FC2ブログ

未来の壁・八木直生くん

1m97!鹿島17歳GKがメンバー入り
 鹿島にJ最長身のGKが誕生した。17日から再開されるACLの登録メンバーが発表され、第3GKの杉山がアキレス腱負傷により外れたため、代役に身長1メートル97のユースGK八木直生(17)がメンバー入りを果たした。関係者によると、八木は体重こそ70キロ前後とまだ細身だが、スピードとテクニックを兼ね備えた逸材で、今後の活躍が期待されているという。
[ 2008年09月15日 ]

J最長身197センチ16歳GK八木登録…鹿島アジア制覇へ秘密兵器

16歳でACL準々決勝出場登録メンバー入りを果たした197センチの鹿島ユースGK八木直生
 鹿島は14日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝(17日〜)の出場登録メンバー30人を発表し、Jリーグ史上最長身となる197センチの高校2年生GK八木直生(16)=鹿島ユース=が第4GKとして入った。

 八木は小学6年生で176センチまで身長が伸び、「この身長を生かさない手はない」と考えてサッカーを始めた。中学入学と同時にFWからGKへ転向。めきめき頭角を現した。高校進学前に鹿島から誘いを受け、群馬県桐生市から単身、鹿島ユースへ。現在はトップチームの練習に参加するなど、クラブから大きな期待を注がれる逸材だ。

 今回は第3GK杉山哲が左アキレス腱(けん)を断裂し、GK枠に欠員が出たためのメンバー入り。だが、クラブ関係者は「あれだけの身長を持っているのは、大きな武器だし、天性の才能でもある。今から経験を積ませれば成長する」と説明。英才教育の一環であることも示した。

 今春の計測を元に登録上は196センチだが、「最近測ったら197センチだった。まだまだ大きくなる」と八木。Jリーグで最も身長が高かったFW太田恵介(元草津)の196センチを上回る16歳は「これもひとつのチャンス。誰にでも与えられるわけではない。できることを全部やりたい」と意気込んだ。

 ◆八木 直生(やぎ・なおき)1991年12月18日、群馬県桐生市生まれ。16歳。小学校でサッカーを始め、桐生市立広沢中サッカー部に入部後、FWからGKに転向。鹿島ユースの誘いを受け、高校入学を期に茨城県鹿嶋市へ引っ越した。靴のサイズは31センチで、特注のためお金がかかるというのが悩み。あだ名は「いまいちくん」。197センチ、70キロ。

 ◇長身メモ Jリーグの現役最長身は194センチで、東京VのFW船越優蔵とJ2福岡のFWハーフナー・マイク。歴代では02年から06年までJ2福岡、草津で活躍したFW太田恵介の196センチが最高だった。06年ドイツW杯出場選手では、チェコ代表FWコレルら3人の202センチが最高。

(2008年9月15日06時01分 スポーツ報知)

いまいちくんこと八木くんに注目である。
197センチは流石に大きい。
大きいことは才能の一つである。
ここで慢心せずに、更に大きく成長して欲しい。
その為のACL登録であると心得よ。
16歳でアジアにチャレンジ出来るのはそうあることではない。
大きさだけでなくセールスポイントであるスピードとテクニックに磨きをかけるのだ。
神田くん梶野くんそして八木くんと次の世代へ布石は打たれておる。
我等の思いは脈々と受け継がれていくのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク