FC2ブログ

故障者続出で総力戦が予想される

【ACL展望】鹿島×シドニーFC|内田、遠藤に続き安西も離脱。総力戦で決勝T進出へ前進なるか
サッカーダイジェストWeb編集部
2018年03月13日


鹿島――故障者続出で総力戦が予想される。


故障者/鹿島=レアンドロ、三竿雄、内田、遠藤、安西
出場停止/鹿島=なし


ACLグループステージ4節
鹿島アントラーズ - シドニーFC
3月13日/19:00/県立カシマサッカースタジアム

【最新チーム事情】
●広島戦で新たに安西が負傷し戦線離脱。総力戦の様相を呈する。
●最終ラインには犬飼、小田らを起用する見込み。
●他会場の結果次第では勝ち抜けが決まるが、指揮官は勝点3奪取に集中。

【担当記者の視点】
 鹿島が勝ち、他会場の上海申花(中国)―水原三星(韓国)戦で後者が勝利すれば、鹿島の決勝トーナメント進出が決まる。グループステージ敗退濃厚なシドニーFC(豪州)が相手だが、鹿島は内田、遠藤、レアンドロら主力に故障者が続出。さらには10日の広島戦でMF、DFの左右をこなせる安西が右膝を負傷して離脱し、厳しい台所事情となっている。総力戦の難しい試合が予想される。

 チームはアウェーでのシドニーFC戦(7日)翌日に帰国。移動日を含め中2日で広島戦に臨み、再び中2日でホームでのシドニーFC戦。連戦の疲れを考慮し、大岩監督は中盤では土居聖真を、最終ラインでは山本脩斗と植田直通を控えに回し、金森健志と、プロ2年目の小田逸稀、清水から新加入の犬飼智也を先発として起用する見込み。先発すればプロ初先発となる小田は「去年からずっと準備してきた。すごく楽しみ。思い切ってやろうと思う」と意気込む。

 勝てば決勝トーナメント進出に大きく近づく一戦。7日の試合では2-0で勝った相手だが、油断はない。永木が「(アウェーで戦い)中盤でつないでくる印象がある。11番(元ポーランド代表MFミエジェイェフスキ)に注意しないといけない」と気を引き締めれば、指揮官も「他会場の結果次第(で1次リーグ突破が決まる)。だが、我々は自分たちの試合に集中して、勝点3を取ることに注力したい」と目の前の相手に照準を定めた。


「金森健志と、プロ2年目の小田逸稀、清水から新加入の犬飼智也を先発として起用する見込み」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
この連戦にて出ずっぱりであった聖真、脩斗、植田を休ませる決断をした模様。
犬飼は、アウェイでのシドニー戦にも先発フル出場しており勝手知ったる相手であろう。
金森も先発しており、二人に不安はない。
注目は公式戦初先発となる逸稀である。
これまで、昨季の天皇杯にて途中出場したのみで、豪州チャンピオンにどこまで通じるか、左サイドを活性化させられるかが注目の的となる。
逸稀本人は、「去年からずっと準備してきた。すごく楽しみ。思い切ってやろうと思う」と語っており、不安など全くない。
思い切りの良さでクロスからのアシストを決めて欲しいところ。
また、故障者リストより、裕葵と山口一真の名が消えておる。
ベンチ入りはあるのではなかろうか。
ガンバ戦での裕葵は良いプレイを魅せておったので、途中出場で良いアクセントを付けてくれよう。
一真はアウェイのシドニー戦にて途中出場し、センスあるパスとテクニカルなミドルシュートを放った。
この試合では初ゴールと行きたい。
若い力でシドニーFCを破り、決勝トーナメントへの切符を勝ち取りたい。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

This Game

人が少ないとはいえ(苦笑)サッカーダイジェストさん、スタメンピシャリですね。
安西ほど酷くは無いとは分かっていましたが、広島戦で脚を痛めた三竿がベンチに入っているのは良かった。
決定するまで絶対はないですが、今日勝ち点3かそうでないかでは相当大きな差。
ビックリするほど過密日程の4月を少しでも楽にするにはここが大切です。
連戦はどうしても次も見据えつつのマネジメントになりますが、
ここでの勝ちが日曜日への一番の活力になるはずです。
開始から終了まで集中、集中。
皆で乗り越えましょう!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク