FC2ブログ

上海申花戦報道

鹿島ACL初戦ドロー 先制許すも遠藤弾で追いつく
[2018年2月14日22時42分]


鹿島対上海申花 後半、クロスを上げる鹿島DF内田(撮影・狩俣裕三)

<ACL:鹿島1-1上海申花>◇1次リーグH組◇14日◇カシマ

 J1鹿島アントラーズが上海申花(中国)に1-1で引き分け、ドロースタートとなった。

 8季ぶりに鹿島に復帰したDF内田篤人(29)、東京ヴェルディから移籍してきたDF安西幸輝(22)の両サイドバックが先発スタート。鹿島伝統の10番を背負ったFW金崎夢生(28)は控え。

 開始早々の前半3分に先制点を奪われた鹿島は、ボールを支配するも攻めてに欠きリードを許したまま前半が終了。

 後半6分にエリア内の混戦からFW鈴木が左足でシュート、ボールはゴールキーパーに弾かれるも、詰めていたMF遠藤が体で押し込み同点に追いついた。鹿島はその後も、内田、安西の両サイドバックを中心に攻め立てるも得点を奪うことが出来ず、そのまま試合終了。

 ACL初戦は引き分けとなった。次節は21日にアウェーで水原三星(韓国)と対戦する。

鹿島、遠藤弾で追いつき初戦ドロー/ACL初戦詳細
[2018年2月14日22時54分]

<ACL:鹿島1-1上海申花>◇1次リーグH組◇14日◇カシマ

 鹿島アントラーズが、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の開幕戦を迎えた。1次リーグH組で元インテルミラノのFWマルティンス、MFグアリンらが所属する上海申花(中国)と対戦。

 前半早々に失点するも、後半にMF遠藤の得点で追いつき引き分けで終わった。

 次節は21日にアウェーで水原三星(韓国)と対戦する。


鹿島対上海申花 前半、クロスを上げる鹿島DF内田(右)。左はMFレオ・シルバ(撮影・狩俣裕三)


鹿島対上海申花 前半、先制ゴールを決めるコロンビア代表の上海申花MFモレノ(左端)(撮影・狩俣裕三)


鹿島対上海申花 前半、クロスを上げる鹿島DF内田(右)。左はMFレオ・シルバ(撮影・狩俣裕三)


鹿島対上海申花 前半、鹿島の大岩監督。後方は柳沢コーチ(撮影・狩俣裕三)


鹿島対上海申花 後半、ゴールを決め、ボールを持ち帰る鹿島MF遠藤(右)(撮影・狩俣裕三)


鹿島内田も苦笑いホームで勝ち点1「よくある試合」
[2018年2月14日22時56分]


鹿島対上海申花 引き分けに終わり、悔しそうな表情で相手チームとあいさつを交わすDF内田(中央)ら鹿島の選手たち(撮影・狩俣裕三)

<ACL:鹿島1-1上海申花>◇1次リーグH組◇14日◇カシマ

 攻めに攻めた。鹿島アントラーズが放ったシュートは21本。上海申花(中国)の12本を大きく上回った。

 ボールも支配し続けた。だが、あと1点が入らない。後半アディショナルタイムにはDF内田篤人が、あるいはMFレオ・シルバがゴール前でチャンスを迎えるも、ゴールネットを揺らせない。内田は「よくある試合ですね。何回かビックチャンスがある中で、1本が入らないというのは」と苦笑いした。ホームで勝ち点3を奪えなかった。

 前半立ち上がりの4分に、警戒していたコロンビア代表MFモレノに頭で決められて先制を許した。序盤は地に足がつかず、何度か危ない場面を迎えた。

 それでも落ち着きを取り戻すと、ボールはほぼ支配した。後半6分にはFW鈴木優磨の強烈な左足のシュートをGKがはじき、詰めたMF遠藤康が体で押し込んで追いついた。中を固める相手に、右の内田と左のDF安西幸輝が果敢に押し上げて、クロスを送り続けた。だが、内田の言うように、1本が入らない。鈴木は「多くチャンスをつくれたが、決めきれなかったのがこの試合の結果です」と自分を責めた。

 今季の公式戦初戦で勝ち切れなかった。それでも、内田の顔に悲愴(ひそう)感はなかった。「こんなに一方的(な試合)になるとは思っていなかった。ボールもよく回っていたし、いい準備ができたからこういう試合ができたと思うので、やっていることは間違っていない。あとは結果につながれば…ですね」。

 ホームで得た勝ち点は1だったが「後々『ああ、あのときな』と思うのか、気にせず次に行けちゃうのか、それはこれからの頑張り次第。でも(方向性は)間違っていない。絶対間違っていない」。内田はそう、強調し続けた。

鹿島ドローもフル出場内田「絶対に間違っていない」
[2018年2月15日7時21分 ]


鹿島対上海申花 前半、ゴールを狙うも相手DFに阻まれ、倒れ込む鹿島DF内田(右)(撮影・狩俣裕三)

<ACL:鹿島1-1上海申花>◇1次リーグH組◇14日◇カシマ

 後半45分を20秒過ぎて、攻め上がった鹿島アントラーズDF内田の前にボールが転がってきた。右足を振り抜く。地をはう弾道は、ゴールの右枠を捉えていた。だが、惜しくも好セーブに阻まれた。

 放ったシュートは上海申花の12本を上回る21本。ボールはほぼ支配した。それでも前半立ち上がりの失点が響き、ホームで引き分け。「よくある試合ですね、何回かビッグチャンスがある中であと1本入らないのは」。苦笑い。ただ、悲愴(ひそう)感はなかった。

 鹿島で、10年5月12日のACL浦項(韓国)戦以来2835日ぶりに臨んだ公式戦。「お帰りなさい」の声が飛ぶ中で、後ろから前へ、ときには中へ走り続け、ボールを送り続けた。「ゴールラインまで行けるのは動けているとき」。5カ月ぶりに90分間、戦った。

 勝ち点3は奪えなかったが「めちゃめちゃいいサッカーだった。絶対に間違っていない、このやり方は。自信を持っていい」。内田の言葉に曇りはなかった。

鹿島・鈴木、好機絡むもゴール奪えず「勝ちたかったので悔しい」/ACL

前半、シュートを外し、悔しがる鹿島・鈴木=カシマ

 アジア・チャンピオンズリーグ1次リーグH組(14日、鹿島1-1上海申花、鹿嶋)鹿島の同点ゴールは、鈴木のシュートをGKがはじいたボールを遠藤が体で押し込んで決めた。前線で再三、好機に絡んだ鈴木は4本のシュートを放ったが、自身は無得点に終わり「ホームで勝ちたかったので悔しい。チャンスを決め切れなかったので、この結果になった」と悔やんだ。

 昨年のACLでは1次リーグ4得点と気を吐いた21歳のFWは「決める力がまだまだ足りない」と反省しきりだった。

鹿島・昌子
「勝てた試合だったし、最初の失点はもったいなかった。次はアウェーなので、切り替えて臨みたい」


後半、シュートを放つ鹿島・内田(左)=カシマ


後半、ゴール前で守る昌子(右から3人目)ら鹿島DF陣。GK曽ケ端=カシマ


前半、シュートを放つ鹿島・植田=カシマ


ウッチー奮闘も鹿島ドロー発進「胸張っていい」/ACL

前半、攻め込む鹿島・内田(左)=カシマ

 アジアCL1次L第1節(14日、カシマスタジアムほか)H組の鹿島はホームで上海申花(中国)と1-1で引き分けた。G組で天皇杯覇者のC大阪はアウェーで済州(韓国)を1-0で下した。1次リーグは32チームが東西で4組ずつに分かれて行われ、各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。

 鹿島は前半4分、コロンビア代表MFモレノに先制点を許すと反撃に出た。後半6分にはFW鈴木のシュートのこぼれ球をMF遠藤が押し込み、同点。しかし、追加点は奪えなかった。2010年5月以来の本拠地に立ったDF内田は「ACLに出るチームを(敵陣に)押し込んだ。やっていることは間違いない。胸を張ってもいい」と話した。


後半、攻め込む鹿島・内田(左)=カシマ


後半、シュートを放つ鹿島・内田(左)=カシマ


上海申花と引き分けに終わり、引き揚げる鹿島イレブン=カシマ


後半、ゴール前で守る昌子(右から3人目)ら鹿島DF陣。GK曽ケ端=カシマ


前半、シュートを放つ鹿島・植田=カシマ前半、シュートを外し、悔しがる鹿島・鈴木=カシマ


鹿島 内田ホームでドローも「めちゃめちゃいいサッカーしたと思う 絶対に間違ってない」

<ACL 鹿島・上海申花>前半、鹿島・内田がクロスを上げる
Photo By スポニチ


 「いいチームに来たよ、俺」――

 まるで自分に向かって言っているかのように最後につぶやいて、内田篤人は笑顔でミックスゾーンを後にした。

 ACLの1次リーグが14日に行われ、H組の鹿島はホームで上海申花(中国)と対戦し、1―1で引き分けた。元日本代表DF内田はドイツ2部ウニオン・ベルリン時代の昨年9月19日以来、約5カ月ぶりの公式戦フル出場を果たした。

 「だいぶ長い間プレーできていなかったので、凄い嬉しかった」。勝ち点3を取れなかったことに対しては「悔しい」と吐露する一方で、内田が繰り返したのは「胸を張っていい」という、内容に対する評価の言葉だった。

 試合は開始4分でCKの流れから失点したが、後半6分にFW鈴木のシュートのこぼれ球をMF遠藤が押し込んで同点とした。放ったシュートは計21本。決定力こそ欠いたが、試合を支配し、攻め続けたのは鹿島だった。

 「誰が悪いっていうことじゃなく、こういうサッカーはよくある。めちゃめちゃいいサッカーしたと思うよ。絶対に間違ってないと思う、このやり方は。自信を持っていい。ACLに出てくるチームを、これだけ押し込むってできない」

 自身にとっては久々の公式戦だったが、プレーにも一定の手応えがあった。始動から約1カ月。練習試合も含め、徐々に出場時間を延ばしてきた。「どんどん良くなっていっているという気はする。ゲーム体力も、ボールタッチも、くさびのパスも、ある程度戻ってきている。もうちょっと上下できればいいんだけど」。最終盤にゴール前まで行って惜しいシュートに持ち込む場面もあった。「タッチラインまで行けるというのは、自分が動けているとき。個人としても悪くなかった。チームとしても悪くなかった」とうなずいた。

 「アジアのタイトルを獲るために(鹿島に)呼ばれたと思っている」という自負がある。もちろん「1試合終わっただけじゃ“復帰”なんて言えない」という思いもある。胸を張って「復帰」という言葉を口にできるのは、チームが勝った時。「チームは勝ち続けてなんぼ。それで自分もチームも波に乗れる」。ドイツから帰ってきた29歳は、大切なチームの勝利を心の底から待ちわびた。
[ 2018年2月14日 22:48 ]

ウッチー復帰戦で躍動 鹿島ドローも手応え「胸を張っていい」
ACL1次リーグ・H組 鹿島1―1上海申花 ( 2018年2月14日 カシマ )


前半、鹿島DFの内田が競り合う
Photo By スポニチ


 ACL1次LでH組の鹿島は14日、ホームで上海申花(中国)と対戦し、1―1で引き分けた。元日本代表DF内田篤人(29)がドイツ2部ウニオン・ベルリン時代の昨年9月19日以来、約5カ月ぶりの公式戦フル出場。試合はMF遠藤康(29)が後半6分に同点弾を決めた。G組のC大阪は後半アディショナルタイムにMF水沼宏太(27)がゴールを決め、済州(韓国)相手に1―0でアウェー勝利を収めた。

 初のアジア制覇に向け、鹿島は手応えある勝ち点1を手にした。開始4分にCKの流れから失点したが、後半6分に鈴木のシュートのこぼれ球を遠藤が押し込んで同点とした。シュートは計21本。試合を支配し、攻め続けた。「めちゃめちゃいいサッカーしたと思うよ。絶対に間違ってない」。逃した白星には無念さをにじませながらも、内田は「胸を張っていい」と繰り返した。2835日ぶりとなったカシマスタジアムでの公式戦。「タイトルを獲るために呼ばれた」と自負し、終盤にシュートに持ち込む場面もあった。内田の存在が何よりの収穫だった。


前半、鹿島DFの内田がクロスを上げる
Photo By スポニチ


ゴールを決める鹿島MFの遠藤(右、左はDF内田)
Photo By スポニチ


後半、ゴール前で守る昌子(右から3人目)ら鹿島DF陣。
Photo By 共同


[ 2018年2月15日 05:30 ]

【鹿島】内田篤人、2835日ぶり古巣公式戦でフル出場 ACL初戦はドロー
2018年2月15日6時0分 スポーツ報知


鹿島に復帰後初出場した内田(右)はゴール前で相手DFと接触し転倒(カメラ・堺 恒志)

 ◆アジア・チャンピオンズリーグ第1節 ▽1次リーグH組 鹿島1―1上海申花(14日・カシマスタジアム)

 H組の鹿島はホームで上海申花と1―1で引き分けた。前半4分に先制点を献上したが、後半6分にMF遠藤康(29)が同点ゴール。ドイツ2部ウニオン・ベルリンから8季ぶりに復帰したDF内田篤人(29)がフル出場を果たした。

 2835日ぶりに迎えた鹿島の公式戦で、内田が右サイドを駆け抜けた。7年半ぶりの復帰で、自身約5か月ぶりのフル出場。「めちゃくちゃいいサッカーだったと思う。(点が)入らないのはよくあること。(個人としても)悪くなかったです」。ドロー発進にも確かな手応えを示した。

 前半4分の失点後、攻め急ぐ味方を諭すようにバックパスを織り交ぜながら冷静にプレー。安西、安部ら若手のチャレンジに親指を立て、相手選手から耳元で大声で叫ばれる挑発行為を受けても笑顔で受け流した。時計が進むにつれてオーバーラップも増やし、試合終了間際には惜しいシュートも放った。

 代表通算74試合出場を誇るも右膝負傷から4年。15年6月に手術を受け、2年近く実戦から離れた。復活へのラストチャンスとして古巣復帰を決断。思いをくむMF小笠原から「そういうタイプじゃないけど、俺が明るく振る舞えば若手も篤人に話しやすくなる」とアシストを受け、連係や状態を仕上げていった。

 視察した日本サッカー協会の西野朗技術委員長(62)は「経験もあるし、今日もフル(出場)でやったので大丈夫でしょう」と復活を喜んだ。「プレッシャー? 全然ないよ(笑い)。やっと1試合できた。楽しめました」と内田。昨季無冠の雪辱に燃える鹿島に、頼りになる男が帰ってきた。(岡島 智哉)

鹿島ドロー発進 2835日ぶりに内田が帰ってきた!

 攻め込む内田(共同)

 「アジアCL・1次リーグ、鹿島1-1上海申花」(14日、カシマサッカースタジアム)

 第1戦が行われ、G組で天皇杯全日本選手権覇者のC大阪はアウェーで済州(韓国)を1-0で下した。H組の鹿島はホームで上海申花(中国)と1-1で引き分けた。1次リーグは32チームが東西で4組ずつに分かれて行われ、各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。

 背番号2が帰ってきた。DF内田がフル出場した。終了間際に強烈なシュートを放ち、再三のオーバーラップから好機を演出。「長い間フル出場できていなかったからうれしかった。勝てればよかったけど、悔しかった」と振り返った。古巣での公式戦出場は10年5月12日以来2835日ぶり。「素晴らしい戦い。自信を持っていい。個人的にもある程度できた」と手応えを口にした。

内田7年半ぶり勇姿 鹿島今季初公式戦 ホームで熱い声援

試合後サポーターにあいさつする内田選手=県立カシマサッカースタジアム、菊地克仁撮影

J1鹿島は14日、鹿嶋市の県立カシマサッカースタジアムで今季初の公式戦に臨み、7年半ぶりにドイツから復帰した元日本代表DFの内田篤人選手(29)が先発出場、ホームで2835日ぶりとなる「背番号2」の勇姿にサポーターが熱い声援を送った。

この日はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ第1戦で、相手は上海申花(中国)。大型画面で内田選手が紹介されると、ひときわ大きな拍手と歓声が起こった。試合が始まり、前線へ果敢に攻め上がるプレーでは、サポーターが「アツト」コールで後押しした。

スタンドでは、内田選手が前回所属した2006〜10年当時のユニホームに身を包んだファンの姿が多く見られた。リーグ3連覇した09年のユニホームを着た古河市出身の諏訪雅人さん(24)は「鹿島の伝統や、海外の意識の違いをチームに伝えてほしい」と期待。千葉県富里市の佐々木めぐみさん(43)は「待ってましたという感じ。リーダー的存在としてチームを引っ張っていってほしい」と興奮気味に話した。

売店では、各選手の背番号が入ったリストバンドやストラップ、ユニホーム型のキーホルダーなど新商品を販売。担当者によると、中でも内田選手のグッズが群を抜いて売れた。

ホームの公式戦に立つのは、10年5月12日のACL決勝トーナメント1回戦以来となった内田選手。やまない声援の中、「長い間プレーしていなかったのでうれしかった」と感慨深げに話した。 (藤崎徹)


篤人に多くの紙面を割く各紙である。
待ちに待った篤人の公式戦と言えよう。
90分をフルに戦い、期待に応えた。
その篤人は、「誰が悪いっていうことじゃなく、こういうサッカーはよくある。めちゃめちゃいいサッカーしたと思うよ。絶対に間違ってないと思う、このやり方は。自信を持っていい。ACLに出てくるチームを、これだけ押し込むってできない」と今季の鹿島のサッカーを評す。
プレイする篤人自身が手応えを感じておることが伝わってくる。
この試合結果は望むものではなかったが、このサッカーを継続していくことでタイトルを引き寄せるのではなかろうか。
アウェイでは勝利し、この結果も悪くはなかったとしたい。
次戦を楽しみにしたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

昨年川崎と磐田に0-3で負けたゲーム。
失点するまでは普通に五分以上に押してましたよね。
チャンスをポカポカ逃してるうちに決められ、気持ちがズルズル落ちてしまいました。

確実に先制していたオリベイラ時代の強さに辿り着くといいですね。
当時はアントラーズが強過ぎて先制点の重みが漠然としてましたが、今となってはハッキリ理解出来ます。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク