fc2ブログ

Sports Seoul紙、チームとしての熟度の違い

「熟度の違いを見せつけられた」韓国メディアが鹿島アントラーズの組織力と安定感を称える
サッカーダイジェストWeb編集部
2018年02月22日

「あの時間帯で決めてなにができる? 遅すぎる一発だった」


水原三星はクリストバン(左)が終了間際に1点を返すも、あまりにも追撃弾が遅すぎた。ホームで黒星を喫し、2位に転落。(C)Getty Images

 日韓の強豪対決は鹿島アントラーズに軍配が上がった。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループHは2月21日に第2節を消化し、アウェーの鹿島が水原三星を2-1で下した。金崎夢生が全得点を叩き出す奮迅の働きで、守護神のクォン・スンテもPKを阻止するなど殊勲の活躍。今季ACLの初勝利を挙げた。


 スコアは僅差ながら、攻守両面で水原三星を圧倒した鹿島。韓国の全国スポーツ紙『Sports Seoul』はマッチレポートを掲載し、その組織力と安定感を称えている。

「水原のディフェンス、とりわけ3バックは鹿島の多彩な攻撃に対応できず、裏のスペースをまんまと突かれていた。混乱したまま、開始8分にあっさり先制されたのだ。3選手にトライアングルパスを繋がれ、金崎夢生にきっちり決められた。2失点目も鈴木優磨のヘッドから金崎に押し込まれたが、ショートコーナーへの緩い対応など、集中力を欠いていたと言わざるを得ない。PKをブロックされるなどアンラッキーな面があったとはいえ、攻撃も守備も、チームとしての熟度の違いを見せつけられた。終了間際にクリストバンが1点を返した。だがあの時間帯で決めたところで、なにができるだろうか。遅すぎる一発だった」

 前日はJ1王者・川崎フロンターレに勝利した蔚山現代のパフォーマンスを絶賛した同紙だが、この日は一転、昨季のKリーグ3位チームの覇気のない戦いぶりを断じた。「第3節は強敵の上海申花が相手だが、次こそはホームで確実に3ポイントを掴みたい。そうすればグループステージ突破も見えてくる」と期待を込めた。

 鹿島は1勝1分けでグループ首位に浮上。次節(3月7日)もアウェーゲームで、最下位シドニーFCの敵地に乗り込む。


韓国現地紙のマッチレポートを伝えるサッカーダイジェスト誌である。
「水原のディフェンス、とりわけ3バックは鹿島の多彩な攻撃に対応できず、裏のスペースをまんまと突かれていた。混乱したまま、開始8分にあっさり先制されたのだ。3選手にトライアングルパスを繋がれ、金崎夢生にきっちり決められた。2失点目も鈴木優磨のヘッドから金崎に押し込まれたが、ショートコーナーへの緩い対応など、集中力を欠いていたと言わざるを得ない。PKをブロックされるなどアンラッキーな面があったとはいえ、攻撃も守備も、チームとしての熟度の違いを見せつけられた。終了間際にクリストバンが1点を返した。だがあの時間帯で決めたところで、なにができるだろうか。遅すぎる一発だった」と報じられたとのこと。
大きく賞賛されておる。
2-1という結果以上にチーム力の差を感じさせられた様子。
これはテレビ画面からも伝わってきた。
大岩サッカーの更なる熟成が今季の方向性である以上、「チームとしての熟度」は進んでおろう。
昨季の継続に加え、新たなエッセンスも加わっておる。
この調子を維持し、そして更にチーム力を進化させていくのだ。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク