サッカーダイジェスト 広島戦寸評

【J1採点&寸評】鹿島 0-1 広島|伏兵の一撃と守護神の好守で 難攻不落のカシマを攻略!!
サッカーダイジェストWeb編集部
2018年03月11日


鹿島――大岩体制でホーム初黒星を喫する。


【警告】鹿島=金崎(36分)、昌子(87分) 広島=佐々木(64分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】 林 卓人(広島)


[J1リーグ3節]鹿島 0-1 広島/3月10日/カシマ

【チーム採点・寸評】
鹿島 5.5 
攻守の切り替え時のミスが多く、ボールを失っては速攻に遭う場面が散見。後半はサイド攻撃を徹底したが、最後まで広島ゴールをこじ開けることはできなかった。大岩監督の采配下で、リーグ戦ではホーム初黒星。

【鹿島|採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 5.5
相手シュートの多くを正面でうまく処理したが、後半の失点はニアサイドを開けてしまい、唯一のミスが失点につながった。

DF
32 安西幸輝 6(81分OUT)
無尽蔵のスタミナで上下動を繰り返し、攻守のあらゆる場面で顔を出したが、78分に佐々木のファウルを受け、右足を負傷。無念の途中退場

5 植田直通 6
「意識している」というファウルを犯さない守備を見せ、球際では強さを発揮。安定感あるプレーを見せた。

3 昌子 源 6
パトリックの強さに苦戦を強いられるも、一歩も引かずにシュート0本に抑えた。植田との連係も◎。

16 山本脩斗 5.5
攻撃ではタイミングのいい攻め上がりを見せたが、守備では対峙する川辺を前に後手に回り、自由を許した。

MF
20 三竿健斗 5
軽率なミスで何度もボールをロスト。51分の失点は、エリア内で不用意なパスを奪われたもの。ミス直後の対応にも難あり。

40 小笠原満男 5.5
39分に強烈なシュートを放つなど、攻撃では存在感を見せた。しかし、守備では相手のスピードについていけない場面も。

鹿島――2列目には躍動感があったが……。

13 中村充孝 6(66分OUT)
状況を見て積極的にポジションを移すなど、攻撃を工夫。ワンタッチプレーで攻撃にリズム生んだ。

8 土居聖真 6
DFが密集した中でも積極的な突破で状況打開を試みた。前後半でチーム最多の3本のシュートを放ち、かつ攻撃の起点ともなった。

FW
33 金崎夢生 5
この試合のシュートはPKの1本のみ。FWとしての役割を果たせず。PK失敗は痛恨で、このミスが最後まで響いた。

8 ペドロ・ジュニオール 5(58分OUT)
開始早々の好機をGK林に阻まれ、45分の金崎の右クロスは打ち損じ。動きはいいが、フィニッシュの精度欠く。

途中出場
FW
9 鈴木優磨 6(58分IN)
途中出場で存在感を発揮。64分にはPKにつながる佐々木のファウルを誘発するプレー。その後もゴールへの執念みせた。

DF
24 伊東幸敏 5.5(66分IN)
右サイドバックの定位置で途中出場。早期に順応したが、役割がはっきりしていただけに、より多くの仕掛けが求められた。

FW
14 金森健志 ―(81分IN)
安西の負傷により、急きょ途中出場。短い時間で、相手が引いて守る中では、アピールは難しかった。

監督
大岩 剛 5.5
怪我人続出の厳しい台所事情。鈴木の投入などでリズムはつくったが、決め手を欠く内容に終始した。


サッカーダイジェストによる広島戦の寸評である。
惜敗も悪くはない評価が与えられておる。
特に「2列目には躍動感があった」と評し、アツと聖真にはまあまあな評点が与えられた。
アツには「状況を見て積極的にポジションを移すなど、攻撃を工夫。ワンタッチプレイで攻撃にリズム生んだ」と寸評。
アイデアの豊富さが評価されておる。
また、聖真には「DFが密集した中でも積極的な突破で状況打開を試みた。前後半でチーム最多の3本のシュートを放ち、かつ攻撃の起点ともなった」と評する。
中盤のタスクをこなし、この試合の光明となっておる。
2列目に負傷者が続出しておるところで、この二人には踏ん張って貰わねばならぬところ。
希望の光である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク