FC2ブログ

小田逸稀、DAZNベストイレブン選出も「初先発だったから甘めにつけてくれたんじゃないですか」

[鹿島]DAZNベストイレブン選出の小田逸稀。課題に目を向ける本人は喜び半分


 前節、DAZNが選ぶベストイレブンに選出された小田逸稀が「初先発だったから甘めにつけてくれたんじゃないですか」とうれしさ半分であるあることを明かした。
 小田は2年目の左SB。昨季までは天皇杯の1試合に出場しただけだったが、ケガ人の多さと過密日程ということもあり、今季はACLでプロ初先発出場を果たすと、名古屋戦ではリーグ戦初先発となった。「体がフワフワしていた」という序盤こそボールが足につかない場面が見られたが、その後は積極的なプレーを見せ、持ち味である1対1の守備ではアグレッシブな姿勢で2-0の勝利に貢献した。ただ、試合直後から「もっと仕掛けてセンタリングをあげたかった」と課題をあげていた。映像を見直しても細かなポジションミスが目についたという。そうしたこともあって、ベストイレブン選出も喜び半分だったようだ。
 鹿島はケガ人が多く、次の川崎F戦も出場のチャンスがあるかもしれない。「チームの勝利のために貢献したい」と意気込んでいた。

(鹿島担当 田中滋)


小田逸稀を取材したBLOGLAの田中滋氏である。
DAZNが選ぶベストイレブンに選出された気持ちを「初先発だったから甘めにつけてくれたんじゃないですか」と控えめに語る。
リーグ戦初先発した名古屋戦は、逸稀自身として納得の出来ではなかった様子。
自己評価とはそういうもの。
クロスからアシストの一つのしたかったであろうし、もっともっと上がりたかったであろう。
そのあたりを改善し、日本屈指のSBに成長していくのだ。
鹿島のレギュラーは実力が認められた証拠。
自信を持って次回に臨め。
将来が楽しみな選手である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

闘える選手であることを示せたので出番は増えそうです。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク