FC2ブログ

柏戦茨城新聞

鹿島ドロー、3位転落
2008/09/21(日) 本紙朝刊 スポーツ A版 5頁
 Jリーグ1部(J1)第25節第1日(20日・日立柏サッカー場ほか=7試合)鹿島は柏と1−1で引き分け、勝ち点43で暫定3位に後退した。首位の名古屋は小川と杉本の得点で新潟に2−0で勝ち、5連勝で勝ち点を48に伸ばした。大分はウェズレイの先制点などで東京Vを2−0で下し、同45で暫定2位に浮上した。
 FC東京は川崎に、清水は神戸に、いずれも1−0で勝った。。

 【評】鹿島は0−1の試合終了直前、途中出場の佐々木が倒されて得たPKをマルキーニョスが決め、引き分けた。鹿島は小笠原が前半18分に負傷退場してリズムを乱し失点したが、終盤の猛攻が実った。柏はポポの先制点を守れなかった。

■満身創痍、最後に意地
 小笠原の負傷によりゲームプランが大幅に狂った鹿島は、7試合勝ち星がなかった柏から、勝ち点1を取るのがやっとだった。サポーター同士の小競り合いなど、ピッチの内外で問題があり、もやもやした試合に、選手は口数も少なく「勝ちたかった」と一様に悔しい表情を浮かべた。
 「まず先制点。前半に取らせたくなかったし、それで守りに入られてしまった」。岩政が反省するように、先制点は小笠原が前半16分に負傷交代し、チーム内が混乱する中、注意していたはずのフランサをゴール正面で自由にしてしまい、左から走り込んできたポポにけり込まれた。
 後手を踏んで反撃に出るも、守備を固めた柏DFを崩せない。「相手にうまく守られた」と中田。田代の頭を狙ったり、野沢、マルシーニョが自ら仕掛けるが、シュートまで結び付かず、時間だけが過ぎた。
 だが、鹿島は最後に意地を見せた。流れを変えたのは後半31、39分に投入された興梠と佐々木。ドリブルで積極的に仕掛け、43分にペナルティーエリア内で佐々木が倒されPKを獲得。これをマルキーニョスが左上隅に決め、ようやく追い付いた。佐々木は「もう1点取りたかった」とほぞをかみ、岩政も「勝つべく試合はできなかった」と反省した。
 21日にはACL準決勝進出を懸けて敵地アデレードへと向かう。チーム状態は満身創痍(そうい)。小笠原だけでなく、新井場、本山も負傷離脱中で、中田も左ひざの状態が万全でない。それでも、佐々木は「次のACLは絶対勝たないといけない。けが人もいるので、チーム全員で戦って勝ちたい」と奮い立たせるように語った。鹿島の底力が試される。

■鹿島・DF岩政大樹
「連戦の中でやりくりしていたので、セカンドボールや球際など、いつも大事なところでチーム全体のテンションが上がってこなかった」

■鹿島・MF中後雅喜

「勝ち点0と1では違う。去年も1足りなかったら、優勝できなかった。これからすべて大事な試合なので、力になれるようにしたい」

【写真説明】
柏−鹿島 後半44分、鹿島・佐々木のドリブル突破が相手のファールを誘いPKを得る=日立柏サッカー場


辛い戦いが続く。
正直、心が折れそうである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク