中村のシュートもGKの好守に阻まれ、ゴールならず。試合はそのままタイムアップを迎え、1-1で勝ち点を分け合った。

(取材・文 西山紘平)

「1試合だけじゃ復帰なんて言えない」内田篤人が感じた喜びと手応え
18/2/14 22:17


鹿島での公式戦復帰戦を終えたDF内田篤人

[2.14 ACLグループリーグ第1節 鹿島1-1上海申花 カシマ]

 完全復活への大きな一歩を踏み出した。7年半ぶりに鹿島アントラーズに復帰したDF内田篤人が背番号2のユニフォームを着て、カシマスタジアムのピッチに立った。鹿島での公式戦出場は10年5月12日のACL決勝トーナメント1回戦・浦項戦(カシマ)以来、2835日ぶり。「だいぶ長い間プレーできていなかったからうれしかったし、楽しかった」。その表情からは自然と笑みがこぼれた。

「初戦だったから勝ちたかった。ちょっと悔しいけど、チーム自体は素晴らしい戦いをしたと思う。こういうとき勝ち点3につながらないのがサッカー。自信を持っていい」。結果は引き分けながらチームとしての戦いぶりを評価すると、自分自身のプレーにも確かな手応えを感じていた。

「悪くなかったんじゃないかな。パスもロングボールもクロスも、ある程度できたと思う」。公式戦出場自体がウニオン・ベルリン時代の昨年9月19日に行われたブンデスリーガ2部・ザントハウゼン戦以来、約5か月ぶりだった。15年6月に手術した右膝の影響で15年3月以降の約3年間で公式戦出場はわずか3試合だったが、復帰戦でフル出場。「思ったより全然いけた。タフさは向こう(ドイツ)と違う」と涼しい顔で言った。

 宮崎キャンプでの練習試合や今月3日に行われたプレシーズンマッチの水戸戦と比較しても、プレーの質やコンディションが上がってきているのは火を見るより明らかだった。「どんどん良くなっている。ゲーム体力もボールタッチもくさびを入れるパスも、戻ってきているなって。もっと上下(動)できればいいけど」。その滑らかな口ぶりからも内田自身が好感触を得ているのは伝わってくる。

「これからも波はあると思うし、筋肉系の小さいケガはあると思う。それはごまかしながらやっていけばいい」。足下を見つめ、あくまで冷静に自分自身と向き合う。「1試合終わっただけじゃ復帰なんて言えない。Jリーグも開幕してないんだから」。カムバックした右サイドバックは一喜一憂することなく、目の前の1試合1試合をこなし、完全復活への階段を一段ずつ上っていく。

(取材・文 西山紘平)

2835日ぶり復帰戦は観衆9192人…内田は平日ナイターに理解も「もうちょっと埋まって」
18/2/14 22:46


試合終了間際にシュートを狙うDF内田篤人

[2.14 ACLグループリーグ第1節 鹿島1-1上海申花 カシマ]

 スタンドの景色は少しだけ寂しかった。7年半ぶりに復帰したDF内田篤人の鹿島アントラーズでの公式戦出場は10年5月12日のACL決勝トーナメント1回戦・浦項戦(カシマ)以来、2835日ぶり。しかし、気温5.4度の平日ナイターという“悪条件”の中、入場者数は9192人だった。

 昨年2月21日にカシマスタジアムで行われたACL初戦の蔚山現代戦の入場者数は7860人。昨季からは上積みされたが、試合後のインタビューで久々にスタンドの鹿島サポーターを見てどう感じたかを聞かれた内田は「もうちょっと埋まってほしいね」と冗談交じりに答えつつ、「平日だし、初戦だし、普通の人はなかなかスタジアムに足を運んでくれない」と理解を示すと、「一緒に勝ち点3を味わえるように選手が頑張らないと」と強調。何よりも選手がピッチでサポーターの心を動かすようなプレーを見せるべく、決意を新たにしていた。

鹿島のACL初戦は引き分け!内田篤人はフル出場、遠藤康が後半に同点弾
サッカーダイジェストWeb編集部
2018年02月14日


後半に攻勢を仕掛け、追いつくところまでは良かったのだが…


内田(2番)は最後までピッチに立ち、右サイドバックで積極的に攻撃を仕掛けた。写真:徳原隆元

 アジア・チャンピオンズリーグのグループH・鹿島アントラーズ対上海申花の一戦が14日、カシマスタジアムで行なわれた。

 4-4-2のシステムで臨んだ鹿島は、8季ぶりにチームに帰還した内田篤人が右サイドバックで先発。左サイドバックには東京ヴェルディから加入した安西幸輝を起用し、最前線は鈴木優磨とペドロ・ジュニオールの2トップでキックオフを迎えた。

 ホームの利を生かして流れを掴みたい鹿島だったが、いきなり出鼻を挫かれる。4分にCKの流れから上海申花のリー・ポンにバー直撃のシュートを放たれると、こぼれ球を拾った元ナイジェリア代表のマルティンスが右サイドからクロス。これをコロンビア代表のモレノに頭で押し込まれ、開始早々にビハインドを背負った。

 前半のうちに追い付きたい鹿島は、セットプレーや内田や安西の攻撃参加からチャンスを作る。29分には遠藤康の右CKから決定機。ニアサイドに飛び込んだペドロ・ジュニオールが頭ですらすと、昌子源が惜しいヘディングシュートを放った。

 0-1で迎えた後半も積極的に攻撃を仕掛けると、試合が動いたのは51分。PA内の混戦から鈴木がシュートを放つと、GKリー・シュアイが弾いたところに、遠藤が詰めて追い付いた。

 同点後はオープンな展開となり、互いにゴール前へ迫る回数が増加。56分には上海申花のマルティンスがペナルティエリア内で右足を振り抜けば、鹿島も負けじと鈴木や途中出場の土居聖磨らが相手ゴールをこじ開けに掛かった。終盤の85分にはペドロ・ジュニオールの強引な仕掛けから中村充孝が左足でシュート。89分にはレオ・シルバが鈴木とのワンツーで抜け出し、右足でゴールを狙った。いずれもネットを揺らせず、勝ち越し点を奪うまでには至らない。

 アディショナルタイムにも内田がシュートを放つも、相手GKの好セーブに阻まれた。最後まで2点目を奪えなかった鹿島は引き分けに終わり、好発進とはならなかった。>


結果は、というか失点シーンは頂けぬものとなったが、それを除けば手応えを感じさせる内容であったことを口にする大岩監督である。
それが、現地で観た者も感じ取ったであろう。
明らかに昨季とは異なる良いサッカーをしておった。
それが、レアンドロと夢生という攻撃の核を二つも各状況にて表せたことは大きな収穫と言えよう。
その二人の代役かと思われる裕葵と優磨については、「2人に関しては、若手とは見ていない」と言いきる。
主軸として活躍してくれるのではなかろうか。
また、その裕葵に替わって出場したアツは、「決め切れなかったことは自分の責任」と言う。
責めることは簡単であるが、アツの投入からリズムが変わり、チャンスが激増した。
今季の攻撃オプションも見えたと言えよう。
多くのチャンスを作りながらも決めきれなかった試合。
悔しさは募るが、光明は大きく見えた。
次戦からは決めきって結果を伴っていきたい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

ペドロジュニオールの復活を期待したいです。
決定機に焦り過ぎてるのかな…

ペトロなぁ。応援したい反面、多くのサポがため息をつきたくなった気持ちもよくわかる。頭ごなしにペトロを批判する気はないけど、明らかにゴールの匂いがしていない時には、監督が的確に采配しないと、チームメイトからもサポからも不満が溜まって悪い方に進んでいくと思うな。

なんにせよ、次は結果を残して欲しい。応援する。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク