FC2ブログ

Jリーグ屈指の「矛」と「盾」の対決から目が離せない

【J1展望】川崎×鹿島|昨季は優勝を争った両チーム。鹿島はリベンジを果たせるか!?
サッカーダイジェスト編集部
2018年04月20日


川崎――小林、大島は欠場する見込み


故障者/川崎=小林、大島、赤﨑、登里 鹿島=安西、P・ジュニオール、町田、安部、山本、L・シルバ、レアンドロ
出場停止/川崎=なし 鹿島=なし


J1リーグ9節
川崎フロンターレ - 鹿島アントラーズ
4月21日(土)/16:00/等々力陸上競技場

川崎フロンターレ
今季成績(8節終了時):6位 勝点12 3勝3分2敗 9得点・5失点

【最新チーム事情】
●水曜日のACL・蔚山現代戦ではターンオーバーを採用。鹿島戦での先発陣のコンディションに問題はなさそう。
●小林、大島ら数人の怪我人が出ているのは懸念材料。
●リーグ戦ではここ4試合で2分2敗。決定力に課題を抱える。

【担当記者の視点】
 水曜日のACL・蔚山現代戦はすでにグループリーグ敗退が決まっていただけに、これまで出場機会が限られていたメンバーで臨んだ。その分、中2日で迎える鹿島戦へ先発陣のコンディションは心配なさそうだ。

 もっとも小林と大島が負傷欠場する見込みで、ベストメンバーを組むことは難しい。キーマンふたりを欠いて、直近の課題である決定力を改善できるか。

 昨季は最終節で鹿島を逆転して優勝しただけに、相手はリベンジに燃えているはず。ただし川崎もここ4戦で2分2敗と足踏みが続くだけに勝利がほしい。お互いの意地がぶつかる熱い試合になりそうだ。

鹿島――頼れるのは日本代表の両CB

鹿島アントラーズ
今季成績(8節終了時):8位 勝点11 3勝2分3敗 6得点・5失点

【最新チーム事情】
●前節のダゾーンのベストイレブンに、内田と小田が選出された。
●3節・広島戦で右膝内側側副じん帯を損傷した安西が、復帰目標を10節・神戸戦か、その翌節の横浜戦に設定した。


【担当記者の視点】
 雪辱を果たすべき相手だ。昨季は最終節で逆転優勝を許し、選手たちは涙を飲んだ。

「昨年は悔しい想いをしている。そういった意味でも大事な試合になる。優勝するためにはひとつも落とせない。気合いは入っている」と植田が力強く話した

「攻撃」の川崎に対し、「守備」の鹿島の注目の一戦となる。昨季は鹿島の守備が機能せず、本拠地でのリーグ戦最初の顔合わせ(12節)は0-3で負け、二度目の対戦(22節)でも1-3で敗れ、2戦で計6失点と後塵を拝した。

 怪我人が多く、不安要素は少なくないが、頼れるのは日本代表の両CB、昌子と植田だ。このふたりが出場する試合は安定感が増す。両サイドはベストメンバーではないが、小田は成長著しく、川崎相手にも「(自分は)戦う姿勢で勢いをもたらすのが持ち味。ガツガツ行きたい」と気負いはない。

「川崎は去年と同じサッカーをしている。しっかり準備して臨みたい」と大岩監督。川崎の流動的な攻撃にどう対応するか。Jリーグ屈指の「矛」と「盾」の対決から目が離せない。


「頼れるのは日本代表の両CB、昌子と植田だ。このふたりが出場する試合は安定感が増す」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
日本代表にも選出される二人が揃った試合は安心して観ていられる。
この川崎戦は名古屋戦に続いて並び立つ模様。
これは朗報と言えよう。
攻撃に特徴を持つ川崎を封じるには、この二人の尽力が必要である。
昨季のお返しをするためにも完封劇を演じて欲しいところ。
鬼門である等々力にて勝利の雄叫びを上げるのだ。
高ぶる気持ちでスタジアムに向かう。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

川崎が小田を狙ってくるなら、それは浅はかな考え。
度胸があり守備も堂々としている小田を、逆に燃えさせるだけ。
1試合ごとに確実に自信と実力をつけてる成長株
安部に負けるな!

寝た子は起こさず

現状、錆びた矛と盾の勝負でしょう(苦笑)
前年に3位以下を千切った2チームがこうなってしまう。
継続・進化出来ないチームを嘆くのか、他チームを褒めるべきか難しい所ですが…Jリーグは怖いですね。
お互い苦しい序盤戦ですが、事情は違います。
ウチはケガ人続出が主原因で、アチラはケチャップが詰まっているだけ。
前節仙台戦はシュート4本に終わり、『川崎で消えつつある風間体制の遺産』なんて仰々しい記事も出ていましたが
ビッグチャンスはちゃんと作っていたし、相変わらずのIQポゼッション。
数試合見直しても、いつ爆発してもおかしくない状況に映りました。
昨年アウェイでの対戦にて、燻っていた家長の覚醒・フィットを促した苦い思い出があります。
そしてそれが相手に勢いをもたらし、結果自分たちを苦しめる事になったと思っています。
今回はこのまま寝ていてもらって、ウチが勢いをつける試合にしたい。
小林と大島がいないのは悔しいけど朗報ですし、何とか活かしたいですね。
名古屋戦で一服も、ミッドウィークのACLの選手選択・結果、
さらにはオリヴェイラの浦和就任でフロント含めた現体制に向ける目はまた一段と厳しい状況。
愚かなサポーターも出てきたようですし、もはやレッドゾーン寸前。
しかし選手たちはこの状況下を楽しむくらいのメンタルを持って欲しい。
やることやれば、鬼門等々力から笑って帰って来られるはず。
楽しみにしています!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク