FC2ブログ

ケガ人続出の鹿島、ここが頑張りどころ

勝てばGS突破の可能性も。ケガ人続出の鹿島、ここが頑張りどころ
AFCチャンピオンズリーグ・グループHの首位と最下位の対戦だ。現在2勝1分で勝点7の鹿島が、1分2敗と苦しむシドニーFCをホームに迎える。

この2チームは7日に対戦したばかり。そのときはアウェイの鹿島が土居 聖真と植田 直通のゴールで2-0の勝利を挙げた。敵地で良い戦いをしただけに、ホームでも勝点3を狙いたい。

ただ、鹿島は対戦相手のシドニーFCだけでなく、厳しい日程とも向き合わなければならない。この試合は16日間で5試合を戦う5連戦の4試合目。しかも7日にシドニーFC戦を戦い、中2日で10日には明治安田J1で広島と戦い、さらに中2日の13日にシドニーFCとの再戦となるのだ。

広島戦のあと、大岩 剛監督は「次にすぐ試合があるので切り替える、という話は選手にしました」と話していた。これだけ試合が詰まっていると試合への準備を進めることは難しい。次の試合に備えて回復に努めるのが精一杯だろう。

それに対してシドニーFCは間にリーグ戦がなく、準備を整えてこの試合を迎えることができる。7日の試合では鹿島が試合の主導権を握ることができたが、相手もこちらの手の内は分かっている。同じような展開に持ち込むのは難しいかもしれない。

アウェイでの試合は、鹿島が終始試合をコントロールする展開となった。高い位置からプレッシャーを掛けてシドニーFCが得意とするパス回しを封じると、最終ラインから落ち着いてゲームを組み立て、セットプレーの流れから2得点を奪う理想的な試合運びだった。今季初先発の選手が5人もいる陣容だったが(金森 健志、中村 充孝、永木 亮太、犬飼 智也、伊東 幸敏)、それを感じさせない内容を見せた。

シドニーFCにすれば、攻撃の中心選手の一人である10番のMFミロシュ ニンコビッチをケガで欠いたのは痛かった。足元の技術の高いミロシュ ニンコビッチはドリブル突破も得意とする。パスを封じられた展開を変えるには、単独でもディフェンスをはがせる選手が効果的。今回の対戦でも、ミロシュ ニンコビッチが出場できるかどうかは勝敗を大きく左右するだろう。

ケガ人が影響を及ぼしそうなのは鹿島も同じだ。広島戦では複数のポジションをこなすことができる安西 幸輝が負傷。西 大伍、レアンドロ、遠藤 康、安部 裕葵、内田 篤人、三竿 雄斗と、サイドの選手にケガ人が続出しているだけに、サイドハーフもSBもこなせる安西の離脱はさらなる痛手だ。残された選手で手を取り合ってこの危機を脱するしかない。

勝てば鹿島は勝点を10に伸ばすことができ、もう1試合の上海緑地申花対水原三星の結果次第では2位以上、グループステージの突破が確定する。厳しい日程と続出するケガ人を考えると、2試合を残して突破が決まれば一気にラクになる。そのためにもまずは勝利を手にしたい。

[ 文:田中 滋 ]


「これだけ試合が詰まっていると試合への準備を進めることは難しい。次の試合に備えて回復に努めるのが精一杯だろう」と記すJリーグ公式のACL GS 第4節のプレビューである。
中二日が続くこの日程では、回復するだけで精一杯と言ったところ。
それに加え、安西が負傷離脱し、故障者リストに名を連ねた。
まさに頭の痛いところ。
対するシドニーFCはこの週末に試合はなく万全な状態にて乗り込んでくる。
ホームの地の利はあるとはいえ、状況はかなり難しい。
ここは、総力戦にて迎え撃つところ。
コンディションが整っておれば、広島戦に出場したメンバーも思いきって起用していくこととなろう。
勝てば、GS突破に王手がかかる。
非常に重要な一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

鹿島の底力

この状況で適切な言葉では無いのですが、
普段、出場機会のない鹿戦士にとっては、
チャンスと捉え、奮起してもらいたいものです。

ミッドウィークの試合で、入場者数も少ないでしょうが、
自分はゴール裏から喉が潰れても鹿戦士を後押しする覚悟です!

鹿サポの皆さん、都合のつく方は、1人でも多く
参戦していただいて、鹿島勝利のために共に闘いましょう!
総力戦でGS突破しましょう!!

立ち止まってられない!

想定外の予想通り…な感じですね。
シドニーFCは、ホームでアントラーズ戦を終えて直ぐに来日しています。
ホームで連敗は恥ずかしいです。
精一杯勝たせる応援をしましょう!

No title

東京在住ですので、ミッドウィーク行けないのが本当応援にいけないのがもどかしいです。
喉が潰れても後押しと心強い方がコメントかかれていますが、自分の(残業していると覆うので)パソコンの前で精一杯応援します!

鳥栖戦はdazn。シドニー戦は参戦します。勝ってほしいですね。永木頼むよ。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク