fc2ブログ

優磨、今の流れなら絶対に決められる

【鹿島】優磨、水原三星戦の金崎2点目に「あれは強奪」開幕戦で正真正銘初ゴール狙う
2018年2月23日12時54分 スポーツ報知


鈴木優磨

 鹿島は22日、ACL水原三星戦(21日、2〇1)が行われた韓国・水原から帰国し、鹿嶋市内のクラブハウスで調整した。

 敵地で勝ち点3を獲得した同戦の後半14分、FW鈴木優磨(21)のシュートをゴールライン上でFW金崎夢生(29)が押し込んでチームに2点目が生まれた。だが鈴木は「映像を見ましたが、(金崎が)触らなくても入っていた」と主張。「あれは強奪」と苦笑いで振り返り、2トップを組んだ尊敬する相方の先輩をチクリ。J1開幕戦・清水戦(25日・アイスタ)に向け「今の流れなら絶対に決められる。毎試合得点に絡んでいく」と正真正銘の今季初ゴール奪取を誓った。


韓国から帰国した優磨を取材した報知新聞である。
夢生の2点目と記録されたゴールについて、「映像を見ましたが、(金崎が)触らなくても入っていた」と語る。
テレビで観ておった我らも、触らなくても入ったなとゴールの軌跡を観ながら感じておった。
そこを反応して押し込むのもストライカーの感性である。
今季から登録ポジションをFWに変えており、夢生の嗅覚は研ぎ澄まされておることがわかる。
とはいえ、優磨が自らのゴールを“強奪”されては悔しい気持ちになるのも理解出来る。
後々まで笑いながら語られるエピソードである。
この“アシスト”に象徴されるように今季の優磨は絶好調である。
上海申花戦では、シュートのこぼれ球にヤスが押し込んでおりアシスト、水原三星戦の先制点は優磨のマイナスパスをヤスが落として夢生のゴールと、今季のゴール全てに優磨が絡んでおる。
次は正真正銘の優磨のゴールが記録されよう。
Jリーグ開幕戦、優磨に注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク