小田逸稀、公式戦初先発へ

鹿島の「ゴジラ」19歳DF小田逸稀プロ初先発へ
[2018年3月13日7時25分 ]


ACLシドニーFC戦で、プロ初先発の可能性が高まった、松井秀喜氏似のDF小田


17年12月、ファン感謝イベントで松井秀喜氏の物まねを披露する小田


17年12月、ファン感謝イベントで松井秀喜氏の物まねを披露する小田


 鹿島アントラーズのゴジラが救世主になる。13日にホームで行うACLシドニーFC戦で、東福岡高出身の2年目のDF小田逸稀(19)が左サイドバックで公式戦プロ初先発する可能性が12日、高まった。内田や遠藤、レアンドロらサイドに7人もけが人を抱える非常事態だが、勝って、他会場で水原が上海申花に勝てば1次リーグ突破も決まる試合。「すごく楽しみ」と待ち望んだ。

 サガン鳥栖U-15の中3時にFWから転向して、高2で全国総体と選手権の2冠に貢献した。入団後は元プロ野球の松井秀喜氏に似ていると言われて、全力で物まねしたことも。高校の先輩、長友佑都の本も読み、体を鍛えてきた。「チャンスは絶対に来ると信じてやってきた。それを明日、表現するだけ」と自分を信じた。

鹿島2年目・小田が先発へ 勝てば1次L突破も/ACL
 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグH組で首位に立つJ1鹿島は、13日午後7時から茨城・カシマスタジアムで4位のシドニーFC(豪州)と対戦する。2勝1分けの鹿島が白星で勝ち点を10に伸ばし、同日の上海申花(中国)-水原(韓国)で勝ち点3の3位上海申花が敗れれば鹿島の2位以内での突破が確定する。12日は練習グラウンドで最終調整した。

 冒頭の15分以降を非公開にして調整した。関係者によると、プロ2年目のDF小田が主力組に入って練習し、先発の可能性が高まっているという。本人は「ずっと準備してきたから楽しみ。不安はない。思い切ってやる」と気負いはない。勝てば他会場の結果次第で1次リーグ突破が決まる一戦で、堂々の先発を果たす。 (鹿嶋市)

鹿島の“ゴジラ”DF小田先発濃厚、松井秀喜氏似の19歳ホープ
ACL1次リーグ・H組 鹿島―シドニーFC ( 2018年3月13日 カシマ )


プロ初先発が予想される松井秀喜氏似?の鹿島・小田は練習の合間に笑顔を見せる
Photo By スポニチ


 鹿島は13日、本拠地でACL第4戦シドニーFC(オーストラリア)戦に臨む。過密日程の弊害でサイドプレーヤー7人が戦線離脱する中、高卒2年目のDF小田逸稀(いつき、19)が左サイドバックで先発することが濃厚となった。J1出場経験はない“ゴジラ松井”似のホープの公式戦初先発は、勝てば1次リーグ突破の可能性があるアジアの舞台となる。

 突破を懸けた大舞台に、“ゴジラ”が登場する。J1より早い、ACLでの先発デビュー。「元々そこまで緊張はしない」という小田は「去年からずっと準備してきた。凄く楽しみ」とうなずいた。

 プロ野球元巨人などで活躍した松井秀喜氏似と言われ、昨年のファン交流イベントでは「55」と書かれた巨人のTシャツを着てステージに立った。中3まではFWで対人やヘディングに強く、縦に仕掛けて点に絡む力もあるサイドバックだ。

 東福岡高から昨季加入。「いつかあそこ(の地位)まで行って話をしたい」と願う同じサイドバックの日本代表DF長友は、高校の先輩にあたる。高校時代から長友の本を読み、今でも同じストレッチを取り入れている。

 新人だった昨季は天皇杯2試合に途中出場し、クロスから計2得点を演出した。ところが昨年8月に右膝を負傷。長期離脱を余儀なくされた。今季は安西と内田が加わりライバルが増えた。

 そんな逆境も前向きに捉え続け、機会を待った。「競争が激しくなっているけど、逆にチャンスかなと。いい先輩たちの背中を見て自分も絶対に成長できるので。(出場の)チャンスは来ると信じてやってきた。それを明日、証明するだけ」。

 鹿島が勝ち、水原(韓国)が上海申花(中国)に勝てば、1次リーグ突破が決まる。マッチアップの可能性がある右MFは、敵のキーマンである元ポーランド代表FWミェジェイェフスキ。「やることを制限させつつ、奪えるタイミングがあったら奪いにいきたい」。スケールの大きな19歳が、果敢に進撃する。

 【小田 逸稀(おだ・いつき)】

 ☆生まれとサイズ 1998年(平10)7月16日生まれ、佐賀県出身の19歳。1メートル73、68キロ。利き足は右。

 ☆経歴 鳥栖U―15唐津から東福岡高に進学。高2の時に全国総体と全国選手権を制覇。

 ☆元FW 鳥栖U―15に所属した中3の時に、元鹿島DFの杉山誠監督の下でサイドバックに転向。

 ☆デビュー 昨年6月の天皇杯2回戦マルヤス岡崎戦の後半31分から途中出場。デビューのわずか9分後にクロスで安部のヘディング弾を演出。

 ☆好きな選手 鳥栖DF吉田豊。「プレースタイルが自分の中では最高級」。俊敏性、体の強さ、威圧感に憧れ。


巨人キャンプを激励に訪れた松井秀喜氏
Photo By スポニチ


[ 2018年3月13日 05:30 ]

【鹿島】“松井秀喜似の長友2世”DF小田がプロ初先発へ!勝利で1次L突破の可能性
2018年3月13日6時0分 スポーツ報知


リフティングをする小田

 ◆ACL1次リーグ第4節 鹿島―シドニーFC(7日・カシマスタジアム)

 鹿島のDF小田逸稀(19)がシドニーFC戦でプロ先発する。12日に鹿嶋市内で行われた前日練習で主力組の左サイドバックに入り「去年からずっと準備してきた。すごく楽しみ」と意気込んだ。

 中学時に佐賀・唐津市の駅伝大会で区間新記録を樹立したスタミナとガッツが武器。東福岡高時代には同じ右利きの左サイドバックで同校OBのDF長友佑都(31)の著書2冊を参考にした肉体改造を行い、プロ入りを勝ち取った。チーム内では松井秀喜氏(43)に顔が似ていると評判。昨年12月のファン感謝デーでは巨人の帽子とユニホームを着て登場し開場を沸かせた。

 けが人続出のチーム事情もあり、出番が到来。左MFで先発が有力なFW金森健志(23)は「アイツに自信をつけさせたい」とサポートを約束し、小田も「思い切ってやろうと思います」と続いた。鹿島が勝利し、上海申花が水原三星に敗れた場合に1次リーグ突破が決定する大一番。鹿島のゴジラがピッチを暴れ回る。(岡島 智哉)

 ◆鹿島の1次リーグ突破条件 シドニーFC戦の勝ち点3を獲得し、さらに午後9時キックオフの上海申花―水原三星の一戦で水原三星が勝利した場合、H組2位以内が確定し、決勝トーナメント進出が決まる。

 ◆小田 逸稀(おだ・いつき)1998年7月16日、佐賀県生まれ。19歳。中学時に鳥栖の下部組織に入団し、東福岡高に進学。2年時に全国高校総体、全国高校サッカー選手権の2冠に貢献。17年に鹿島入りし、天皇杯2試合に途中出場。紅茶が大の苦手。173センチ、68キロ。右利き。

鹿島・DF小田がトップチーム初先発へ 19歳の“ミニゴジラ”が大暴れだ!
 「ACL・1次リーグ、鹿島-シドニーFC」(13日、カシマサッカースタジアム)

 J1鹿島は12日、鹿嶋市内でアジア・チャンピオンズリーグ1次リーグのシドニー戦に向けて冒頭15分以降を非公開にして練習。関係者によると2年目のDF小田逸稀(19)が先発組の左サイドバックに入ったもよう。トップチーム初先発抜てきが濃厚だ。

 小田は「去年から準備してきた。楽しみ。思い切ってやりたい」と故障者続出で巡った好機を生かす思い。大岩監督は「誰が出てもわれわれのサッカーができる」と信頼する。巨人などでプレーした松井秀喜氏似の“ミニゴジラ”が、待ちに待った出番で大暴れだ。


小田逸稀の先発起用を報じる各紙である。
公式戦初先発となる2年目の左SBに懸かる期待は大きい。
元NYヤンキースの松井秀喜似であることや、中学時代に佐賀・唐津市の駅伝大会で区間新記録を樹立したこと、そして高校の先輩であるガラタサライの長友を師事してること、また鳥栖U-15時台は杉山監督の指導を受けたことなど数多くのエピソードが伝えられた。
このシドニー戦にて一皮剥けてくれるであろう。
左サイドに逸稀ありと名を轟かせるのだ。
注目の逸材である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

チーム内に凄いSBたくさんいるのに、好きな選手に鳥栖の吉田をあげているところが面白いですね。確かに昨年苦汁をなめたアウエー鳥栖戦で、吉田は鹿島にいないタイプのいい選手だなと印象に残りました。小田にはああいうゴリゴリ系のSBになって厳しいポジション争いに参戦して欲しいですね。

らしさを存分に発揮して勝利に貢献してくれ。
サブ組が活躍することでレギュラー陣も決して安泰ではないんだぞと見せつけてやれ!

ヒーローが生まれるには一晩で充分。
豊川が証明した。
頼むぜ!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク