FC2ブログ

小笠原満男、みんなでいい準備をして、次の試合に向かっていければ

鹿島・小笠原、ACL組を刺激に勝利へ“愚直” 10日広島戦
 鹿島は10日の広島戦に向け、ACLシドニーFC戦の遠征に参加しなかった小笠原主将らが調整した。

 7日のシドニーFC戦では伊東、犬飼、永木、中村、金森が今季公式戦初先発し、大卒新人の山口がプロデビュー。選手を入れ替えても力を保ち、チーム全体の士気の高さを示した。

 「出番が少ない選手は悔しい思いもあったと思うけど、その気持ちを押し殺して、しっかり準備できていたからこその結果」と主将。広島戦以降も「みんなでいい準備をして、次の試合に向かっていければ」と愚直な姿勢を貫いていく。
[ 2018年3月9日 05:30 ]


小笠原満男を取材したスポニチである。
ACL・シドニー戦については、「出番が少ない選手は悔しい思いもあったと思うけど、その気持ちを押し殺して、しっかり準備できていたからこその結果」と語る。
出場機会に恵まれぬ選手について代弁する。
腐ることなく前向きに練習するからこそ掴み取った勝利である。
逆に出番で気持ちがネガティブになるようでは、鹿島ではやっていけぬ。
プロとはそういうものと言って良かろう。
常に準備をしておくのだ。
一致団結してタイトルを目指す。
全てのタイトルを獲る。
クラブの悲願である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

単なる競争ではなく、時には助け合いながら、全員で全タイトルを取りに行く!というのが鹿島アントラーズ。
その結果個々のレベルが上がっていくし、誰一人として練習から手を抜く、気持ちが入らない選手はいない。
たまたま試合に出れなくても、気持ちは常にチーム一丸の全タイトル制覇だから、サポートにまわった時も自ずと身体が動く。
根底にあるジーコスピリッツの深さに感服するばかり。

いやいや

あなたがそれを体現してくれたからですよ。
一番実績のある選手がそれをやってみせたのです、他の選手がやらない訳にはいかないでしょう!?(笑)
とはいえ、シーズン通して上手くはいかないでしょうし、終盤になれば壁はどうしても出来る。
全員納得なんて無理ですし、それは仕方のない事ですが、
そこでいかに少しでも納得できる形にもっていけるか。
戦力過剰の、ビッグクラブの宿命といえます。
そこでキーになるのは間違いなくあなたです。
今日も躍動する40番を目に焼き付けます。
頼むぞ、満男!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク