源、剛さんの言う“総力戦”というのを証明したと思う

鹿島 “居残り組”が強い刺激を受ける 昌子「剛さんの言う“総力戦”というのを証明した」
 “居残り組”が、強い刺激を受けていた。鹿島は8日、10日のリーグ広島戦に向けて鹿嶋のクラブハウスで調整。練習は7日の敵地ACLシドニーFC(オーストラリア)戦の遠征に参加していない選手だけで行われ、過密日程のためメンバーを外れた日本代表DF昌子は個別メニューで汗を流した。

 FW金森、MF中村、MF永木、DF犬飼、DF伊東の5人が今季公式戦初出場を飾ったシドニーFC戦は、3日のリーグG大阪戦から先発8人を入れ替えてもレベルの高さを保ち、2―0で勝利。試合を自宅で観戦したという昌子は「剛(大岩監督)さんの言う“総力戦”というのを証明したと思う。チームとして、昨日の勝ちがどれだけ大きかったか」と白星の価値を強調した。

 昌子は昨季、リーグ戦34試合、ACL8試合に全てフル出場。“遠征組”ではなく、“居残り組”となるのは久しぶりだった。チームメートの奮闘を受け、自身も発奮。「公式戦は3試合連続無失点で来ているし、次の試合(広島戦)もしっかりそれにこだわってやりたい。(ACLは)次のホームで(1次リーグ突破を)決めたい」と意気込んだ。
J1リーグ第3節はDAZN(1ヶ月間の無料トライアル)で全試合生配信!

[ 2018年3月8日 18:13 ]


鹿島クラブハウスを取材したスポニチである。
シドニーに帯同しなかった居残り組であった源のコメントを取っておる。
「剛(大岩監督)さんの言う“総力戦”というのを証明したと思う。チームとして、昨日の勝ちがどれだけ大きかったか」とと言う。
源のいないDFラインに不安があったが十二分に犬飼が埋めておった。
この先、犬飼に任せることも多かろう。
また、「公式戦は3試合連続無失点で来ているし、次の試合(広島戦)もしっかりそれにこだわってやりたい。(ACLは)次のホームで(1次リーグ突破を)決めたい」と語る。
そして、リーグ戦に於ける完封は、5試合継続中である。
ここはその記録を伸ばして欲しい。
源がスタメンに戻るであろう広島戦にてクリーンシートを達成するのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク