生え抜き土居聖真は見てきた

新連載・アントラーズ「常勝の遺伝子」。
生え抜き土居聖真は見てきた

寺野典子●文 text by Terano Noriko 井坂英樹●写真 photo by Isaka Hideki

遺伝子 ~鹿島アントラーズ 絶対勝利の哲学~(1) 
土居聖真 前編


「ピッチが凍っていて、カッチカチだった。スパイクが刺さらず浮いているような状態。みんな慎重にプレーせざるを得なかった。しかも、前半は守備がハマらなくて、難しい入り方になってしまった。でも、ハーフタイムのロッカールームでみんなが修正しようと、声を出し合っていたのが、すごくよかった」

 2月21日、韓国・水原ワールドカップスタジアム。マイナス2度の気温のなか、AFCアジアチャンピオンズリーグの第2節。水原三星に1-2で勝利した鹿島アントラーズの昌子源がそう試合を振り返る。

 ホームで戦った第1節、対上海申花戦では早々に失点し、その後、猛攻を続けながらも1点しか返せず、ドロースタートだっただけに、アウェーで勝ち点3の意味は小さくない。同時に2試合連続先発の鈴木優磨や、初戦は左、この試合では右と両サイドバックを務めた新加入の安西幸輝、昨シーズンからボランチに定着した三竿健斗など、若手選手が勝利に貢献できたのも大きな収穫となった。

「やっぱり、ゴールを決めないとね」

 柳沢敦コーチは笑顔を見せたが、その一方、羽田憲司コーチは「勝ったからよかったけれど……」と終了間際の失点を悔やんでいる様子だった。現役時代のポジション、今の担当部門によって、表情に微妙な差があった。そして、大岩剛監督は「初勝利だね」と安堵感を漂わせていた。

 *     *     *

 プロサッカーリーグが誕生して25年が経ち、日本代表が5大会連続でワールドカップ出場を重ね、日本サッカー界は新時代を歩き続けている。そんななか、この国で唯一変わらぬスタイルで歴史を綴るチーム、クラブがある。それが鹿島アントラーズだということに異を唱える人はいないだろう。数々のタイトルを重ねて、常勝軍団と胸を張れるキャリアを歩んできた。

 昨季はACL敗退直後に監督が交代。コーチから昇格した大岩監督以下、現体制で再スタートしたが、あと一歩のところでリーグ優勝を逃した。そして、今季は、内田篤人の復帰はあったものの、他は若い選手を補強した。それは、新時代へ向けた構想とも考えられる。捲土重来を賭けたクラブにとって新たな時代のスタートとなるのか? 

 選手、スタッフ、OBなどのインタビューとともに、過去を振り返り、現在を追い、未来を探っていきたいと思う。

 *     *     *

 ホームタウンの人口の少ないクラブにとって、下部組織からの生え抜き選手をトップ昇格させるのは困難だ。ましてやトップチームが強豪であれば、なおさら難しくなる。

 鹿島アントラーズはホームタウン5市の人口が約28万人。高体連出身の選手が多いのもそれが理由のひとつだろう。しかし、プロ化に伴い、学校の部活ではなく、多くのタレントがJクラブでのプレーを選択するようになった。才能の獲得競争のターゲットが若年層へ向かうスピードは、年々加速度を増している。

 昨年日本代表デビューを飾った土居聖真(しょうま)は、鹿島アントラーズジュニアユース、ユースという生え抜き選手だが、実は小学6年生まで山形のOSAフォルトナ山形FCでプレーしていた。中学進学を前に鹿島の一員となった土居は、当時クラブではレアなケースだった。


昨年、A代表にも召集された土居聖真

――どういういきさつで、鹿島のジュニアユースへ加入したのでしょうか?

「小学6年生の秋くらいに、最後の大会として出場したフットサルの全国大会が終わったときに指導者から『アントラーズのセレクションを受ける気があるか?』と聞かれたんです。アントラーズのコーチから声をかけたられたと。すでに、卒業後に行くクラブも決まっていたから、冗談だろうと思っていたら、後日、自宅に電話もかかってきて、『これ、本当の話なのか』って(笑)。

 当時、鹿島はジュビロと2強と言われていた。あまりにも遠い存在過ぎて、そのジュニアユースへ行けるのかというよりも、関東のクラブへ行けば、レベルの高いなかでサッカーができるという気持ちのほうが強かったですね。関東のチームは巧いだけじゃなくて、とにかく強かったので。そのセレクションに合格し、鹿島でサッカーをしたいと覚悟を決めて、母親と一緒に鹿嶋で暮らすことにしました」



  ――山形を出るという決断に迷いはなかったですか?

「自分でもレベルの高い場所に身を置きたいと思っていたので、山形を出ることに迷いはなかったです」

――新天地でのサッカーはどうでしたか?

「同学年のなかでは巧いほうだったけれど、僕はとにかく身体が小さかったんです。だから、中3の先輩とプレーすると、大人と子どもみたいな感じでした。スピードと技術だけでは、どうしようもない差を感じました。

 しかも、走るのが苦手でスタミナもないのに、毎日毎日走る練習ばっかりだったんです。あとは基礎練習。毎日、学校が終わると自転車で練習場へ向かいながら、『今日はボール使えるかなぁ』と考えていましたね。その練習場もクラブハウスとは違う場所で、環境が整っているわけでもない。

 とにかく、苦しかったというのが中学時代の思い出です。でも、サッカー選手としてどうこうというよりも、規律とか責任感とか、人間として大切なことを教わった3年間でした。それに、いつもビリを走っていた僕が、気づくと真ん中くらいを走れるようになったのは良かったですね、今思うと(笑)」

――ユースに上がると寮生活が始まります。

「僕の高校3年間はちょうど鹿島が3連覇したときだったので、寮で、みんなで応援していました。ゴールが決まると『ウォ~!』って、廊下を走り回ったりして。そして、シーズン前のキャンプの時なんかに、トップの練習にも参加させてもらえたんです。

 マルキーニョスがいて、モトさん(本山雅志)、野沢(拓也)さん、(小笠原)満男さん……スタメン組は本当にすごかった。早くその中でもまれたいといつも思っていました。練習参加といっても、キャンプ中だからフィジカルメニューが中心で、ゲームをやってもいっしょにできる環境ではなかったんです。それでも、プロというものを身近に、現実的に感じられるようになりました」

――わずかな時間でも刺激になりますね。

「宇佐美(貴史/デュッセルドルフ)や小野(裕二/鳥栖)、宮吉(拓実/札幌)、杉本健勇(C大阪)、小林祐希(ヘーレンフェーン)なんかが同期なんですけど、当時、年代別の代表合宿で一緒だった彼らが、トップチームに二種登録されたり、トップで練習していると聞くと焦りましたね。宇佐美は別格だったけど、ほかの選手と自分との差が大きいという感じはなかったから」

――トップチームがどういうレベルにあるのか、そういう部分にもよりますよね。

「それは理解していました。優勝を争う状況で、そう簡単にユースの選手に経験を積ませるというわけにもいかないだろうから。でも、(年代別の)代表に行って、鹿島のユースへ戻るとやっぱりレベルが全然違う。U-17ワールドカップのメンバーが固まるなか、だんだん呼ばれなくなったりして、しょうがないことだとわかっていながらも、このままじゃダメなんじゃないのかと思いました。

 僕は子どもの頃から、いつも上の年齢の人たちと一緒にサッカーをしてきたんです。敵わない相手とやることの楽しさのなかで、成長してきた。ユースでも1年生のときは、3年生とやれば、引っ張られてうまくなれると思えたけど、3年生になったら、自分のチームに追うものがなくなったような気がしました」

――ユースはトップチームのそばで練習もしています。

「はい。だから、本当に近くて遠い存在でしたね。でも、横でプレーしている別次元のトップの選手をいつも見ていました」

――そして、トップ昇格が決まります。

「高3の夏ですね。だからといって、一緒に練習できるわけではなかったんですけど(笑)。僕の代から昇格できた選手は僕しかいなくて、ほとんどの選手は大学へ進学しました。最初はわからなかったんですけど、自分がトップの試合に出るようになって、同期のみんなが自分のことのように喜んでくれているのを知って、仲間の想いを託されているんだなって感じるようになりました。とはいえ、みんななかなか連絡くれないんですけどね(笑)」

土居聖真「ボールを持つのが
怖くなるほど、鹿島はミスに厳しかった」

寺野典子●文 text by Terano Noriko 井坂英樹●写真 photo by Isaka Hideki

遺伝子 ~鹿島アントラーズ 絶対勝利の哲学~(2) 
土居聖真 後編


 2018年2月25日、清水エスパルス相手に0-0という結果で、鹿島アントラーズのリーグが開幕した。開始から自陣に押し込まれる時間が長く続く。その理由を「気持ち」だと大岩剛監督は話した。ホーム開幕戦で上位チームを叩きたい、そんな相手の勢いを「受けて」しまったのだ。挽回しようにもミスが多くてできない。

「ミスをしてしまうと、どうしても自分たちの陣地でごちゃごちゃする回数が多くなる。前半、(クォン・)スンテがPKを止めて助けてくれたけど、0-0で終えられたというのは、まあ、よかった。前半に関していえば、首の皮がつながった感じがあるよね。もっと上下動できれば、プレーで示すこともできるんだけどね」

 8季ぶりにJリーグ公式戦に出場した内田篤人はそう振り返った。自身のコンディションを考えることは、同時にチームについて考えることになるのだろう。その表情は硬い。それは内田に限らない。監督もそうだし、三竿健斗も同様だ。ロッカールームから姿を見せる選手は、やりきれないといった顔をしている。

「今の選手には経験が足りない。それを積む時間は必要だし、少しずつかもしれないけど、前進していると思うよ」

 中田浩二C.R.O(クラブ・リレーションズ・オフィサー)が以前、そのように語っていた。

 勝ちながら、選手を育て世代交代し、そして、また勝ち続ける。その過程に型にはまったマニュアルも法則もない。チームを構成する選手それぞれが、自分の立場で奮闘し、悔やみ、学び、考え、改善していくしかない。経験を積み学ぼうとする若手も、それを支えようと思うベテランも同じだ。そして、中堅と呼ばれる層の選手たちもまた、自分を鼓舞し、自身やチームの成長を促そうともがいているのだ。 

 *    *    *


今季はチームの主軸としてはもちろん、A代表選出も期待される土居聖真

 リーグ3連覇(2007~09)というトップチームの偉業をユースの一員として見ていた土居聖真。次々とプロのステージで活躍する同世代(プラチナ世代)の存在に焦りを感じながら、2011 年、近くて遠かったチームに昇格する。同期は柴崎岳(ヘタフェ)、昌子源、梅鉢貴秀(金沢)の3選手だった。

――7年前、念願のトップ昇格が叶いました。

「でも、シーズン前の宮崎キャンプでケガをしたんです。(キャンプは)キツい部分もあったし、守備はできないけど、ボールを持ったら、結構やれるなという感覚があって、すごく楽しかった。だから、張り切りすぎて、すぐに肉離れを起こしてしまった。プチって音は聞こえたし、腿裏に血が広がるような感じがあるのに、『大丈夫です。ちょっと筋肉痛です』とか言って、プレーを続行しようとしたけど、まともに歩けない。スタッフに止められました。

 みんなが練習している間、治療しなくちゃいけない。『俺はなにやってんだ』と落ち込んだし、やっぱり焦りました。それで2週間くらいして、練習に復帰して、また悪化するという……。でも、本当に夢でしたから、トップで練習するのは。だから、嘘をついてでもやりたかったんですよね」

――トップの練習はどうでしたか?

「当時は、試合に出ているグループとサブ組との差が開いていた時期でした。でも、試合に出ていない、絡んでいない先輩たちの必死さが本当にすごくて。ポゼッションゲームをやっていても、ずっとスタメン組にボールを持たれるんです。サブ組はなかなか奪えない。それでやっと奪ったボールをミスすると、めちゃくちゃ怒られましたね。とにかくミスを許してくれない。それが鹿島だなって思いました。

 選手も指導者もミスに厳しい。あらゆるミスを指摘されるので。怖かったですよ、ボールを触るのが。だからといって、ボールを獲りにいかなかったら、また怒られる。ボールが来ても、すぐに寄せられて奪われてしまう。でも、苦しかったけれど、楽しさもあったんです」



――というのは?

「楽しいというか、野沢(拓也/ウーロンゴン・ウルブス)さんやモト(本山雅志/北九州)さんのプレーを間近で見ていると、驚きの連続なんです。そうやって崩すのか? そんな崩し方があるのか? こういうトラップがあるのか? ヘディング、シュート、身体の使い方……とにかく、僕の想像を上回るプレーをするんです。自分のサッカー観のなかにまったくないプレーを目の当たりにできるんです」

――でも、そういう先輩に勝たないと試合には出られない。一方で、同期の柴崎岳選手は半年ほどでトップチームに絡んでいました。

「もちろん、岳の存在はプラスアルファという部分での刺激にはなりました。でも、基本的には、他人がどうこうじゃなくて、自分を高めたいという気持ちだけでした、自分しか見ていなかった。目の前に先輩がいて、まずは紅白戦のメンバーに入ること、そうやって段階を踏まなくちゃいけない。そういう意味では毎日がセレクションというような気持ちでしたね。

 だけど、練習でできたことが、試合ではできないんです。控え選手のための練習試合だというのに。何でできないんだろうって。自分自身でもがき、答えを探すような時間が続きました」

――1年目の終盤にリーグ戦で初出場を果たし、2013年に初ゴール。2014年以降になって先発試合も増えましたが、決して短い時間でもなかったと思います。その思い悩んだ時間がもたらしたものは何でしょうか?

「いいときも悪いときも経験し、あらゆる感情を味わい、それを乗り越えてきたので、どこへ行ってもやれる自信が今はあります。もちろん、これからも苦しいときが来ると思うけれど、何が来ても対応できる自信が、この年齢になってありますね」

――ずっと追いかけてきた野沢選手が2014年に、本山選手が2016年に移籍し、今では”追いかけられる”存在になりましたが……。

「試合に出る、監督に使われるという意味では、ふたりを上回ったこともありました。でも、巧さという意味では上回っていない。ふたりの足元に触れられるくらいになったかなと思ったところで、移籍してしまったので。ここ数年は誰かに引っ張ってもらうんじゃなくて、自分自身で、成長を促していかなくちゃいけないと意識しています。そういうなかで、追加招集だけど、日本代表に呼ばれて、試合に出られたことは刺激になりました」

――ワールドカップ出場への現実味も生まれたんじゃないでしょうか? メンバー入りにはゴール量産がアピールになりますか?

「まあ、ゴールはわかりやすいアピールではありますよね。でも、柳沢(敦)コーチにいつも言われるのは『ゴールを獲るだけがFWじゃない』ということ。点を獲る以外のプレーの質をすごく要求されます。そこは、僕のプレースタイルにも合うので、感謝しています。

 鹿島は誰かひとりが得点を量産するというよりも、誰もが得点を決められるクラブだと思うんです。だから、得点も狙いますけど、それ以外のクオリティも追求し続けたい」

――鹿島アントラーズらしさとは何でしょうか?

「やっぱり”勝利”だと思います。たとえば、パスサッカーが好きな人なら『今日はいい崩しがあったな』という満足感があるだろうし、それでいいと思う。でも、うちのファンは内容以上に勝利を求めている。そこを何倍も強く要求されているクラブだと思います。

 もちろん選手は内容の改善を常に考えているから、勝っただけで満足しているわけじゃない。でも、どんなときも大前提が勝つこと。まずは勝利なんです」

――土居選手は茨城出身ではない生え抜き選手です。

「代表から戻ってきたときに、『(GKを除く)フィールドプレーヤーで、代表で先発起用された初めての(生え抜き)選手だ』と(鈴木)満(強化部長)さんに言ってもらえたんです。そのときに、歴史を作っているんだと感じました。しかも僕は茨城県ではなく、山形から来た選手。そういう意味で全国の子どもたちから、『土居選手みたいに、鹿島のユースへ行ってプロになる』と言われるようになれたらなって、最近密かに考えています」


聖真について取材したSportivaの寺野女史である。
鹿島アントラーズジュニアユース入団のいきさつ、そしてトップ昇格、日本代表収集と登っていく様が伝えられる。
今が旬の聖真が、更に躍動し、鹿島にアジア・タイトルをもたらせてくれよう。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク