FC2ブログ

鹿島――遠藤、L・シルバが先発復帰の見通し

【J1展望】鹿島×神戸|改善の兆しが見える鹿島は、負のスパイラルから抜け出せるか
サッカーダイジェスト編集部
2018年04月24日


鹿島――遠藤、L・シルバが先発復帰の見通し


故障者/鹿島=町田、安部、山本、レアンドロ 神戸=なし
出場停止/鹿島=昌子 神戸=なし


J1リーグ10節
鹿島アントラーズ - ヴィッセル神戸
4月25日(水)/19:00/県立カシマサッカースタジアム

鹿島アントラーズ
今季成績(9節終了時):12位 勝点11 3勝2分4敗 7得点・9失点

【最新チーム事情】
●鈴木が神戸戦翌日の26日に、22歳の誕生日を迎えることに。
●レアンドロが左膝の検査のため、23日にブラジルに一時帰国。

【担当記者の視点】
 9節を終え、3勝2分4敗で12位。昨季は最終節まで川崎と優勝を争った鹿島が、今季は苦しんでいる。

 怪我人が復帰すれば、別の選手が故障と、満身創痍(そうい)で臨んだ前節・川崎戦では、昌子が2枚の警告で神戸戦は出場停止となり、チームは2014年の同カード(等々力)以来の4失点。1-4の完敗を喫した。

 負のスパイラルにはまっている。ただ、少しずつ改善の兆しはある。中3日での神戸戦もベストメンバーを揃えられないが、遠藤、L・シルバが先発復帰の見通しだ。レアンドロ、安部らは別メニューが続いているが、安西の実戦復帰も近く、巻き返しに向けたプラス要素はある。

 大岩監督は「(川崎戦の敗戦から)すぐに切り替えていかないといけない。(主力の続々の復帰は)刺激を与えてくれており、ポジティブに考えたい」と神戸戦を見据えた。

神戸――シーズン序盤に比べて、攻守ともに充実一途

ヴィッセル神戸
今季成績(9節終了時点):7位 勝点14 4勝2分3敗 15得点・12失点

【最新チーム事情】
●前節・名古屋戦を3-0で制し、今季リーグ初の2連勝。
●その名古屋戦で出場停止明けのポドルスキが2ゴール。
●敵地・カシマスタジアムでは4連勝中。


【担当記者の視点】
 前節の名古屋戦を3-0で制し、今季初の2連勝(リーグ戦)を達成した。吉田監督が「自分たちのやりたいサッカーをできた」と言うように、内容にも手応えを掴めた意味でも、実りある1勝だったと言えそうだ。

 シーズン序盤に比べると、攻守ともに完成度が高まりつつあるのは、リーグ戦ここ4試合の成績(3勝1敗)からも窺えるだろう。今節の鹿島戦を終えると、その先は川崎、FC東京、広島と上位陣との戦いが続くだけに、願わくは、良い結果を掴んで勢いをさらに加速させたい。


「川崎戦では、昌子が2枚の警告で神戸戦は出場停止となり、チームは2014年の同カード(等々力)以来の4失点」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
ここは「退場」が正しい表記である。
サッカーメディアがこのようなミスを犯しておっては、初心者がサッカーを理解することが困難となる。
こういった小さな事の積み重ねが、日本サッカー界の停滞に繋がるのだ。
きちんとして欲しい。
残念である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

この予想フォメ、
ユウマとショウマのポジションが気になる。

ズバリ

スタメンは当たりですね。
後は各記事のように並びがどうなるか。
動くことはギャンブルでもありますが…その賭けに勝って欲しい。
今回の相手神戸は現在最多得点チーム。
最近あまり良い印象無いなと思ったら…なんと聖地カシマでリーグ戦4連敗中。
彼らが2014年に再昇格後、ホームで公式戦6戦して2勝4敗。
アウェイ含めても14戦して6勝2分け6敗。
そりゃ、嫌な印象になります(苦笑)
昨年のムウの引き抜き騒動もありましたしね(笑)
まずはこのホーム連敗をしっかり止めましょう!


プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク