ゴールに飢えている生粋のストライカーの爆発で、どこか閉塞感が漂っているチームの現状を打破してほしい

【鹿島】閉塞感漂う現状を打破するのは、一回りスケールアップしたこの男だ!
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2018年03月14日


力強さは残しつつ、粗削りだった部分が研磨され――。


フル出場したシドニー戦は無得点に終わった鈴木だが、チャンスメイクや精力的な守備で存在感を示した。写真:徳原隆元

[ACL4節]鹿島1-1シドニー/3月13日/カシマ

 勝てばグループステージ突破の可能性があったシドニー戦は、金崎夢生のゴールで先制するも、後半に追いつかれて引き分けに終わった。

 ゴール前でのチャンスをより多く作っていたのは、鹿島のほうだった。だが、最後の精度を欠いて相手を突き放すことはできなかった。

 2トップの一角で先発フル出場した鈴木優磨は、左右からのクロスに果敢に飛び込むなど、迫力あるプレーを見せた。それでも、「自分が決め切れていれば」と、結果を出せなかったことに悔しさを滲ませた。

「点を決めたい気持ちも、チームを勝たせたい気持ちもある。相手はこの前の対戦より身体を張ってきていて、改めて、簡単に勝てる試合はないなって感じました」

 ゴールに貪欲な姿勢を見せる鈴木だが、フィニッシュ以外の部分でもプレーの幅が確実に広がっている印象を受けた。選手として一回りスケールアップしたように見えた。

 空いたスペースを見つけてポジションを取り、パスを引き出す。マイボールにすれば簡単に味方に預ける、あるいは果敢に前を向いて局面を打開しようとする。

 力強さは残しつつも、粗削りだった部分が研磨され、状況に応じたプレーを的確に選択する。シンプルかつ無駄のない振る舞いで、チャンスメイクでも高い貢献度を示していた。

「それはもう分かっているし、自分でも意識している。それはできていると思う」

「だけど……」と鈴木は続ける。点取り屋としての矜持は忘れていない。

「もっと取りに行きたいし、こだわっていきたい」


代表ウィークの後はまた厳しい日程が組まれているが、「一度、リフレッシュして、戦っていきたい」と泰然と構える。写真:徳原隆元

「FWとして一番求められているのはゴール。そこが薄れてきてはいけない。もっと取りに行きたいし、こだわっていきたい」

 ACL、リーグともに今季はまだ得点できていない。勝負どころの決定力には定評のある男が、今の成績に満足しているはずがない。

 もっとも、自らのパフォーマンスには一定の手応えを感じているだけに、そこまで焦ってはいないようだ。

 3月18日のアウェー鳥栖戦を終えると、インターナショナル・マッチウィークとなり、しばしの中断期間に入る。その後は同31日にホーム札幌戦に始まり、4月3日にアウェー上海申花戦、同7日にアウェー湘南戦、同11日にアウェーFC東京戦、同14日にホーム名古屋戦、同17日にホーム水原三星戦……と、タイトな日程が待っている。

 厳しい戦いはまだまだ続くが、鈴木は「また連戦がありますし、一度、リフレッシュして、戦っていきたい」と、先を見据えて泰然と構える。

 ゴールに飢えている生粋のストライカーの爆発で、どこか閉塞感が漂っているチームの現状を打破してほしい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)


優磨について記すサッカーダイジェストの広島記者である。
チャンスに数多く絡み、シュートも放っておるが、今季未だノーゴールの優磨は、悔しさをにじみ出す。
そして、優磨が決めておれば、ここでシュートではなくパスを選択しておればと、観ている者に思わせたこともまた事実。
それだけ風格が出てきた証拠であろう。
この試合結果を糧に、更に成長してくれるはず。
優磨の躍動を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

おしい

昨日はあと一歩でしたね。しかし前回の形でペナルティエリアでの早いパス回しに相手国はついてこれてなかったよ。
アぅえー戦と同じようにしょうまとやれば入った気がする。鹿島のサッカーは毎回違ってて面白い反面得点できた形を繰返ししないところは惜しいな。

大岩体制初期は今と変わらないメンバー(怪我人除く)、やはり伝統の442で点を重ねてたんだから、方針が間違っているとは思わない。
ここを乗り切れば勝利を重ねてくれると信じてます。
レアンドロや西も戻ってきてくれるし。

信じて応援します

連戦の疲れか、怪我人の多さか、戦術の問題か、
それともシドニーFCの意地か、なぜ引き分けたのか
受け入れられないまま帰宅し、なかなか寝付けませんでしたが、
今日の原理主義さまのコメントから勇気をいただきました。
気持ちが救われました。本当にいつもありがとうございます。

どんなに苦しく厳しい状況でも鹿戦士たちを最後の最後まで
信じて、次回参戦する時も最大限応援したいと思います。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク