FC2ブログ

篤人、ぶっちゃけ言うと…

「ぶっちゃけ言うと…」内田篤人が赤裸々告白 4失点惨敗を喫した鹿島の問題点
2018.04.22

川崎戦で1-4と大敗の鹿島、内田が指摘…「当てて次がない。蹴って次がない」

 J1鹿島アントラーズは21日のリーグ第9節、敵地川崎フロンターレ戦で1-4と惨敗した。鹿島の元日本代表DF内田篤人はチームの現状について「頑張っているけど噛み合わない」と分析。さらに「ぶっちゃけ言うと……」と内包している問題点を赤裸々に指摘している。
 
 鹿島は序盤から後手を踏んだ。開始5分にオウンゴールで失点すると、後半2分にもMFエドゥアルド・ネットに被弾。後半19分にMF永木亮太のFKが壁に当たり、そのまま吸い込まれて1点差に詰め寄った。だが直後の後半20分にDF小田逸稀のパスミスからMF中村憲剛に流し込まれると、同30分にもFW大久保嘉人に決められて1-4と大敗した。

 今季公式戦最多の4失点を喫した鹿島。後半21分までプレーした内田は「今のあんまり良くない状況のなか、フロンターレに来たらこうなるわなっていう」と試合を振り返り、川崎戦について分析を加えていく。

 事前のスカウティングもあり、「ある程度(川崎がパスを)出して動いてくるのはしょうがない」と覚悟していたという。もっとも最大の問題は「前半やられて、どうしてもこっちは引く。それに対抗するウチの動き方がない」という点だった。

「ぶっちゃけ言うと……」と前置きした内田は、チームの問題点を炙り出す。「(ボールを味方に)当てて次がない。(ボールを)蹴って次がない。単発というかね。それぞれが思っているし、頑張っているんだけど、それが噛み合っていない」と率直に明かした。さらに内田は鹿島のスタイルにも触れ、不安を口にしている。

「噛み合っていない」…その原因は「戦術もあるし、運もある」

「開幕して試合をやっていくなかで、俺らの形ってなんなのかなって考えた時、はっきりしていないのかなって」

 川崎戦の大敗を受けて内田の不安は膨らんだ。「フロンターレは出して動いて、みんながもらいに動く。鹿島はどうかなって考えたら噛み合っていない」と自らの見解を示した。「みんな頑張っている」と何度も繰り返した一方、問題の原因について「戦術もあるだろうし、ちょっと運もある」と掘り下げている。

「4冠獲るって聞いて、俺はここに入った。でも今のところ4冠獲るチームの戦い方じゃないね、厳しいけど」

 鹿島は次節(25日)、本拠地でヴィッセル神戸を迎え撃つ。常勝軍団と呼ばれたクラブはここからどのような巻き返しを見せるのか。名門クラブの真価が問われる。

(大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)


敗戦について篤人からコメントを引き出したFOOTBALL ZONE WEBの大木記者である。
分析について語った後に、「4冠獲るって聞いて、俺はここに入った。でも今のところ4冠獲るチームの戦い方じゃないね、厳しいけど」と一刀両断である。
悲しいが、これがチーム内部から見る現実なのであろう。
この状況をどのように変えるのであろうか。
過密日程に加えアジアの戦いも続く。
冷静にクラブを見守りたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

内田の言葉、厳しすぎる

篤人が言うと説得力が違いますね。
世界トップレベルの力を見せてやれ!

ここまで言わせてしまうと、

鹿島の形がないって、ここまで内部から言われると、正直大岩さんで監督大丈夫?って心配になってしまう。がんばっては欲しいけど。

かたち が無いって...薄々、知ってた。

知ってます

それは外から見ていても分かる事。
そこでどうするかが問われている訳で、
自分はこの体制でもブレイクスルーを果たせるし、しなきゃならないと思っているのですが…
『やっている事は間違い』と言っていた篤人から
こういう発言が出るという事は現体制では厳しいという事かな。。。
おそらくはこれまでも似たコメントはあったはずです。
(代表においてあれだけ指揮官の方針に対し言葉を発した昌子あたりは特に)
ただ、そこは鹿島というクラブカラーを知る番記者が色々配慮していたのでしょう。
そんな中、今回は篤人の立場・言葉ならと掲載したのでは。
きっとその役目・責任が自分にはあると篤人も、そして記者も感じての事でしょう。
そしてそれがどれほどの影響を持つのかも当然分かっているはず。
だからこそ、だからこそこの記事は、コメントの持つ意味は『重い』

それでも…それでもポジティブに取るのなら、『4冠は』厳しいという事かな(苦笑)
この一文で指揮官への全否定を避けてる(テクニックな)面もあるかと思いますが、
まだ可能性を持っているチームなのだと信じたいし、
この記事もチームを発奮させ奮起を促すためのものだと願いたい。

とにかくこれで一気にレッドゾーン突入。
はたして外から変えようと動くのか、それとも内から変わってみせるのか。
『また』劇薬で治すのか、それとも自己免疫力で治すのかの選択の時。
さすがに冷静ではいられませんが、何が起きても目をそらさず、そして変わらず鹿島を愛します。

厳しいけど納得の言葉ですね。今シーズン、土居、中村、レオシルバあたりに感じてた「うまいんだけど、なかなか連動した攻撃にならないなぁ」というモヤモヤを見事に言い表してくれてます。若手の三竿、安倍もこの点はまだまだと思います。チーム内にここまで言ってくれる選手がいるってことは素晴らしいと思うので、ここから修正力を見せて欲しいです。
特に柳沢コーチに奮起して欲しいですね。日本サッカー史上、1、2を争うほどそれができていた選手だったんだから。

訂正 19:38

『やっている事は間違い』と言っていた篤人から

『やっている事は間違いない』と言っていた篤人から
です。
お恥ずかしい…

No title

その原因は「戦術もあるし、運もある」
他の記事では交代理由で答えていたものだったですが、、、
その原因は、を付ける事と強調する事で、印象が違うものになってしまい気の毒

昨年の失速を受けてコンビネーションの部分を煮詰めていたと思いましたが、個に依存する形からの脱却はまだまだできていなかったということでしょうかね。

戦術面で言うと対戦相手が揃って取ってきている
1.守備では、サイドに流れるFWにCBが釣り出されずゴール前で数的優位を保つ
2.攻撃では、CBとGKの間に低くて早いクロスを入れる
という対鹿島の処方箋に、なかなか対策取れてないことが気になります。(特に1は昨年後半からずっとです)
大岩監督はもっと柔軟で臨機応変な対処ができるタイプと思ってたのですが、「鹿島らしさ」というものに変に捉われているのか、なかなか打開策が見出せずにいますね。

現実的に連戦中の監督交代は難しい。何かが起きるにしても起きないにしても、まさにここは踏ん張りどころ。

ボールを運べる選手がもう2.3人出てくれば変わりそうですけどね。不運なのは運べる選手がみんな怪我しちゃってるんですよね…。
金崎、鈴木あたりがやってますが、本来はもっと前にいてほしい選手。
遠藤、レオあたりが戻ってくるとガラッと変わりそうですけどね。
救いなのは2位とも勝ち差で2つ分くらいしか離れてないんですよね。
広島もいずれ対策されて失速してくるはず。どんなチームにも浮き沈みはあると思います。
戦う気持ちの共有はできてると思うので、次はどうやって崩していくか…是非、篤人中心でイメージをみんなで共有してほしいなと思います。
まだまだ可能性はありますよ。

 私は、形がないのが鹿島の理想の形なのだったと思います。もちろん基礎になる戦術はありますが、その上で相手や状況によって柔軟に対応を変化するやり方。2016のCWCは、その真骨頂だったと思います。
 ただ、このやり方は全盛の小笠原が中盤に君臨していたから出来た芸当だったのかも知れませんね。クラブは彼がいなくてもそれが出来るようになる為に試行錯誤していますが、やはりそう簡単には行かないのでしょう。
 だからと言ってこれ以上負ける訳にもいきませんし、ある程度オートマチックに連動するような戦術にシフトするのか、それとも理想を追求してこれまでのやり方を継続するのか、今が分岐点なのではないでしょうか。

是非に及ばず

疑心暗鬼
疑いの心があると、なんでもないことでも怖いと思ったり、疑わしく感じること。
疑いの心をもっていると、いもしない暗闇くらやみの亡霊が目に浮かんできてしまうこと。

邪念なんぞ振り払い それぞれが鹿島の御旗を胸に愚直に闘うのみ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク