FC2ブログ

週刊サッカーマガジン編集長・平澤大輔氏

http://www.soccer-m.ne.jp/

反発の男 |MF|小笠原満男|鹿島|

小笠原満男がアレックス・ミネイロとのパス交換から、右足のインサイドで前方にボールを送る。とてもていねいに。とても優しく。走り込んだのは、柳沢敦だ。

 小笠原は柳沢の復帰を、とても喜んだのだという。常日頃から、攻撃について「たくさんの人のイメージが重なり合う瞬間が好き」と話す小笠原にとって柳沢は、シンデレラのガラスの靴のように感覚がぴたりと合う、ベスト・パートナー。

 横浜FMを迎えたJ1第2節。そのパスを出したのは、試合が始まってたった2分のことだ。開幕戦は広島を4得点で突き放す勝利で、特に本山、小笠原、柳沢と渡って決めた3点目は、アートだった。それからわずか6日後。横浜FMという難敵を前にして、たった2分で、あの美しきイメージが再現されるだろうという予感が心を躍らせる。

 だが、柳沢には合わなかった。

 ボールは走り込むわずか先を抜けて、GK榎本達也がしっかりと抱え込んだ。

 ズレは本当に小さなものだった。まだ2分だから、残り88分のプレーで合わせれば問題ない。重要なのはトライし続けることだ。

 だが、ズレというものはいつも本当のズレよりも小さく見え、修復するには大きな困難を伴う。



 小笠原は反発の男だ。

 −−試合が続いて疲れがあるのでは。

「試合がたくさんある方が楽しいしリズムができるので、そっちのほうがいいんです」

−−主力が移籍してチーム力が下がってしまったのでは。

「そんなことはない。ポジションを得た選手が頑張っているし、僕はこのチームで優勝したいんです」

 こんなやり取りは、日常茶飯事だ。チームに渦巻く不安に関する質問には、テニスのスマッシュのように、もしくは壁に思い切りぶつけたスーパーボールのように、ズバッと反論を返してくる。

 最大の反発心を見せたのは、日本代表でだろう。「国内組」としては出場できるが、「海外組」の壁は厚い。その状況に反発を隠さなかった。

 それが2月28日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦で「海外組」を抑えて先発の座を勝ち取った。反発を表明することで自らに責任を課し、その責任を放棄せずにプレーする。簡単だが難しいことを、やり遂げたしるしだった。



 横浜FMとの試合は0-3で敗れた。スコアほどの完敗ではないようにも見えたが、マグロンと上野良治という横浜FMのボランチに中盤を制圧され、広島戦で共有できていたはずのイメージは、高性能のギロチンにかかったようにことごとく分断される。

 試合を終え、ミックスゾーンに現れた小笠原は口を真一文字に結び、目は虚空を見据えたままだ。そして少しだけ速い足取りで、迎えの車に乗り込んだ。言葉は、なかった。

 無言は無を意味するのではなく、自分自身への強烈な怒りと怒りと怒りを示していた。反発の男は自分自身に反発していた。それは次に、どんな実をむすぶのだろう。


週刊サッカーマガジン編集長 平澤 大輔



彼のコメントは面白い。

彼なりに満男のメンタリティを分析したのであろう。

小笠原満男、この素晴らしい才能を持ったキャプテンにかかる責任は重い。

わずかに合わなかった試合開始直後のパス。

それが最終的には大差の敗戦を呼び起こしてしまった。

本来ならば合わせられなかったアタッカーに責任の所在はあるであろう。

しかし、黄色の帯を巻く男が放った渾身のパスが、その思いが、柳沢敦に届かなかったのである。

この一本、そして一本。

誰もが認める一本にかけた思いが砕け散った。

それだけ。

幸いリーグ戦はまだ二節。

思いをボールにのせて名古屋の地を踏んで欲しい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク